FC2ブログ

人生初の

吾郎くんの未公開トーク番組と化しつつあるベビスマ。

湘南乃風とのコラボについて、「合う?」と中居くんに振られ、まず服装があっていないと反省する吾郎くん。

そして、このテイストが「僕の中にはないですよ」と言いつつも、だからこそ、「ご一緒させていただくことによって、じぶんの中にないものが経験できて楽しい」とおっしゃる吾郎くん。

なんてなんてすばらしい考え方なんだっ!感動っ!!

こういうところ、ほんとうに吾郎くんのすてきなところだと思う。大好き~。

ぜんぜんじぶんの範囲にないことに対して、ああいう態度をとれるひとって、そうそういないと思います。

しっかし、ヤンキー言葉の似合わなさといったらもう・・・(笑)。吾郎くんにとっては、外国語?みたいな(笑)。

タオル振ったのも人生初、って吾郎くん言ってて、へ~と思ったけど、よく考えたら私もそんなのしたことない気がする。

ものすっごいハマってるメンバーがいる一方で、吾郎くんみたいなメンバーもいる。

それがSMAPの幅広さだよね、と思います。

スポンサーサイト

SでもMでもなく

今週のストスマ。

名前の呼ばれ方の話をしているとき、どうでもよくない?と言い放つ吾郎くんが、ものすっごく吾郎くんらしかった(笑)。メンバーカラーの件いい、吾郎くんってファンのこだわりをかる~く流してくれるのが、おもしろいと思う。

吾郎くんはメンバーからはそれぞれ、

中居くん→稲垣さん、木村くん→吾郎、剛→ごろさん、慎吾→吾郎ちゃん

と、ちがう呼び方をされているので、呼び方で誰が呼んだかすぐわかるっていう利点はあると思う。

中居くんが裏では今でも「吾郎」と呼んでいるらしいとうかがえたので、もうそれで私は満足です。

吾郎くんが「キムタク」といちおう言ってみた、ってとこも笑えた。嫌なんだよね、相変わらず。

「拓哉くん」ってもっと表だって呼んであげれば?喜ぶよ、きっと。

ちなみに、世間的には「吾郎ちゃん」はじゅうぶんすぎるくらいキャラとして浸透してますよ。それ以外で呼ぶのがはばかられるくらい、みんな「吾郎ちゃん」です。私もふだんは吾郎ちゃん呼びです。

本人はどうも「吾郎さん」推しな気がしますが、いつまでもみんなに「吾郎ちゃん」って呼ばれるのが、吾郎くんの愛されキャラにぴったりで似合ってると思うな。

続きを読む

一生、青春

占い企画のつづきがOAされたスマスマ。

木村くんは、70%青春でできている、永遠の18歳だそうで。

まぁ、占ってもらわなくても、木村くんがそういうひとなのはわかってますけど、フレーズがおもしろい。

そっかー、木村くんがずっと青春してるから、いつまでも吾郎くんと木村くんは暑苦しい関係なんだな、と思った(笑)。

かなり年配になってから、一生でいちばんいそがしいと言われたあとに、「ゆっくりしたいよな~」とあきらかに吾郎くんに向かって話してるのが笑えた。君たち、『晩年はふたりでゆっくりしよう』とか、約束してんの?みたいな(笑)。

ラッキーフードのときも、「みんなあるんですか?」と吾郎くんが聞いたあとにすかさず、「吾郎は?」と聞く木村くん、さすがです!

剛のは、思いっきり慎吾が茶々入れてて、それがすばらしく笑えた。やっぱ、真面目に受け取るんじゃなくて、ああやって笑えるようにしていくのがいいよね。

剛の仕事運はどうなってるの。そこ知りたかった。

SMAPというグループ単位でも占われていましたが、どうせなら全組み合わせお願いしたかったなー。

中居くんが、全員と相性がいいそうで。

ということは、ほかのメンバーは、相性良くない組み合わせもあるってことよね(笑)。

木村くんと吾郎くんが仕事をいっしょにする相性、吾郎くんと剛が本心でわかりあえる相性、と言われていましたけど・・・木村吾郎のときは、みんなふーんってかんじで聞いてて、吾郎剛のときには話をひろげるのがおかしかった。

剛が、「中居くんのすることを理解はしていないけど、おもしろがってはいる」って言われたところが、今回いちばんおもしろかったです。

そんなもん、占いじゃねーし!見てりゃわかるっつーの!!

ってやっぱり思うけどね(笑)。

普通じゃない

SMAPのSoftBankの新CMがスタート。

スマホでヘルスケアという内容。5人別撮りだったので、いつもだったら、えー・・・と不満を覚えるところですが、吾郎くんの本気女装に衝撃を受け、なにもかも吹っ飛んだ(笑)。

美人過ぎる奥さま!そして、2人も小学生の子どもがいる(設定)とは、とても思えないおしゃれっぷり!!

あんなこぎれいな格好で家事をしたことなど、私には一度もない!(きっぱり!!)

お掃除お掃除~、ってうたいながら楽しそうに掃除する吾郎くん。

私はどういうテンションであれを見ればいいのか(笑)。いやまあ、見れば見るほど、美人でかわいいけど。

でもって、5人の関係性はあるって設定なの?ないの?

さいしょ、木村くんと吾郎くんが夫婦で、剛と慎吾がカップル設定?と思っていたのですが、吾郎くんのターバンの柄と剛がかかえてるマネキンが着ている服の柄がモンドリアンでおなじだし、もしやここが夫婦?

吾郎奥さまの旦那さまは、いったい誰なの?

剛はスタイリスト設定かな?今の髪形でのスーツ姿が、なんか業界っぽい、軽い風ないでたちで、ちょっとどきどき。唇ぶるぶるしてんのはかわいい。

慎吾の女装は、普通にモデルかってかんじで、レベル高い。なんであんなデカいのに、なんであんなかわいいかなー。不思議~。

それにしても、吾郎くんの色の白く、肌のうつくしいことよ・・・。さすがSMAPの美白王子。首筋に見えるほくろがエロい!(←オヤジ目線(笑))

しかし、中居くんのオヤジキャラ含め、5人中3人が普通の状態じゃないCMが、普通にまかりとおっているSMAPっていったい(笑)。

やっぱりいろんな意味で、普通じゃない人たちだなぁって思います。

メイキングの風景

「心療中-in the Room-」Blu-ray BOX豪華版を購入。

天間先生がわが家にいらっしゃった!

ビジュアルのうつくしいことといったら・・・もうそれだけでうっとり~。ポスター欲しい、ぜひぜひ当てたい!!

特典映像はメイキングのぶぶんだけを見ましたが、本編とおなじように、黒い画面に白文字で内容が出るのにはウケました。

吾郎くん、生徒役のみなさん、酒井美紀さん、浅野ゆう子さんなどの撮影時の様子、インタビュー、クランクアップの映像でしたが、どの役者さんも、おなじように、

大変だったけど、楽しかった。もっとやりたい。

という主旨の発言をされていたのが印象的でした。

むずかしいからこそ、このドラマに体当たりでぶつかって、できたときの充実感だったり、達成感はすごくあるんでしょうね。

キャリアの浅い、若い役者さんにとっては、ほんとうに大変なお仕事だったでしょうけど、役者とスタッフ一体となって役と向き合って、お芝居が成立するところまで持って行っていったからこそ、この作品があのクオリティで”ドラマ”になっていったんだと感じました。

だから、刺激的だった、勉強になった、っていう感想も多かったですね。

吾郎くんが、セリフが多いのは大変だけど、セリフがあるということは、表現の材料があるということ、と、セリフの量の多さをポジティブにとらえる見方を話していました。

この話を聞いて思い出したのが、舞台「広島に原爆を落とす日」のこと。

あのときもすごいセリフ量だったんだけど、吾郎くん、つかこうへいさんに言われたんだよね。

「役者なら、セリフが多いほうがいいだろう!」って。

ほんとにその通りなんで・・・と、当時の吾郎くんも言っていたけど、ないよりあるほうがいいんだから、覚えるのが大変と思うんじゃなくて、たくさん芝居できる喜びと捉える、そういう気持ちでいられるところがすばらしい。

まぁでも、吾郎くんのセリフ覚え、きっと脅威のはやさなんだと思うけど。

酒井さんのインタビュー聞いてそう思ったし、本人もはやくなった、って発言してたから、この冬の無茶スケジュールで、吾郎くんはさらに進化したと見た(笑)。

あたりまえだけど、なにをとってもキャリアの差が歴然としてる。若い子といっしょだと、すごくそう思った。

メイキング風景を見ると、吾郎くんの仕事への取り組み方、現場での居方、インタビューでのことば選びの的確さ、そしてなにより際立つうつくしさが心につよく残りました。

特典映像の、シナリオコンプリート版も、とっても楽しみ。今の吾郎くん不足を、天間先生に埋めてもらおうっと。

運命的な出会い

ゲッターズ飯田さんによる占いがあったスマスマ。

なぜか分割されていて、今回は、慎吾、中居くん、吾郎くんが占われておりました。

占いは、しょせん占いでしかないので、基本的には遊びと考えて、『いいことだけ信じる』でOKだと思いますが・・・SMAPは運でできているのか?っていうくらいの強運っぷり。まあ、あのひとたち、運いいにきまってるけどさぁ(笑)。

占いそのものよりも、言われたことに対するほかのメンバーのリアクションを見るのがおもしろかったです。

吾郎くんの占いのときの木村くんとか、めっちゃおかしかった~。子どもっぽいとこあるに、うんうんうなづいたり、結婚話にすんごいさみしそーになったり、変態じゃない!と、きっぱり否定したりとか(笑)。

吾郎くんは、今年の11月12月ごろに、仕事と結婚相手両方で運命的な出会いがある、と言われていました。

そのころになったら本人は忘れているだろうけど、メンバーとファンで共演者監視モードに入りそう(笑)。占いをそんな信じないとはいえ、あんなこと言われたら気になる。てゆーか、その時期の仕事きまってるなら教えてほしいわ~。

運命的な出会いかぁ・・・結婚よりも、仕事の運命の出会いのが気になるなぁ。今後の人生が変わるほどの出会いって!

でも108年に一度の分岐点、は意味わからん。普通のひと、108年も生きませんけど。一生に一度ってことなの?

そういうふうに考えると、運命の出会いって、もうみんな済んでると思うんだよね。

一生に一度の出会い、人生を変える出会いは、SMAPメンバーとの出会いにきまってるもん。結婚相手よりも、絶対そっちのが重要でしょ~。

だから、だれが結婚してもそんな変わんないと思うのよね。なんか、最近やたら結婚結婚言ってて、だれか結婚しそうなの?免疫でもつくってるのか?と思わずにはいられませんが。

あと、中居くんが話していた「稲垣さんの共演者と話してて・・・」のくだり、「変態」と言われたことが言いたいんだろうけど、その前の「あの子、いい子だよね~」がめっちゃおもしろかったんですけど。

吾郎くんいないところで、そんな親バカ話してんのか!(笑)

誰と話してたのかしらないけど、中居くんがその人と吾郎くんを褒めあってたってことよね。その事実をじぶんから言ったんだよ!すごいわー。そのことに、にやにやせずには、いられませんでした。

オーラを感じるひと

SEKAI NO OWARIとの未公開トークが放送されたベビスマ。

ボーカルのFukaseさんが、「芸能界でいちばんオーラを感じたのは?」と聞かれたときに、稲垣さんの名前をあげています、といういい話をしてくれていたのですが、名前を出した瞬間、

背景の画面の映像がブラックアウトした(笑)。

おいっ!!

すごいタイミング・・・笑う話ではないのに、なんかおもしろくなってしまったこのエピソード、「ぜったいOAしろよ!」と吾郎くん言ってたのに、ベビスマ扱いでございました。

でもねー。オーラを感じた、って言ってくれていて、とてもうれしかったです。

吾郎くんは、「カメラ回ってないときのほうが、僕、オーラあるんです」って笑わせていたけどね。

見かけたときにそう感じたという話だったので、やっぱり近寄りがたい存在なのね~、と勝手に納得したのでありました。

蓼食うふたり

ビストロ別館に織田裕二さんご来店だったスマスマ。

織田さんがSMAPの並びに、フツウなかんじでなじんでるのが、なんかおもしろい(笑)。

トークもはずんでて良かったですが、蓼のくだりが最高。

蓼ってなに?と吾郎くんに聞く木村くん、ためしにかじってみたら、わー!!ってなった木村くん、そしてそのかじったやつを吾郎くんにもかじらせる木村くん(笑)。

嫌々ながら、蓼を食う仲間になってあげる吾郎くん、ひー!ってなりながらも、おいしいです、と大人な反応。これって、食べられるの?と剛シェフに問いかけると、

「フツウは生で食べるもんじゃない」

言えよ!とせめられるも、「なんか盛り上がってたから」

剛ー!最高だぁー!!

あの、しらーっとした返しがさいっこうに良かった。

そりゃー、ふたりのやりとりに水さしたら、どうなることやら・・・だもんね。それがただしいリアクションだよね!

しっかし、蓼って実在してたのね。ことわざでしか知らなかったわ。

あとは、中居くんと吾郎くんが、合宿所で「東京ラブストーリー」をふたりで見ていたという過去が発覚してました。

ふたりで恋愛ドラマ見て、あーだこーだ言い合ってたんでしょうか。18歳と17歳が。

ぎゃー!!その記憶をもっとくわしくー!!!

判定では、吾郎くんが別館での初勝利。おめでとうございます!

続きを読む

お誕生日おめでとう

草なぎ剛さま

39歳のお誕生日、おめでとうございます。

いつまでも自由な剛が大好きです。

ひとりの活動ではしっかりしているのに、SMAPになるときゅうに子どもみたいになっちゃう剛。

癒しオーラをまきちらしながら、あまり自覚なくさらっと毒を吐く剛。

そういうギャップって、やっぱり最強だと思います。

そして、男らしい剛には、文句なくきゅんきゅんしております。そういう面では、SMAPイチ、剛にときめくかもしれない。

吾郎くんの舞台、いつも見に来てくれて、TVでお話もしてくれて、ありがとう。とてもうれしいです。

舞台に熱いふたりが、おたがいを刺激しあって、尊敬しあっているのが感じられます。

『吾郎さんの意見は信用しているから、言われたことを試してみる』、って話してくれたことが、すごく印象に残っています。

すてきな関係だよね。

剛の30代最後の年が、すばらしい一年になりますように。

世界を征服しちゃう?

きゃーぱみゅぱみゅとのコラボがとってもかわいかったスマスマ。

きゃりーちゃんとうたい踊るSMAPのかわいいことといったら、年齢がダブルスコアだとはとても思えません!

無理なくハマるSMAPすげーぜ!さすがアイドルだぜ!!

それにしても、うたがめっちゃキャッチーで、ずーっと頭のなかをまわっている(笑)。SMAPにも、ああいう曲、またつくってもらいたいな。中田さーん!

何回も見てしまうじぶんに、『カワイイ』は、世界を征服できるんでは?と思う。

『カワイイ』で、世界は平和!

続きを読む

十年後

「音楽の日」「HEY!HEY!HEY!」にSMAPご出演。

前者は大阪公演の合間に東京での生放送、後者は東京公演終了後に収録という、どちらも吾郎くんとしては、舞台の最中のお仕事。

吾郎くん本人がいちばん大変だったでしょうけど、見ているこっちもマジ抜け殻っすよ。

「音楽の日」のほうは、その日出かけていたので、帰ってきてからSMAP出演ぶぶんを見ていたら、つぎの日舞台見に行くのに、思いっきり深夜になってしまい、じぶんにアホか!と思った(笑)。

でも、見始めたらやっぱり最後まで見てしまうよねー。そして、多少はリピートしちゃうよね(笑)。

SMAPの引力魅力のおそろしさよ・・・。

吾郎くんは、舞台のお疲れも見せず、いつものように優雅でおうつくしいお姿でありました。なにも言わずやるべきことを淡々とやる・・・プロだわ!と、しみじみ感動。

観覧のひとに腕をつかまれて身動き取れなくなった剛を助けにいって、抱き合う吾郎くんと剛には、きゅんとしたー!かわいいぃ~!!

しかし、観覧には、イラっとしかしなかった。アホちゃうん!近くに来てくれたら触っていい、っていう意味と違うわ!あんだけちかくで見られるだけでじゅうぶん奇跡やろ!!

あのひとたち、ぜったいファンじゃないと思うわ・・・。ファンなら、SMAPのメンバーに、じぶんのあんな姿を見せられるわけない。他人を押しのけて、触りまくるなんて、あーりーえーなーいっ!!テレビだからむげにはしていなかったけど、メンバーがあんなのを喜ぶわけないのに。あー腹立つ。

音楽で元気になってもらいたい、というこの番組の思いを、もっとちゃんと受け止められるひとに見てもらいたかったです。

続きを読む

あたらしい世界へ

6月30日に、舞台「ヴィーナス・イン・ファー」の全公演が無事、終了しました。

スタッフ、キャストの皆さま、お疲れさまでした。すてきな舞台をありがとうございました。

大阪公演は、30日のマチネ・ソワレを観劇することができました。

大千秋楽を見るのは、私の観劇人生のなかではじめての経験で、あの場にいられたことがほんとうにしあわせでした。

舞台のまえに、マゾッホの「毛皮を着たヴィーナス」を読んだんですが、そのことでは、芝居にたいしての印象は変わりませんでした。あの本からは、テイストというか、エッセンスは感じられたけど、細部がちがうな、と。

セリフとかぜんぜんちがうので、トーマス、脚色しまくってんなー(笑)、ってかんじ。セリフが重なっていたら、舞台の内容を思い出すよすがになるので、そのあたりを期待していた私としては、ちょっとがっかり。本自体は、おもしろく読みましたけどね。

あの舞台の本を読むなら、原語でアイヴスの戯曲を読むしかないのか・・・。はたして、愛は英語の壁を越えられるのか?(笑)

でも、あの時代がかった言い回しが吾郎くんにとても似合っていて、そこらへんを反芻したいからなぁ~。日本語Verがぜひぜひ読みたい。翻訳台本を売って欲しい!

って、話がそれましたが、以下は観劇のときの記録です。

続きを読む

プロフィール

moegi

Author:moegi
1994年の終わりごろ、好きだと自覚しました。以来、ひっそり、まったり、ファンを続けています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR