スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生は薔薇色

「恋と音楽FINAL」大阪公演7日ソワレ(大阪楽)を観劇しました。

この恋音シリーズは、観ると必ず、楽しくてしぜんに笑顔になって、きらきらうきうきした気持ちと劇中の音楽でいっぱいになって帰れるのですが、今回はそれがますますパワーアップしていました。

観るまえに抱えていたグレーな気持ちはどこかへいってしまって、うっとりしまくり、ときめきまくりだし、楽しくて楽しくておなかがよじれるほど笑って、しあわせしかない空間でした。

ミュージカルスターな吾郎くんは、これ以上ないくらい、キラキラ煌めいていていました。スターを体現していたわ。まぶしかった・・・!

うつくしくて、カッコよくて、かわいくて、もうもう素敵すぎて、息が止まりそうなほど輝いていて、観ているみんなを虜にしていました。

これを観て、吾郎くんを好きにならずにいられるひとはいない!(きっぱり)

惜しみなくビジュアルの素晴らしさを炸裂させていて、しかも大人チャーミングな愛らしさも満載なんだよー!

恋に落ちずにいられない。もともと大好きだけど、もっともっと、さらに好きになりました。

素晴らしい時間をありがとう。

嫌なことなんか、ぜんぶ吹っ飛ばしてくれて、夢の世界につれていってくれる、極上のエンタテイメントでした。

あー、もっとずっと観ていたかった・・・歌を覚えるのは、さすがに1回では無理であった。パンフレットを見て、たしかにそういう場面あったなとは思うものの、メロディが出てこない!悲しい。

歌もほんとうに素敵で大好きなんだよね~。

吾郎くんのひくくあまい歌声に酔わされました。もともと、吾郎くんの声が大好きだから、この作品たまらないのよね。響きわたる歌声にしびれるわ~。真飛さんとのハーモニーもうっとり。あーもー好きすぎる。何回も聞きたいー!!

ストーリーも、普遍的なことなんだけど、今このとき、ほんとうに響く内容だったので、この感動は、この先、私を支えてくれると思います。

大変なときに、それをまったく感じさせないカンパニーに、プロフェッショナルだなと感動しました。エンタテイメントのちからを、すごく実感することもできました。

ほんとうに、今このときに、この作品に出会えてよかった。関わったすべての方に、ありがとう。

観ているひとが笑顔になって、その笑顔がまた、つくり手の皆さんにも力になっているといいな。

大好きな、大切な作品です。ブラボー!恋音カンパニーのみなさん!!

座長様に「どうせ東京来るんでしょ!」って見透かされていたとおり、また、東京に本番(笑)を観に行くからね~!

スポンサーサイト

僕の知っている君

シャッフルビストロに木村くんがご来店だったスマスマ。

シャッフルビストロにハズレなし!メンバーだけのトーク最高!!

『クイズ木村拓哉』で、メンバーみんなが"じぶんの知っている木村拓哉"をおし出してくるのがおもしろかったです。

それぞれの関係が見え隠れして、ほのぼのしたわ~。木村くんも、ずっと楽しそうに笑っていて、うれしかった。

メンバーといっしょで、こんなにしぜんに楽しそうな姿が見られて、やっぱり木村くんのホームはここだよね!いつでもこうやって、みんなで笑いあえる関係なんだよね、と思った。

SMAPは馴れ合わない関係だけど、やっぱりみんながみんな、かけがえのない存在なんだよ。

それにしても、最近のひんやりモードをものともせず、ごろちゃんのキムラ熱は熱かったわー(笑)。もう、『クイズ木村拓哉』の、クイズ王狙うくらいの勢いじゃなかった?(笑)

私がいちばんびっくりしたのは、『今いちばん欲しいもの』というクイズで、木村くんが「これがないと始まらないし・・・」と言っただけで、すぐに『ライセンス』まで伝わるという、恐るべき翻訳っぷりでした。さすが、「稲垣さんならわかってくれる(by中居くん)」!

『いちばんの魅力は』コーナーは、役柄と混同されるのに困惑している木村くんに、「毛質」と答えて空気を変える吾郎くんがすごかった!そのあと、みんなそっち方面に答えたら、正解連発だったもんなー。すごいわ、吾郎くん。

あと、『メンバーにちょっとだけイラっとした』のくだりの、ごろちゃんと慎吾の剛ネタ連発最高。そのあと、『メンバーは吾郎』だと言われて無言になる吾郎くんと、それを見てバカ受けの中居くんもカワイイ~!

ビストロ打ち合わせで、スマホで写真を撮りまくる吾郎くんにちょいイラ、という結果だったわけですが、それを受けたトークのすべてがおもしろすぎる!吾郎くん、天才じゃないだろうか。

「剛の時だけ撮るよ!」と言ったごろちゃんに、「いいよ」と笑って許す剛との関係も、さすがすぎて!

とにかく、吾郎くんが話しはじめてから、みんなが入ってくるし、みんなが笑っていて、すっごくイイ!大好きだー!!

料理は、木村くんの得意料理にあえて挑戦だったわけですが、メニューの選択に吾郎くんの観察眼の鋭さがうかがえ、感心しました。

慎吾のときもそうだったけど、昔からの好みだけじゃなく、今のそのひとをちゃんと見ているのが、吾郎くんらしいと思った。

昔からのつきあいで、よく知っていると思いがちだけれど、ひとは変わる。成長もするだろうし、食の好みは年齢で変わっていくものだからね。

見事、勝利をつかんで、ものすっごい跳び跳ねて喜んでいた吾郎くんに、ほんとうに良かったね!!と拍手しました。

Gちゃん姿なのが、輪をかけてかわいかったぁ!いいもの見たわ~。



続きを読む

ふたりだけの空気

anan(2015.11.11 No.1978)、ダ・ヴィンチ(2015年12月号)購入。

ananは、吾郎くんと慎吾が表紙。映画特集の号でした。

吾郎くんの表紙、いつ以来だろ?すごくうれしい。表紙はきりっとクール、グラビアのふたりのショットはリラックスした笑顔。スタイリッシュなモードっぽい写真もあり、目にも贅沢な記事でした。

吾郎くんとふたりだけだと、まとう空気がやさしくなる慎吾。話し方、接し方が甘やかでやわらかい。

吾郎くんのこと、どんな話でもできる、普通に趣味の話ができるって言っていたけど、話していて楽しいし、じぶんにないぶぶんが刺激にもなるんだろうな、と感じます。

慎吾の映画の話も、吾郎くんがほんとうに感じたことしか言ってないところ、誠実だなあと思いました。吾郎くんの好みで熱く語るような作品ではないにしても、作品のなかの良さについては、はっきり言っていて、ちゃんと見たうえでのこういう感想はありがたいんじゃないのかなぁ?

吾郎くんのすすめる恋愛映画、「マジック・イン・ムーンライト」は映画館で観ました!かわいい大人のラブコメであったよ。

コリン・ファースの映画を観ると、こういうの、吾郎くんで観たいわー、とかなりの確率で思います。日本映画界は、吾郎くんをもっとつかってほしいし、やりがいのある役、見応えのある作品をぜひお願いしたいです。

ダヴィンチは、荒木さんの裸の顔コーナーにご登場。

「ゴロウ・デラックス」で写真を撮ってもらったときのものが掲載されています。

番組で見たときも思ったけれど、大人の男の色気があって、とても良い。リラックスして笑っている顔なんだけれど、匂いたつような艶めきもあって、どきどきする。

こういう、着衣で、いつもと変わらない姿で見せる色気っていいよね。素晴らしい。

吾郎くんの魅力がちゃんと写し出されていて、荒木さんの凄さに感動だし、こういう機会があって、ほうとうによかった。ゴロデラに感謝です。

つぎは、ダ・ヴィンチには、ゴロデラ特集をお願いしたいですね。すごい画期的な番組だし、取り上げ甲斐があると思うけどな~。

ぜひ実現してほしい企画です。アンケートに書いたので、編集さんに届けー!

音楽は終わらない

「No.9 ―不滅の旋律―」大阪公演千秋楽が、大喝采のなか、幕を閉じました。

万雷の拍手に揺れる会場、飛び交うブラボーの声、歓喜に満ちた満席の観客のスタンディングオベーション。

魂のこもった渾身のお芝居に、心も体も震えました。

会場がおおきくなったぶん、お芝居もスケールがおおきくなり、受けとるほうの感動も、よりおおきくなったように思います。

いろいろと変化や進化を感じました。

ベートーヴェンの指揮が、とりわけつよく印象に残りました。

指揮を見たら、どういう音楽を表現しようとしているのか、わかるそうです。

だから、指揮が進化してるっていうのは、よりベートーヴェンの音楽への理解が深まっているってことなのかなと思います。

ベートーヴェンの音楽は、ベートーヴェンそのもの。

前からベートーヴェンそのものにしか見えなかったけど、よりしぜんになったというか・・・前はぱりっと新品だった役を、体になじむように着こなしているようなかんじがしました。

『稲垣吾郎はベートーヴェンの姿かたちを似せようとはしていない、精神を造形しようとしている』

TBSヴィンテージクラシックスプロデューサー小島秀人さんのことば。

そのとおりだと思います。

そして、それをわかってくださる方がいらっしゃって、発信してくださったことが、ほんとうにありがたく、うれしいです。

吾郎くんをはじめとしたカンパニー全体が、昨日より今日、今日より明日、もっといいものをつくろうという気概があることを感じます。

この作品が、どこまでたどりつけるのか、楽しみでなりません。

じぶんに満足しないひとに、限界はない。

吾郎くんを見ていると、そう感じます。

ラストシーンの、あのベートーヴェンの神々しい姿・・・みずからも楽器となり、音楽と一体になった彼の歓喜に満ちた指揮は、私の中で、不滅の旋律とともに、いつまでも輝きつづけることでしょう。

観劇は、その作品の一部になること。演劇は観客の存在で完成する。

素晴らしい作品に観客として関われたことが、このうえなくしあわせでした。

私はもう観ることはできないけど、北九州公演の無事とご成功を、お祈りしています。

さらなる高みを目指して、行けるところまで行ってください!

切に望む

ABC「イベナビ」という5分の深夜番組の、10月30日深夜の回で、「No.9」を取り上げてくれていました。

さっきはじめて見て、もう大興奮ですよ!

そこには、今までテレビでも雑誌でも出てきてなかった、二幕のルートヴィヒ様がっ!

きゃーーーっっ!!!←歓喜の絶叫

ストーリー紹介的には、そのシーンちょっとちがう・・・と思いながらも、映像で見られたのがものすっごいうれしい!

1分ちょっとの映像を、とにかくエンドレスリピートしています(笑)。はぁ~観劇の感動がよみがえる~。

大好きなオープニングも、二幕の狂乱も、ラストちかくのシーンも、ほんとにちらっとだけどうつってるの。シルバーなルートヴィヒ様がいらっしゃったの~!

きゃー!きゃーー!!きゃーーーっ!!!もうもう、何回でも叫ぶしかない。うれしい・・・(泣)。

さすがにほんとうのラストシーンはなかったけど、舞台映像の紹介のさいごは、一幕ラストのフランス兵たちと楽しそうなルイスでした。ここもいいよね・・・好き。

しかし、ぜったいゲネ映像ぜんぶあるよね?心の底からソフト化してほしい!!

だって、この作品を見られない吾郎くんのファンは、ほんとうに悲しいと思うの。何回か見た私でさえ、こんなにこんなにもっと見たいのに、一度も見られないなんて!舞台を見られない事情のあるひともたくさんいるんだから、そのへん配慮してもらいたいです。

あと、吾郎くんの真骨頂を、ファン以外のひとにも感じてもらいたい!さすがに1万円以上するチケットを、いきなり買ってとはなかなか言えないけど、DVDがあったらとりあえず見てって気軽に言えるじゃん。

見てもらえれば、ぜったいにわかるんだから!映像で見ていいなと思ってもらえたら、生の舞台にも行きたいというひと、いるんじゃないかな?

この作品が吾郎くんの代表作のひとつになることは間違いないと思うので・・・なんとか、映像化してほしいし、できるだけ多くのひとに見てもらいたいです。

という訳で、TBSなど各所に、ソフト化要望メールを暑苦しく送りました。この想いよ、届け!


プロフィール

moegi

Author:moegi
1994年の終わりごろ、好きだと自覚しました。以来、ひっそり、まったり、ファンを続けています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。