FC2ブログ

ウンチク披露会

今回は、「かっこいいのはどっち?」を選ぶベビスマ。

昆虫、特撮ヒーロー、スポーツがお題でしたが、答えが完全にウンチク披露会と化していた(笑)。

フツーにあれだけすらすらでてくるところがすごいというか、マニアックというか。

それなのに、興味ないことになると、「オーバーヘッドスライディングキック」とか言っちゃうのがもう大笑いでした。

あと、野球とサッカーの2択のとき、みんなちゃんとサッカーを選んでいたのが、あうんの呼吸!と思った。

だって、あれ、そーゆーフリじゃんね?(笑)

シュークリーム食べなよぉ、と中居くんに言う吾郎くんの言い方がなんか好きだった。かわいい。

中居くんの野球ウンチクひさしぶりに聞いた気がするけど、あいかわらず濃いねぇ・・・。

なんかそーゆー意味では、慎吾がいちばんマニア度ひくいのかな?なにかにすごいハマってるとか、あんまり聞いたことない気がする。

次回でこの企画終わりみたいだけど、つぎの企画もトーク中心でお願いしたいですっ!

スポンサーサイト



過ぎゆく秋の思い出

本日「泣き虫なまいき石川啄木」千秋楽。

おめでとうございます!

無事に、全公演終了ということで、キャストスタッフの皆さま、お疲れさまでした。

私が観劇したのはずいぶん前ですが、日をおうごとに、舞台は進化をとげていったようで、やはり生モノだなぁと感じました。

今回の舞台では、年配の男性のかたとか、男性のみで観劇されているかたとかをわりとお見かけし、こういう方たちにも見てもらえるようになったんだなぁと、感慨ぶかい思いがしました。

この演目は、衣装とかセットとかに変化がなく、シンプルに役者の芝居を見るというぶぶんがおおくて、舞台俳優としての吾郎くんを満喫できた舞台だったように思います。

秋の舞台のおかげで、じぶんにとっては記念になる日に観劇することができて、うれしかったです。

またいつか、板のうえの吾郎くんに会える日が来ることを楽しみにしています。

続きを読む

僕の場所は君の隣

オリスタ(2011 No.42-1612)購入。

「ゴロウ・デラックス」に木村くんが登場!という記事で1ページ。

いや~、たったこれだけの写真と記事で、これだけテンションがあがるじぶんに驚くね(笑)。

写真見てからというもの、ずーーっと、にやにやにやにやしてる、とてつもなく怪しいひとになってるもん。

木村くんも吾郎くんも、とても楽しそうでうれしそうな笑顔の写真。

それは、ふたりのあいだじゃないと見せない顔なのかなぁってかんじがする。

「隣が居心地イイ」って、堂々と言ったのか、そうか・・・。

あまりにもラブラブすぎて(←表現おかしい?(笑))、最後にはなんか、イラっと来るところも、このふたりらしいな~っていう。

小島さんが、どういうツッコミしたのか、とてつもなく楽しみ。

だって、おかしいもん、このひとたち!(笑)

ばっちり同世代な小島さんに、ばしぃーっと斬ってほしいぞ!

これまでこの番組では、”大人でスマートでジェントルな吾郎さん”を主に見ていたと思われる小島さん、吾郎くんのあたらしい一面を知って、どう思われたでしょうか?

これだけ楽しみなのに、やってないから見られないんだけどさー(悲)。

またMBSに要望だーっ!!

ロングカーディガンのひと

木村カエラさんとの歌コーナーがよかったスマスマ。

髪の短くなった啄木モードの吾郎くん。衣装もお似合いで、スタイルのよさがよくわかって、すっごーい素敵だった。

さすがロングカーディガン好きというだけあって、すばらしい着こなし。シルエットもきれいだし、すそをひるがえす姿がまたいい。

吾郎くんの季節が来た!ってかんじがした。

うたも声と合っててよかったし、ずっと笑顔でうたっているのが、たまらなくかわいかった。なんか、女性アーティストのうたって、吾郎くんの声と合う気がする。

とっても満足。

あとは・・・ビストロのトーク中に、「十三人の刺客」の話題が出たことがうれしかった。

吾郎くんが「最近悪い役やらせてもらったりして」と話しだすと、すかさず三谷さんや西田さんが映画のことを言い出してくれて、「よかった!」と口々にほめてくださって。

やっぱりうれしいよね~、見てくれたってわかって、しかもほめてくれたら。

「よかった」って西田さんが言ってるとき、画面うしろで深津さんも思いっきりうんうんうなづいてて(笑)。それもうれしかったな~。去年の映画賞では同席したこともあったと思うけど、深津さんも見てくれたのかな?

スマスマにしてはめずらしいことに、DVDのお知らせまでしてくれて。発売5月なのに(笑)。ちょっと驚き。

今週末にこの映画、WOWOWで放送があるようなので、未見の方は見てほしい!見て損はなし!!

続きを読む

目新しさなし

ウレぴあ(創刊号)を購入。

入手困難だったら困ると思ってネットで注文したんだけど、普通に近所の本屋さんでも売られていた。

SMAPの表紙・特集ということで、期待していたんだけど、正直期待はずれな内容でした。

写真はかっこいいし、メンバーのインタビューはいいと思うんだけど、分析記事がありきたりというか、どっかで読んだことのある内容の焼き直しってかんじで、ぜんぜん目新しさなし。

いままでに語りつくされているお題を特集するんだから、せめて正確さか、あたらしい切り口か、ファン的においしいぶぶんか、とにかくなにかこの記事らしさを打ち出さないとダメなんじゃないの?

中居くんと木村くんの生まれ年を間違っているのを読んで、プロフィールを確認したら一瞬でわかることすら間違えるということは、怠慢な記事ってことじゃん、ってすごく感じた。

あんまりSMAPへの思い入れを感じられないのが、いまいち感につながるのでしょうか。

こんなどーでもいい分析記事とかじゃなくって、メンバーのインタビュー中心にしてほしかったな~。

バトルは続く

ベビスマ、前回の「かわいいのはどっち?」2択のつづき。

なぜか続いている吾郎くんと慎吾のバトル。寝姿についての2択での、吾郎くんの選択にかみつきまくってたけど、それ、剛も選んでるじゃん。なぜツヨポンはスルーなの?

吾郎くんのコメントに「サイテー」とまで言ってましたが、そこまで言うと、さすがにおかしいし(笑)。べつに吾郎くんが女性に対して、ああしないとダメって強要してるわけじゃなし。2択でこっちって選んだだけなのに。

慎吾は、吾郎くんにじぶんの意見に同意しろと迫っているわけ?

なんか・・・かみけばかみつくほど、慎吾タイプを好きって言ってほしいと主張していることを、わかっているのだろうか?って思うが。

木村くんにまで、「あきらめろ、認めろ」と止められていた。(←この発言も不思議といえば不思議)

「嫌い」ってことばに敏感すぎるんじゃないの?変なやりとり、って思った(笑)。

続きを読む

趣味のあうふたり

「STOP THE SMAP」吾郎くんお当番2週め。

ファンミーティングの話、舞台の話、キャッチボールSMAPは慎吾からで、ファッションの話。

けっこうどれもちゃんとお話してくれていて良かった。

慎吾からのメッセージは、めずらしく(笑)話し甲斐のあるお題だったんだな~ってかんじがした。

このひとたちって、趣味のあうふたりだもんね。

あ~あの服いいなぁとか、あ~あれ持ってるとか、お互いにチェックしあってるのかと思ったら、めっちゃかわいい。

昔もよく、吾郎くんと慎吾がおなじところの服着てるって、話してたよな~。

慎吾のモード系もお似合いだろうけど、吾郎くんとはきっとちがうかんじなんだろうね。

ふたり並べて見てみたいぞ。

感性を知ること

すこし前ですが、anan(No.1778)購入。

シネマナビ!掲載号に木村くん表紙・特集もついてきて、お得感あり。

今回の映画は、「ラビット・ホール」。

子どもを失うという、とつぜんの悲しみに見舞われたときの、夫婦の立ち向かい方を描いているようですが、そのことに対する吾郎くんの思いが、もしじぶんだったら、という視点でも語られていて、印象的でした。

過去の雑誌を整理していたら、『映画を見ることはじぶんの感性を知ること』という、吾郎くんの発言を見つけましたが、映画評を読むと、映画を語っていることが、結局吾郎くん自身のことを語っているんだろうな、って思います。

そして、今号の写真もよかった!美人~!!

なんていうか、ananの写真は、おすまししてないかんじで、いちばんナチュラルに綺麗で素敵だと感じる。

この写真つきで本にして欲しいっ!

続きを読む

うれしい予感

リニューアルしてSMAPが出演することになった「ベビスマ」。

ちょっと~、すっごいイイじゃーん!!

やっていたコーナー自体はどうってことない内容だけど、それについてメンバーだけでトークしてるのがイイ!

ここ数年、見たいと熱望しながらスマスマでは見られなかったSMAPがこんな深夜にっ!

なんとなくトークしてるように見せかけて、ちょいちょい盛りあげポイントをつくろうとしてるのを見るのもおもしろい。

慎吾と吾郎くんのやり取り、吾郎くんからも「嫌い」って反撃するのって、新しいかも?

トークしてるのを聞いていると、吾郎くんが剛の言いたいことを補足説明してあげたり、質問のことばに?となっている中居くんに説明してあげたりしていて、やさしいな~と感じた。

あと、女の子の姿の『どっちがかわいい?』っていう2択なのに、いちいち『つきあうなら』設定をいれて話しているのには笑った。

吾郎くんの状況分析トークと、そのあとの剛の意味不明な(笑)嘘がすっごいおかしかった。

中居くんの話がめちゃ楽しみだったのに、来週か~。忘れないようにしないと!

ベビスマ・・・この勢いで毎週トークしてくれたら、スマスマ本編よりもファン受けすることは間違いない(笑)。

飲んでも変わらず

「STOP THE SMAP」今週から吾郎くんがお当番。

「ブルドクター」の話、北京公演でのお食事会の話などをしてました。

ドラマ、続編とかできたら・・・、みたいに言ってたけど、したいんでしょうか?

舞台に「ブルドクター」から花が贈られてきていて、終わったドラマなのになぜ?仲良しだったの?と思っていたんだけど、じつは終わってなかったのかな?

ドラマの内容はともかく、吾郎くんが楽しかったのなら、よかったな~って思います。

北京公演の食事会は、まえにほかのメンバーも話していたけど、偉いひと(笑)と会食し、すごい高い度数(50度以上)のお酒を乾杯で飲み干すことになったという話が印象的でした。

飲むしかないだろ、という空気(木村くんが言うところのアイコンタクト?)になって、吾郎くんがいちばんたくさん(7~8杯って言ってたかな?)飲んだみたいですが、それでも『ほわっと程度の酔い』って。マジで~?!

でも言われてみると、飲んだ後の映像だと思われる、「プロフェッショナル」でのリハーサル映像の吾郎くんは、まったく酔っているようには見えない。

すごい強いんだね~。まえからお酒飲んでも変わらないって言ってたけど、ほんとなんだね~。

いやーびっくりでした。

続きを読む

うつくしき詩人

舞台観劇のファン目線での記録です。

ただきゃあきゃあ言ってるだけなので、スルーしてもらって大丈夫です(笑)。

以下、内容に触れていますのでご注意ください。


続きを読む

人生に寄り添うもの

舞台「泣き虫なまいき石川啄木」を見てきました。

以下は感想です。内容に触れていますので、ご注意ください。


続きを読む

正解のない仕事

「プロフェッショナル」SMAPスペシャルを見る。

ドキュメンタリということで、『真実のSMAP』とあったんだけど、私にとっては意外だと感じるところはほとんどなかった。

映像として見たことはなかっただけで、そういうひとたちだと思っていたとおりのSMAPが、そこにはいた。

目のまえの仕事に全力で取り組み、ひとを楽しませるということに全力を尽くすSMAP。

『ひとを楽しませる』という仕事に、はっきりとした正解はない。

だからこそ、じぶん自身がそこにどう向き合ったかが、とてもおおきいんだろうな、と想像する。

仕事の取り組み方は五人五様だけど、ちがうことが不協和音じゃなくて、グループの幅ひろさという強みになっているところが、SMAPのすごさなんだと思う。

続きを読む

あふれるほどの花たち

8日と9日に、吾郎くんの舞台を観劇してきました。

感想はまたべつに書くつもりですが、開幕直後に観劇したのははじめてで、たくさん来ていたお祝花に感動したので、そのことを記録しておきたいと思います。

知りたくないひとは、以下は読まないでください。


続きを読む

祝!初日

いよいよ本日、舞台「泣き虫なまいき石川啄木」が初日を迎えました。

井上ひさしさん作の舞台を、吾郎くんがどういうふうに演じるのか、そして段田さんがどういうふうに演出するのか、とても楽しみにしています。

残念ながら、吾郎くんのインタビューというかたちでは、この舞台への思いを知ることができなかったけど、事前の情報なしで、まっさらな気持ちで、この舞台を受け取りたいと思っています。

いい舞台になりますように!

千秋楽まで、全力でかけぬけていってください!!


流れるままに

2時間半SPだったスマスマ。

なんだろ・・・それなりにおもしろくはあったんだけど、これといって濃いツボがなく、なんかいつの間にかさら~っと流れていったような2時間半でした。

もうちょっと盛り上がりがほしかったな~。

2時間半あるんだったらさー、EDトーク5分くらい取ってくれるとかしてくれてもいいと思うわ。今回だったら、木村くんの本ネタとか宣伝がらみでもいいから、メンバーだけでトークしてほしい。

ビストロの畑ロケ、かわいいっちゃかわいいけど、それだけだし。そもそも、子役の子たちの酷使にすごい疑問があって・・・ドラマならまだともかく、バラエティまで出しまくるのって、どうなん?

ビストロは、「アイコをご存知ですか?」と木村くんにきく吾郎くんと、木村くんのリアクションのところと、慎吾ムックが吾郎くんに懐いてるとこ(そして目線をそらす木村くん)という、ミクロなポイントを楽しみました。

女心わかってるクイズは、おもしろいと言えばおもしろいんだけど、いつも設問がいまいちだと思うんだよな~。

折れる気ゼロの木村くんと、流されるままの剛にはウケましたが。釣りもそうだったけど、TKコンビおもしろかったな、今回。

続きを読む

プロフィール

moegi

Author:moegi
1994年の終わりごろ、好きだと自覚しました。以来、ひっそり、まったり、ファンを続けています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR