FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きらきら絶品パフォーマンス

「UTAGE秋の祭典SP!」にSMAPさんご出演。

というか、すべてのコーナーにSMAPが絡んでいたから、SMAPスペシャルみたいなかんじ?

吾郎くんは山本彩さんと、「少年時代」をコラボ。山本さんって、NMBのメンバーだったのね。知らなかった~。ふつうにアーティストさんとコラボするのかと思ってた(笑)。

本番の歌のまえに、ギターの山本さんとのリハーサル風景がすこし紹介されました。

どんなに年下だろうが、後輩だろうが、ひとりのアーティストとして、敬意をもって接している吾郎くんが、吾郎らしいなって感じました。"完成品"になるまで、じぶんが納得できるまで練習するという面を垣間見れて、貴重な映像でした。

そうやって披露された吾郎くんと山本さんの「少年時代」、絶品でした。声のうつしくさも世界観の表現も素晴らしくて、いつまでもずっと、聞いていたかった。

アコースティックギターの演奏だけの、ごまかしのきかない歌を、稲垣吾郎のカラーで魅せてくれた。

きらきらした夏のきらめきと、過ぎ行く少年時代のなつかしさが感じられました。心地よく、歌の世界に連れていってくれる、すてきなパフォーマンスでした。

歌詞のことばの綺麗さも、吾郎くんにすごく似合う。歌いながら笑顔もあったし、余裕があったね。

山本さんとの息もぴったり!終わったあと、会釈しあうだけなのが、なんかほっこりしたわ~。中居くんに促されて、握手してたけどね。ハグ未遂は、盛り上げサービスだよね(笑)。

吾郎くん、緊張してるというわりには、中居くんとの「ずっと見てて」の面白やりとりができたりとか、俯瞰で冷静なぶぶんがあるのがすごい。

『その場の状況を見て、今なにをするべきか考える冷静なじぶんがいる』

って話していたことが、こういうところで実感されます。

そして、『でも、ハートは熱くなきゃいけない』って続いていたことばのとおり、心がつたわる歌で、魅了してくれました。

あまりにも好きすぎて、ものすごく何っ回も見まくってます(笑)。

このコラボ以外も、「らいおんハート」も、「DEAR WOMAN」も、ほかのメンバーのも良かったけど、「少年時代」がいちばんの贈りものでした。

吾郎くんのすてきな歌声が、またなにかの機会に聞けたらいいなと思います。

スポンサーサイト

鳴り響く愛のうた

「ミュージックステーション」に、二週連続でSMAPご出演。

先週は「Otherside」、今週は「愛が止まるまでは」を披露してくれました。

企画のおかげもあって、今週が断然楽しかった!

全出演シーンから、メンバーの『ターンの回数』『ウインクの回数』を調べるというランキング企画のなかに、なぜかとつぜん『吾郎ちゃんが髪を気にしている回数』という個人ネタを調べられているごろちゃん(笑)。

ほかの出演者のトークちゅうに、画面のはしっこで髪をいじっているのまでチェックされてるし(笑)。スタッフさん、大変~。結果は全回じゃなかったけど、この割合だといつもさわってる、って思われてもおかしくはないなぁ。

で、このネタ振り?に中居くんが、まあやたらめったらごろちゃんを触りまくり。髪をもふもふ、頬をさわさわと、じゃれつきまくっていて、めっちゃめちゃ羨ましかった!

ごろちゃんの髪もふもふ・・・いいなー。夢だわ~。

そんで、振りまくられた吾郎ちゃんは、最後の提供バックで髪をなおして、ばっちり仕事を完了なさったのでした。

あーかわいかった!

もちろん、歌もすごくカッコよかったです。

「愛が止まるまでは」、はじめて聞いたときから耳に残る曲。ずっと彼らのうたう『I love you』が、鳴り響いています。

川谷絵音さんの作家性とSMAPの個性の融合で、あたらしいSMAPの魅力が感じられる。吾郎くんがあまくうたう大サビのところで、それまでの曲の空気が変わって、あまさに満ちるのがすごい。

吾郎くんは、大サビ以外は、ハモりとユニゾンパートだけなんだけど、声の使い方が素晴らしい!心地よく溶け合う声。素敵です。

振り付けも、スタンドマイクをつかって、びしびしポーズを決めていて、こう来たかーってかんじ。大人なかんじ。

ただ、Mステは寄りが多すぎて、振り付けやフォーメーションがよくわからないという、いつも通りのイマイチカメラワークだったので、そのへんはスマスマに期待かな。

吾郎くんは、立ち姿がほんとに綺麗で、躍りも指先までのラインが優雅で、大人の魅力がありました。すっと、うつくしい動作がいつでもできるのを見ると、ちゃんとした姿勢が身に付いているんだなあと思います。

あと、瞳のうつくしさ。黒目がちの瞳に、吸い込まれるよう。

すっと目を閉じる、ただそれだけで、吾郎くんの世界に引き込まれてしまう。

好きな曲です。

どちらの曲も、作り手が最高のものを出してきてくれていて、それにSMAPがきちんとこたえているのが素晴らしい。

もっとどんどん、あたらしいSMAPに出会えることを、期待しています。


じぶんとの約束

「僕らの音楽 ~羽ばたく君へ~」にSMAPご出演。

入社式をこういうことにつかうのはどうなのよ・・・と思わなくもないですが、SMAPをまえに感激する新入社員さんたちを見るのは、悪くない気分ではあります。

フレッシュマンの方からの相談にこたえるコーナーがありましたけど、社会へ出るひとならみんな思いそうな悩みがおおくて、けっこう参考になったんじゃないのかな?

吾郎くんの悩みにたいすることばが、とても心に響きました。

『評価を得るには、まず自分が変わらなければいけない。

信念を持ち、自分との約束だけ守っていれば、いつか周りは認めてくれると思う。』

ひとの評価をじぶんの仕事の出来のものさしにするんじゃなくて、じぶんじしんが納得できる仕事をしていけば、それを見てくれるひとはきっと現れるよ、ってことだよね。

仕事で評価されるって、めぐりあわせもあるから。おなじことをしても、評価されるときもあれば、されないときもあるだろう。まわりや、ひとや、そのときの状況にもよってもちがうだろうし。

じぶんとの約束を守る、って、たぶん、けっこうむずかしい。でもそれを続けていけば、じぶんに自信が持てるから、まわりからの評価を求めなくてもいいし、いつかはちゃんと評価もされるんだろうなと思う。

吾郎くんは、きっとそうやって、じぶんの”仕事”をやってきたのだろう、と感じました。彼の仕事への取り組み方を知ることができて、良かったです。

吾郎くんは、じぶんとどんな約束をしているのかなぁ。

それを、聞いてみたいです。

明日へ、未来へ

「明日へ コンサート」にSMAPご出演。

時間もライブ会場もずいぶんコンパクトになった「明日へ」ですが、こじんまりとしながらも、つたえたいうた、つたえたい気持ちがぎゅっとつまった、すてきな時間だったなと思います。

笑顔でうたう吾郎くんをみて、震災直後の番組でも、ずっとやさしいほほえみを浮かべていたことを思い出しました。

今もずっと忘れていないという、被災地を思う気持ちが届いて、すこしでもだれかのちからになればいいなと思います。

阪神大震災のときにうまれたうたも歌われていましたが、あれは被災の当事者だからこそ、歌えるうただと、私は思います。関係ないひとからは言われたくないことばが、ストレートに入っているから。

傷ついた”私たち”に、言い聞かせるように歌ううたっていうのかなぁ・・・。

失ったものはもう戻らない。でも、またあたらしく、築くことはできる。

復旧も復興も、とてもとてもながい道のりだけど、前にすすんでいることも、ぜったいにあるはず。

明日やその先へ続く未来に、きっといいことがあるはず。

思いつめないで、がんばりすぎないで、すこしずつでも、未来へ続く毎日をつみかさねていきましょう。

返しが秀逸

「音楽の時間」にSMAPがご出演。

新曲は2曲ともうたってくれるし、トークはたくさんしてくれるし、充実の30分。

「華麗なる逆襲」の吾郎くんのソロパート、この番組の撮り方がいちばん好きだったかも~。ネクタイをにぎりこんでいくときに寄っていく画がすばらしく色っぽかった。あと、さいしょの中居くんパートで、全員と絡む振りは今回はじめてちゃんと見られたような気がする。

「ユーモアしちゃうよ」も、ソロパートでのほかのメンバーの動きこみで見せてくれて、なかなかよいお仕事ぶり。

トークは、はじめてハマった音楽について。今そういう話題をSMAPに振るって、逆にめずらしいかも?

吾郎くんがハマった音楽はバービーボーイズ。なつかしい~!私も聴いてた。渋谷公会堂に行ったり~、っていうあたりはさすが東京人。お姉ちゃんが好きだった堀ちえみさんの曲をすらすらとうたいだすのにはびっくり。すごい記憶力!しかもうまい!!

SMAPのライブの話になったときに、「稲垣さんはすぐ帰る」という話を中居くんがはじめたところ、「これ(小指)が来てたから」に「やめてくれないかな!こっち(親指)だから」と返すごろちゃん(笑)。

思わぬ返しだったのか、素で笑ってるし、中居くん。かわいいわー。ものすごく、中居くん対応スキルに磨きをかけている吾郎くん。もういつでもコンビ組めるんじゃね?(笑)

こういうかんじで、全体的にジョークってわかるような、笑っちゃうような空気でいつも話してほしいなぁ。てゆーか、今回は吾郎くんの返しのおかげだけどね!やっぱごろちゃんは癒し!!

かわいくてやさしくて、みんなを笑顔にしてくれる。あーこんなひとが、身近にいるメンバーが心底うらやましいっ!

プロフィール

moegi

Author:moegi
1994年の終わりごろ、好きだと自覚しました。以来、ひっそり、まったり、ファンを続けています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。