FC2ブログ

ほかのことばが出ない

いつものOPとちがう始まり方で、びっくりだったスマスマ。

いや~、ひさしぶりに一時間楽しかった!

石橋貴明さんゲストのビストロは、「ねるとん」出演時のわっかーい吾郎くんが見られたのが嬉しかった。94年か~・・・当時、見るだけだったら、見てたかも?

あと、「おなじ板橋区出身」トーク時に、なぜか本人よりも木村くんが嬉々として昔のエピソードを語るのに笑った。けっこう貴さん相手にも、この話してるような気がするんだけど?

中居くんへのプレゼント品が、めっちゃかわいかった!それを中居くんにあげる貴さんがナイス!と思った。

うたコーナーは、矢島美容室。今回もくるくるヘアなごろーちゃん(思わずちゃんづけ)。ビジュアルからして、かわいかったけど、うたっておどってるとこがもう!

かわいい!かわいい!!かわいすぎる~!!!

何回見ても、こればっかり叫んでしまう。ほかのことばが出ないね!

ふりつけがアイドル全開で、にこにこ踊っててみんなかわいい~。やっぱりSMAPは、アイドル!


続きを読む

スポンサーサイト



なぜ上海?

上海万博で、SMAPがファンの集いのイベントを行うとのニュースに遭遇。

ぜんぜん知らなかったので、最初スルーしていたんだけど、公式にもちゃんと出ていて、めっちゃびっくり。本当のニュースなんだ~。

なぜ上海?しかも、「ファンの集い」って、どういうこと?


続きを読む

キーワードはG

吾郎くんのインタビューがあったポポロ(2010年6月号)を購入。

最初、グラビアがいまいち・・・と思ったんだけど、よ~く見ると、写真自体じゃなくて、衣装が気に入らないということに気がついた。あのコートがなければ、もうちょっと印象ちがったかも?

あと、アップの写真で、吾郎くんの瞳の色がけっこう茶色くうつっていて、珍しい~と思った。吾郎くんの目といえば漆黒というイメージが固定しているもので。

インタビュー内容は、Gをキーワードに語る近況。GentlemanもGirlもGapも吾郎くん自身のことに思えました。やっぱり、好きなものを語ることは、じぶんを語ることなのかしら?

短くも濃い内容の数々のキーワードのなかに、案の定出るGolf(笑)。木村くんの近況でもまたゴルフの話だし。いっしょにコースをまわりたいという話は、いったい何年言い続けているのか?

ほかのメンバーの近況も、慎吾のターロウブログの話だったり、剛の髪型の話だったり、中居くんの歌の話だったりと、とくに知らない話ではないんだけど、吾郎くんのことばで語られるとほんわかしました。

中居くんの歌は、情感が伝わるっていうのには同感です。そのことを、中居くんの目の前で言ってやれ~!


あれから僕たちは

TVいろいろ。

「めざましTV」
木村くんのドラマ主題歌が久保田利伸さんというニュース。とくにSMAPだと期待してたわけではないけど、これでまた新曲は遠のいたな・・・とさみしい気持ちに。

「ミュージック・ステーション」
生まれた年のヒット曲をきいてみようのコーナーが、今回は1998年で、SMAPの「夜空ノムコウ」が流れていた。「夜空」大好きだけど、この映像じゃないのが見たかったかな。小学生が見ても、現役スターなSMAPが素敵。

「あれから、僕たちはなにかを信じてこれたかなぁ」

「あのころの未来に、僕らは立っているのかなぁ」

当時もいろいろ思うことのあった歌詞だけど、今きいてもやっぱりいろいろなことを感じます。

続きを読む

豪華な出演者たち

思ったよりも楽しく見た「本当にあった恋の話SP」。

なにがよかったのか?

コントっていうよりも、ミニドラマっぽく見れて、メンバー共演!と思えたところかなぁ。ずっと見たいと思い続けていた、吾郎くんと木村くんの普通(←これ重要)の役での共演。友だち役とか、同僚役とか、恋敵役とか、めっちゃいいじゃないですかぁ~!

合コンでしゃべってるシーンとか、会社で「おまえ」呼ばわりしてたり名前呼び捨てにしてるシーンとか、よかったわ~。いちばん好きなのは、彼女を取り合って、にらみあってるシーン。かっこいい!

ほかにも、メンバー同士の共演はおいしかった。すごい豪華に思える。

だから、メンバー全員出演の四股話がお気に入り。あれは、終始、吾郎くんが怒ってる芝居をしているのもいい。にらんだりしてるのって、めったに見ない顔で、きりっとしてて、うっとり。慎吾のオネエキャラがまったく違和感ないのも笑える。みんなでじゃんけんしてるオチもかわいくていい。

仕分け男の吾郎くんは、まったくそーゆー人ではないと知っていても、そう見える吾郎くん。演技上手すぎだと思います(笑)。そして、そーゆー女の子どう?と聞かれ、「いい奥さんになるんじゃない?」と答える吾郎くん。相変わらず、否定しないひとであった。

続きを読む

話をしようよ

土曜日にやっていたスマスマ総集編。

なーんの期待もせずにとりあえず録画していたのですが、最初と最後にSMAPだけのトークが!2時間の番組のうち、たった5分でしたが、それだけでしあわせ気分。どれだけ5スマトークにうえていたのか・・・不憫な私たち・・・。

この特番の宣伝マンを決めるというトークで、黒ひげ危機一髪をやるというそれだけなのに、なんでこんなにおもしろいのだろうか(笑)。

中居くんが吾郎くんを見て話してると感じる場面がけっこうあったのと、慎吾が吾郎くんにやけにくっついたり、「いいとも来る?」といじったりしてるのが目についた。右から、吾郎・慎吾・中居・剛・木村という珍しい並びだったんだけど、吾郎くんから中居くんにも「中居くんが宣伝するのも見たいね」とふったりして、右3人がいいかんじに見えた。

ゲームの順番を決めるときは、中居くんが最初に「5番」を取っているのにもかかわらず、吾郎くんが「1番」を取ったら、次のひとたちも「2番」「3番」と前からの順番を取るのにけっこうウケた。

中居くんがうしろからの順番を取ってるんだから、うしろがいいとは思わないんだ(笑)。吾郎くんに続いてくれた剛と木村くん、ありがとう!慎吾はうしろがいいとわかっていたのだと思うけど。

木村くんがそうそうに宣伝マン決定で、笑い転げている4人にほっこりしました。

それから、特筆すべきは、吾郎くんの髪型!かなり、くるくるヘアでした~。舞台のときとはちがっていたけど、かわいらしかった。まだナチュラルな髪じゃないと思うけど、くせをちょっと出してみてもいいと思ってくれただけでも一歩前進!

続きを読む

予想どおり

ストスマのキャッチボールスマップにて、吾郎くんより木村くんへのメッセージ。

「ブルーインパルスすごかったね!僕も戦闘機がすごい大好きで、ずっと憧れていて乗ってみたいけど、Gが怖いじぶんもいて、葛藤してるんだけど、やっぱり無理かな?」みたいな内容。

木村くんの答えは、「ぜったい無理!吾郎が乗ったら、番組にならない」という、とっても予想どおりの内容だったけど、嬉しそう~に話す木村くんに、こっちも嬉しくなったり。

とゆーか、私は木村くんがブルーインパルスに乗ると知ったその日から、ぜったいにこの話は吾郎くんとのあいだで出るにちがいない!!と確信し、そのときにわかるようわざわざ放送をチェックしたくらいなので、やっときたー!ってかんじ。

ハイテンションな吾郎くんを映像でも見たかったが・・・まあ、贅沢は言うまい。

そういえば、ハートに矢がささってる写メもらった話にも触れてないじゃん!吾郎くんのリアクションをじかにききたかった~。木村くんいわく、「思いだすぅ~!!」だったっけ?

やり取りがまだるっこしいんだよ~。ふたりで話してくれれば話がはやいのに!

まあ、ラジオじゃなくて、直に会ったときに、これでもかってくらい話したんだろうとは思うけど。

スマスマでEDトークがあったら、話してくれたかなぁ・・・?(遠い目)

月にとらわれて

anan(No.1705)を購入。今回のシネマナビ!は、「月に囚われた男」。

きっと、D・ボウイ好きだから、この映画をセレクトしたんだろうなぁ。監督は、D・ボウイの息子さんだそうです。

低予算のSF映画だけど、描かれていることは深いというかんじでしたが、SFって、映画はエンターテイメント色がつよいけど、小説はけっこう深い内容のもの多いよ。

宇宙で、誰とも連絡がつかなくて、ひとり。これ以上なく孤独な状況で、なにを支えにして生きるのか。宇宙に出ると、極限の状況というものがつくりやすいから、そのぶん人間を描きやすいという面はあると思う。

それから、私は、吾郎くんを「月」のイメージで見ているところがあるので、”月にとらわれる”っていうと、それだけでちょっと興味がそそられるっていうのはあります。

木村くんの新ドラマも、タイトルが「月の恋人」とはじめてきいたとき、それって吾郎くんのことか!って思ったくらいなので(笑)。

月の光のしたにたたずむ吾郎くん、うつくしいだろうなぁ。いつか、見てみたいです。

これでいいのか?

録画していた「夜の笑っていいとも!春のドラマ特大号」を見る。


続きを読む

また美しい季節に

「忘文」の最終回。ジェーン・バーキンさんがゲスト。

放送済み地区のかたがたの感想を見て、ものすごーく楽しみにしていた、「ネクタイをゆるめられ、シャツのボタンを開けられ、髪を乱される吾郎くん」を実際に見て・・・大満足。想像とはちがっていたけど、髪をさわられたときの吾郎くんのあわてっぷりがおかしくって(笑)。

胸元があいたとき、なかにアクセサリーをしてたから、もしかしたら、「セルジュ・ゲンズブールのように着くずす」ということは、もともと予定されていたのかな?と思ったり。でも、髪までくるとは思わなくって、あせってああいう反応になったのかも。

べつにぼさぼさになったわけじゃないし、あれくらいいーじゃんって思うけどなぁ。ってゆーか、ナチュラルなくるんくるん髪で、いつかテレビに現れてほしいぞ。

それ以外にも、年上の素敵女性とおしゃれトークってかんじの内容で、興味深かったです。通訳が入っているだろうに、普通にふたりでしゃべっているように見えるのが素晴らしい。

挨拶としてのキスをされる姿がとっても自然で、そういうのが似合うのがさすが吾郎くん!と思いました。

今回、最終回だったわけですが、beautiful seasonになってから、すごく好みに合う番組になっただけにとても残念です。映画監督さんとかと対談していただきたかったわ~。

「また美しい季節に」ということだったので、いつか、かえってきてくれるといいなぁ。

やさしい雑誌

SMAPが表紙だったので、TVガイドを購入。

なぜに、新曲もない、特番もない、ライブがあるわけでもない、ないないづくしのSMAPが表紙になるのかと思ったら、ガイドの番組表があたらしくなるということで、SMAPを起用してくれたらしい。ガイドやさしい~。

表紙は、木村くん・吾郎くんが左手を同じように突き出していて、慎吾・剛が右手を上にあげていて、中居くんは、腕をまげてかわいらしくポーズしているという、よくわからない(笑)統一感のないショット。ふたりずつのペアになってる具合がおもしろい。

表紙はそんなに好きなかんじじゃなかったけど、なかの写真は文句なくカッコイイ!好き好き。

あ~でも、前号に載ってた「次号予告」のくっついてるバージョンがなくてがっかり。あれは、買わなきゃダメだったのね!失敗した~。

インタビューは、「テレビと僕」みたいなかんじで、まあそんな特筆することもないかなぁ。こういうの読むと、木村くんって、ほんとにめっちゃくちゃテレビ見てるよな~、って思うし、吾郎くんってあんまり見てないんだろうな~って思う(笑)。

あと、中居くんがずっと言い続けている、「5人で一台の車でロケ」ですが、ほんとにやる気あるのか??「がんばります!」スタッフにプレゼンすれば実現するかしら?

贅沢な時間

「スタジオパークからこんにちは」(4月5日)に、大杉漣さんがゲスト出演。

トークのメインは、「ゲゲゲの女房」でしたけど、大杉さんの「挑戦」として「象」の話もすこし出ていました。

”58歳 舞台で難役に挑む”ということで、「舞台をやるなら、舞台でしかできないことをやりたいと思った。手間がかかること、気持ちとか手間をかけないとものができないような仕事、舞台をやりたかった。ほんとうに手間かけないとできない舞台。こんなに大変だとは思わなかったけど」というようなお話をなさっていました。

台本を見せてくれまして、その余白ページに「セリフ覚える!!」とか書いてんの(笑)。ちなみに、その見開きページの左側はキャストが載ってるページで、吾郎くんの名前も見えた。ってゆーか、舞台の写真も「男」いない場面だし、話にも名前は出て来ないし、これが唯一吾郎くんの名前がでてきたぶぶんだった。

大杉さんは、この舞台で「得たもの」は、「5キロダイエット」と笑わせていましたけど、最後に「舞台はひとりでつくっているものじゃなく、この2ヶ月半くらい、贅沢で豊かな時間を過ごせた」と結んでいました。

「贅沢な時間を過ごす」

舞台というお仕事をあらわすのに、とってもいいことばだと思いました。きっと、舞台にかかわったかたは皆さん、そういうふうに思っているんじゃないかな?

大杉さんのお話、舞台以外のところも興味ぶかくて、楽しかったです。やっぱり好きだ~、大杉さん。

旅の途中

「歴史がくつがえる!?ナスカの地上絵に世界最古のピラミッドが出現!!」

タイトルながっ!

でも、内容はよかった。普通に番組として楽しめた。

地上絵のちかくにピラミッドが発見されていたなんて、ぜんぜん知らなかった~。ほんとに、いろんな発見で、”歴史”が塗り替えられていっているんだね~。

大森南朋さんのナレーション、すごくよかったです。あってたわ~。たまに、吾郎くんのモノローグもはいってくると、それは「旅人」ってかんじで、その違いもおもしろかった。

ビジュアル的には、冒頭から砂漠を歩く吾郎くんで、おおっ!と思い、ところどころに”なにかを見つめる”アップとかもあり、意外と楽しめたかな?帽子とサングラスがちょっとイメージ違いってかんじだったけど(笑)。

どんな外国に行っても絵になるひとだなぁと感心。砂漠のうえなんて、めちゃくちゃ暑いんだろうに、それをちっとも感じさせないのもすごい。

ナスカの地上絵を見ているところ、ピラミッドを歩いているところなんかは、単純にうらやましい!と思いながら見てました。あーゆーの、大好き。ナスカの土器に描かれていたデザインもかわいくて好き。

そうそう、ヘリに乗る前に怖がってるシーン、本編でも流れていてなんかウケた。ドキュメンタリなのに、そこ流すんだ、みたいな(笑)。ただでさえ、ヘリって揺れるから怖いと思うのに、ドア開けて乗って、しかもいろいろコメント言わなきゃならないんだから、仕事とはいえ、よくやったよね~。必然性さえあれば、苦手なことでもちゃんとやるよな、あのひとは。

まだナスカの遺跡は発掘途中ということで、いつかまた、旅人が訪れてくれたらいいな、と思いました。

期待値があがる

BSが見られるようになり、はじめて見ることができた「王様のブランチ」。「ナスカ」の番宣でのご出演。

地上絵を見るためにヘリに乗るところで「こえ~。こえ~よ~」(←このしゃべりかた、めずらしい)という映像が。ものすごく怖がってるみたいですけど、ほんとに怖かったです、みたいに言ってました(笑)。

けっこういろんな映像が流れて、よく流れているスポットではわからなかった内容がわかって、けっこうおもしろそう!とかなり期待値がアップ。

「ナスカ」がメインでしたが、最後にちょこっと「G.I.ゴロー」のことも触れていました。

「G.I.カットってなに?」という疑問から、MCの谷原さんに「いっしょにやりますか?」とテキトーに(笑)ふっていました。「SPドラマでもできたら、やりましょうか?」と言ってくれた谷原さん、優しい~。このふたりのトークが見られたのがなんか嬉しかったです。

この日の夜には、「オールスター感謝祭」もあり。「G.I.ゴロー」の番宣もあるというので、15秒を目当てに何時間も見てしまいました。だって、OAない地域だから、唯一の映像かもしれないし!

で。予告?見たけど・・・あれじゃ~わからん(笑)。男爵はあんまり男爵っぽくなかった。

HPのほうの予告映像は、井上博士が炸裂していて、めちゃくちゃ笑えた。見れる地域がうらやましいっ。

新曲が聞きたい

「ミュージックステーション」SPと「僕らの音楽」を見る。

Mステのほうは、「20年間の№1ソングをぜんぶ見せます!」とのことだったので、いちおうSMAP関連も期待していたのですが、思ったよりもすくなかった。

紹介順に、2009年9月「そっときゅっと」・2006年5月「Dear WOMAN」・2006年10月「ありがとう」・1998年1月「夜空ノムコウ」・2003年3月「世界に一つだけの花」。

その「月」の№1だから、ウイークリーで1位でも月間でほかの曲がうえだったら、出てこないという。なにげにこのなかでは、いちばん最近の「そっときゅっと」の映像がお気に入り。「Dear WOMAN」もけっこう好き。

今度こそ、若かりしころのSMAPとか、&Gが見られるかと期待していたのだが・・・残念。

SMAPがもし出ていたら、なにがききたかったかな~と考えていたんだけど、No.1ソングとかよりも、とにかく新曲をききたい!と思いました。

「僕らの音楽」のほうは、300回記念コンサート。

生放送、生演奏、全曲コラボ、全曲カバーで、アーティストのかたがたの、うたが好きというちからを感じる内容。音楽好きとしては、めちゃくちゃ楽しめました。生で目の前できける剛くんがうらやましい。

「僕らの音楽」に出るSMAPも相当おもしろいので、新曲を出して出演してくれるか、あるいは「SMAP WORKS」をやってくれてもいいんじゃない?と思います。
プロフィール

moegi

Author:moegi
1994年の終わりごろ、好きだと自覚しました。以来、ひっそり、まったり、ファンを続けています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR