FC2ブログ

冷徹と激情

ドラマ、毎回社長の出演シーンだけを見ています。けっしてドラマのファンとは言えない視聴者の私ですが、社長のパートだけに限れば、稲垣ファンとしては、演技を楽しめる作品だなあとは感じます。

今までと違うところを出していきたい、って話していたとおり、麻生さんとも、石松警部とも違う、完成されたキャラ造形。イメージ的には似たようなキャラなのに、ちゃんと別人なのがさすが。

社長は『冷徹』っていうのが、あたらしい。非情な姿が魅力的で、ぞくぞくする。

そして、そういうひとが激情を見せる、ギャップのインパクトすごい!激昂するお芝居、素晴らしかった。

今回の、主人公の手を踏む芝居も、監督に指示されて、さいしょは困惑してたみたいなのに、作品として完成された芝居を見ると、これ以上ないくらい、キャラとしてしぜんに出てきた行動に見える。

激昂したり、足を踏んだりするのなんて、素の吾郎くんでは、ぜったい見られない。お芝居でしか見られないものを、こんなにいろいろ見せてくれる。

ビジュアルは文句なくうつくして、お芝居に見ごたえがあるから、吾郎くんだけ見るぶんには楽しいけど、ドラマとしては、ほんとうにもったいない。

もうちょっと、脚本がんばってほしかった・・・。ちゃんとした脚本の作品と吾郎くんとの出逢いを、はげしく求めています!!

スポンサーサイト



お茶でもどうかな?

ドラマ始まりましたね~。

私は、2時間中、数分しか見ていないので、見ていないものについて、感想は書けません。

ドラマが始まるまえに、見所はいろんな要素が盛りだくさん、的なことを吾郎くんが言っていて、これは危険な匂い・・・と感じたのが、残念ながら的中?なのかしらね。

なんでもっとシンプルに話をつくらないのか、不思議でなりません。演技を堪能するドラマとも思えないし、消防団だけの、あつくるしーい男くさーい話にすればまだ良かったのに。

それか、消防は関係なく、社長をめぐる出世競争メインのドラマか。そっちのほうが私は見たい。

無理な展開と無駄なキャスト多すぎて・・・。いくら出演者が豪華でも、話がつまんなかったら、見る気しないよ?

まあ、べつに私は時間取られてるわけじゃないからいいけど。吾郎くんの時間は、べつのことにつかってほしいわー。

予想に反しておもしろい、って言えたら良かったんだけどねー。吾郎くんのところは、見ていて楽しいけど、数分だもん。吾郎くんが、いるだけでキャラクタを体現できることのすごさを、しみじみ感じてしまった。

いつか、質のいいドラマとめぐりあってくれますように!

今回は、気楽にいいとこ取りしようかな(笑)。

お茶でも飲みながら、ね。

隙のないサービス

「HEAT」の会見があり、「めざましテレビ」ですこし見ることができました。

吾郎くん、こういう場になると、盛り上げることをじぶんの役割と思ってるのかな?

社長役はヒロくんを参考にしてるとか、HEROといえば木村くん!とか、マスコミの求めてる見出し的な話をしつつも、EXILEに入りたいとか、HEROはAKIRAさんとか、主役を立てることも言っていて、各方面に隙のないサービスぶりであった。

吾郎くん、じぶんのパブリックイメージや、なにをどう言ったら盛り上がるかとか、理解しすぎていて怖い(笑)。

なんでそんなにたいして思ってなさそうなことをウケ狙いで言うのかな?って不思議だったけど、結局、テレビでも新聞でも、取り上げられてるのってそういうとこばっかりだから、マスコミ相手には適切な対応なのかもなー。

真面目なことを言っても、取り上げてもらえなかったら、宣伝にならないもんね。

まあ、単に目の前のひとを喜ばせたいというサービス精神の発露だったのかもしれないけど。

AKIRAさんと、わりといい雰囲気だったのがさすがだと思った。

吾郎くんの、すてき冷徹社長ぶりが楽しみ。

ドラマとしても、おもしろくなるといいなあ。期待しています!

HEAT

吾郎くんが7月スタートの火10ドラマ「HEAT」に出演することが発表になりました。

主人公の勤める不動産会社社長役。

怖さとエレガントさをあわせもつ社長、だそうです。社長室で、薔薇を育てているとか?

吾郎くんにぴったりな役だとは思う、思うけど・・・うーん、と微妙な気分だったのですが、吾郎くんから、想像どおりだとおもしろくないと思いますので、今までにない新しさも表現していきたい、とのコメントあり。

ほんとうに、よくわかってるなー、って感心。制作サイドの狙いと、ファンの求めるところ、そしてじぶんが演じるやりがいみたいなのを、ちゃんと盛り込んでいるところがさすが。

私としては、ものすごく、役に新しさが欲しかったので、吾郎くんがそこに言及してくれてうれしかった。

今までにない新しさの表現に期待しつつ、夏を待ちたいと思います。

おもしろい作品になればいいな~。

吾郎くんにとって、いい出会いがありますように。


自分を信じた男

「世にも奇妙な物語 25周年スペシャル」の「自分を信じた男」に吾郎くんご出演。

影のうすい男が、おなじ境遇の男と出会い意気投合し、生きた証を残すために銀行強盗をしようとするお話。

影の薄い男を演じている吾郎くんがかわいくてかわいくってもう!まわりに存在を認められないひと、っていうのをちゃんとしぜんに表現できて、魅せてくれてるのが、ほんとうにすばらしい。吾郎くんはいつもそうだけれど、そういうひとで”在る”ことを、いちばんたいせつにして演じているというふうに感じる。

だから、だまって立っているだけでも、ちゃんと薄井さんなんだよねー。スゴイと思うの。

くるくる変わる表情がどれもこれもキュートでかわいくって、でも大げさじゃなくて、すごくいい匙加減だったわー。セリフの言い方もなんかかわいいんだよね~。

手塚とおるさんとのふたり芝居っぽかったんだけど、ふたりのやりとりも息ぴったりで良かった!ずーっとお芝居だけを見ていられると思うくらい、おもしろかった。

ある意味、運命的な出会いをしたふたりのラブストーリーだよね~。って、「笑の大学」のときも、そんなふうに言われてたよね(笑)。でもあのふたり、おたがいにしか認識しあえないなら、世界にふたりきりに限りなくちかい状態と言えるのではないのでしょうか?

ラスト、姿が見えないけど脱獄しないのは「銀行強盗はした」から、ちゃんと姿が見えるひとと、おなじ罪を償ってるのかなぁって思ったり。さいしょのほうで、お店でも、ちゃんとお金を置いて出て行っている、って言ってたし。

突っ込みどころはあれど、楽しかったー。吾郎くんと手塚さんのキャスティングの勝利って気がします。

くすっと笑えて、ほろりと感動的、でもやっぱりコメディ。おもしろかった!予想外にかわいくって、お芝居も満喫できたし、大満足です。

もっともっと、吾郎くんのお芝居が見たいなぁ、っていう気持ちがおおきくなりました。吾郎くんのお芝居が大好きです!

プロフィール

moegi

Author:moegi
1994年の終わりごろ、好きだと自覚しました。以来、ひっそり、まったり、ファンを続けています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR