FC2ブログ

じゃんけんはカワイイをつくる

「SMAP GO!GO!」PRのため、「めざましテレビ」に吾郎くんと慎吾がご出演。

めっちゃかわいかった・・・!!!

朝から、かわいいかわいい連発。ふたりだけだと、慎吾も吾郎くんにやさしいよな(笑)。

ツーショットでなんかするたび、かーわーいーいーぃ!!!と身もだえてました。なんか、今日のふたり、ビジュアルが似てたよね。笑顔も似てた。兄弟みたいなかんじ。

吾郎「スマスマじゃないよ!SMAP GO!GO!だよ!!」

慎吾「10時からじゃないよ!7時からだよ!!」

が、なんかやけにツボにはいった。何回見ても笑える。

どこもかしこもかわいかった吾郎くんですが、トドメはじゃんけん!

めざましじゃんけん担当になり、じゃんけんしたあとに、照れまくってる吾郎くんのかわいさ・・・!!

じゃんけんしてかわいいって、何なん?もはやなにをしてもかわいいという状態の吾郎くん。

世界一かわいい39歳にちがいない(笑)。

こんなかわいいひとが存在する現実って、なんてすばらしいんだ。二次元じゃないんだよ?リアルにいるのよ、あのひと!すげーよ。

今夜7時には、スマスマじゃなくって、SMAP GO!GO!を見るために、テレビのまえに集合だ~!

スポンサーサイト



地域格差反対

今日、関東では明日の「SMAP GO GO」の直前SPがあったそうで。

その内容を知って、あまりのことに絶句しております。

ずーっとOAしていなかった未公開のビストロと、本物シェフから料理のレクチャーを受けるコーナーをやったらしいんですけど・・・。

えっ!?どういうこと、それ??

今それ放送したら、スマスマじゃもうやらない、よね?じゃあ、それ関東以外のひとは、一回も見られないってこと?

本放送だと、未公開と銘うっていっつも再放送ばっかりやるくせに、なんでこういうときに完全未公開よー!

しかも、スマスマって、関西テレビも制作に入ってるんじゃないの?関西やらんって、おかしいやろー!!(怒)

ゲストにも、シェフにも失礼だと思うわ。スマスマめ・・・。

そして、こういう時に限って、いつもよりもずっと見たい内容という・・・地域格差反対!!

あぁ・・・三ツ矢雄二さんに恋人選びで1位に選ばれる吾郎くんとか、苦手なパクチーのはいった料理を出され吾郎くんに「だいじょうぶ?」と顔をのぞきこまれる木村くんとか、見たかったよぉ~~~。

決めつけない

月刊TVnavi(11月号)、月刊TVfan(11月号)、月刊ザテレビジョン(11月号)を購入。

すべて木村くん表紙。本屋さんに、木村くんのファンだと思われるだろうな~と思いつつまとめ買い。

吾郎くん的には、naviが「おしん」についてインタビュー。

この記事がいちばん好きでした。どういうことでも決めつけない、吾郎くんの仕事にたいするスタンスがぎゅっと凝縮されている内容だったように思います。写真もかわいかった。

余韻にひたるのは、見ているほうだけでいい、っていうのが、いかにも吾郎くんだなぁってかんじ。切り替え上手!

あたらしいことに飛び込んでいく準備も覚悟も、いつでもできているんだなぁって思った。

そういう意味では、ファンのほうが、案外決めつけてるのかもね。こういう吾郎くんが好きとかってあるもん、やっぱり。今となっては楽しみだけど、さいしょは「おしん」?なんで??っていう気持ち、あったもん。

見たことのない、あたらしいじぶんをどんどん見つけていく吾郎くん。じぶん自身のことも決めつけていないからこそ、できるんだな、と思います。

あと、この記事は、ライターさんの吾郎くんへの対峙のしかたが好きだった。吾郎くんのすてきなぶぶんを引き出してくれたり、なにげない吾郎くんのことばを、こういうふうに受け止めてくれるひとがいるのがうれしかった。

fanは、「ゴロウ・デラックス」100回記念のインタビュー。

眼鏡ゴロウさん。インタビューはいいけど、写真がイケてないっす!というか、あの眼鏡自体がイケてない?もっと似合う眼鏡かけてー。

本を読むときに、共感なんかしなくてもいいと思う、と言う吾郎くんに非常に同感。共感できなくてもおもしろいものはおもしろい。

そういや、「ハピネス」読みましたけど、1ミリも共感しなかった!(笑)あれはほんとうに現代日本の話なのかと言いたくなるくらい、私にとっては別世界の話であった。でも、そういうことを知るおもしろさもあると思うし、そういう考えやそういう世界もあるという、あたらしい世界やじぶんとちがうものとの出会いがいくらでもあるのが読書のすばらしさだと思う。

吾郎くんは、じぶんとちがうことを否定しないひとなので、この番組で素でいられるんだと思うなー。番組が吾郎くんを大事にしてくれているから、気をゆるせる場であるというのもあるだろうけどね。

「ゴロデラ」はすごく吾郎くんの個性をいい方向に生かしてくれていて、ほんとうに感謝しています。このままずっと続いていってほしい!

月刊ジョンは、SMAPでの俳優業についての全員での座談会と、ランダムでツーショットメッセージ。

俳優としてのソロの仕事が、SMAPにかえってきたときにまた力になる、みたいな話でした。なぜ今更そんな話なのか謎(笑)。

ツーショットは、吾郎くんは中居くん、木村くんとそれぞれペア。

中居くんは、吾郎くんはどんな俳優ともかぶらない、個をもっててすばらしい、と案外ストレートなおことば。誰ともかぶらない個性、って中居くん本人が良しとすることだから、よく言ってるのかなぁって思う。

木村くんは、またしても「十三人の刺客」推し。あの役から、俳優としての幅も一気に広がったよね、だって。いろいろちゃんと見てくれてるって、受けとってよいのでしょうか?

中居くんとのツーショットはかわいいかんじ。木村くんとのツーショットはナチュラルなかんじ。

月曜日には、この5人で生ドラマをするということなので、俳優としてのSMAPを見せつけてきてほしいなと思います。

日本のうつくしさ

映画「おしん」の完成披露試写会の様子をWSで見ました。

試写を見た方より、登壇者全員和装だった、吾郎くんは羽織袴姿でうつくしかった、との事前の情報を得ていたので、もう昨日からテンションが暴騰していたんですが(笑)。

期待を裏切らないすてきな和装吾郎くんを見て、朝からしあわせでした。

和装の吾郎くんは、日本のうつくしさを体現してるな、って思います。

映画本編とはちがって、うるわしい若旦那様ってかんじ?(笑)このひと見たら、映画のなかの貧乏小作人は想像できないよね~。おそろしい。

本人のイメージ的にぜんぜん和風じゃないように思うのに、和装もすっごく似合うから吾郎くんって不思議。

それで、なぜかわからないけど、和装に色気を感じる。艶っぽいというか。

吾郎くんのインタビューはあんまり見られなくて残念だったけど、まぁ主演じゃないしそのへんは仕方ないかな。行った方のレポを読ませていただくと、吾郎くんがたいへん紳士かつプロフェッショナルかつナチュラルな様子だったので、かなり満足しました。

とりあえず、吾郎くんと上戸彩さんとここねちゃんとの親子スリーショット、にこにこ笑顔でいい雰囲気だった。かわいかった~。ちゃんと家族っぽかった!

あと、何気に泉ピン子さんと息があってる吾郎くんがおもしろかった。かなり前だけど、佐々木で「ぴったんこカンカン」に出たときに、案外合う?と思ったことを思い出しました。

私にとって、最大によかったのは、これを見て、映画「おしん」が楽しみになったことです。

ずっと、まぁ見るしかないかな~程度のテンションでしたが、俄然見たい度があがりました。

来月には、吾郎くんの役者魂と、ちいさな座長・ここねちゃんのがんばりを見届けに行きたいと思います!

刺激的な出会い

「ゴロウ・デラックス」が放送100回を迎えました。

おめでとうございます!!

放送のない地域のため、まれにしか見ていませんが、MCの吾郎くんや小島さん、ADの(笑)山田さんが、どんなゲストが来ても受け入れられる懐のひろーい番組になっているようで、いい番組にめぐりあったなぁととてもうれしく思っています。

この番組で出会う本も作家の方たちも、吾郎くんにとって刺激になると思うし、じぶんとはたとえ違ってもこんな世界があるということを知る機会になるよね。

読書大好きな私にとっては、最初はゲストの方が吾郎くんに会えてうらやましい番組でしたが、今となってはこんなに次々作家に会える吾郎くんがとてつもなくうらやましい。

作家とフツーにトークできる吾郎くんがある意味信じられませんが(笑)。作家の観察眼にさらされつつトークするなんて、精神がかなり消耗しそう。吾郎くんは見られること・評されることに慣れてるから、平気なのかなぁ?(笑)

100回SPのゲストは横尾忠則さん。

「稲垣芸術館」以来の再会なのかな?

本の装丁をまとめた本の紹介での、横尾さんのことばにぐっときました。

そうよー!紙の本じゃないと、そういう気持ちにはならないのよー!!

本も見た目重要なのよ。いくら内容がよくても、やっぱり装丁もすごく大事なのよ。

本が売れない時代なんだから、デザインというものの重要性を、もっとちゃんと考えたほうがいいと思うわ。だって、その表紙が欲しいから、紙の本を買うってひともいるわけでしょ?

横尾さんの作品は、美術館とかでわりと見る機会がありますけど、見ていて楽しいのがいいと思う。

なにこれ?でもなんかおもしろい。ってかんじで、心にひっかかるかんじ。

今日のじぶんに満足しないとか、瀬戸内寂聴さんがお話される横尾さん像もすっごくすてきでした。こういうお友達がいて、そういうふうにお話ししてくださると、やっぱり説得力がある。

有名人との交友録は、三島由紀夫の自画自賛っぷりが好きでした。さすが三島!

有名人と交友しているからすごい、ってことじゃなくて、そういうふうにおたがいに刺激をあたえあえる関係を築けることがすごいな、って思いました。

吾郎くんにも、いい出会いがたくさんあればいいな、と思います。

ごろうちゃんがころんだ!

ダルマサンガコロンダとかいうコーナーが始まったスマスマ。

期待値ゼロで見始めたのがよかったんでしょうか(笑)、案外楽しめました。

木村くん・吾郎くん・剛がゲストと密着ゲームみたいなかんじだったんですが、あんまりバラエティモードで盛り上げようとしないひとたちだから、まったり淡々とゲームがすすんでいっていて、それはそれでおもしろかったなー。

吾郎くんなんか、ほっとんどなにも発言しなかったけど、いちいちポーズがエロい。ビジュアルも無駄にうつくしい。そして、よつんばい吾郎くん・・・ちょー貴重ー!!

あと、なんか木村くんとフツーにくっついてるところはおもしろかった。さすが磁石(笑)。

最後、ダルマにタッチしたひとが勝利というところでは、いちばんを取りに来るにきまってる木村くんがどうやって来るのかなーとわくわくしてたら、予想以上におもしろい画になってて、よかったです。

そこで、『ころん』と音がしそうなかんじで転がってる吾郎くんをちゃんとうつしてくれたら、もっとよかったんだけどなー。激烈かわいいのに!惜しいぜっ!!

次回がもしあるなら、もっと密着するようなパネルの設定と、メンバー全員の参加をお願いしたいです。

代表作を選ぶなら

SMAP表紙・グラビアのTVガイド(2013.9.14→9.20)、ザテレビジョン(2013 No.37)を購入。

なんでなんにもないのに表紙?と疑問だったけど、ジョンはテレビ誌のほうの記念(31周年)であった。取り上げていただいて、ありがとうございます。

どちらも、この秋の俳優業について、みたいなインタビューでした。

ガイドのほうは、メンバーがひとりひとりの『代表作』を選ぶ、という企画をやっていました。

吾郎くんの代表作は、中居くんセレクション→「踊る大捜査線 歳末SP」、木村くんと慎吾→「十三人の刺客」、剛→「ヴァージニアウルフなんかこわくない?」、本人→「青春家族」だそうです。

「刺客」が出てくるのはすごくわかるんですが、木村くんの「ヤな殿様」という表現がなんか軽くて笑いました。作品の内容のところも、すっげーカジュアルに翻訳されていて、さすが木村くんだなぁっておもしろかった。慎吾は、「俺はこういう吾郎ちゃんをまえから知ってたぜ!」「これから出てくる新しい面も知ってるぜ!」となぜか自慢モードなのがこれまたおもしろかった。

剛のセレクションは、はじめ見たとき意外だった。でもたしか、3回見に来てくれたんだったよね、この作品。ほんとうに好きだったんだろうなぁ、この舞台。私も今の吾郎くんで見てみたいわー。

中居くんのは全体的に昔の作品が多かったので・・・あの時期だったら、これがインパクトあったよね。

挙げている作品を見ると、木村くんと剛が王道なかんじで、中居くんと吾郎くんと慎吾がじぶんの思い入れで選んでるかんじ。そのなかで、中居くんは若い時代推し、吾郎くんは映画推し、剛は舞台推しってかんじかな~。

ガイドさんが募集していたので、メンバー代表作をずーっと考えていたんだけど、なかなか絞れない。しかも、ドラマと映画と舞台をぜんぶあわせて選ぶなんて、なんという無茶を言うんだってかんじ。

こう考えると、やっぱじぶんの思い入れで選ぶのがいいのかもねー。

中居くんの言うとおり、代表作は”次回作”であってほしいもんね。(←これ、某監督のパクリだけどね(笑))

続きを読む

愛さずにいられない

シングル50曲ノンストップLIVEだったスマスマ。

テレビの前でリアルタイムで見て、見終わって・・・

もうただただ感動

SMAPありがとうー!SMAP最高ー!!吾郎くん大好きぃー!!!

大声で叫びたかった(笑)。吾郎くんのことばどおり、SMAPに酔いしれました。

デビュー作から順番にうたって踊っていって、最新曲で終わるというながれで、あ~あのときこうだったな~、あ~このときこうだったな~、とほんとうに思い出よみがえりまくりで、やっぱり私の人生はSMAPとともにある、と再認識しました。

しっかし、最初のほう、十代のころのわっかい曲と振りつけを、アラフォーになってまたやる羽目になるとはまさか思わなかっただろうな~と思ったら、見ていて笑えました。もちろん、かわいかったけどね!

6人時代の曲のときは、森くんの場所がちゃんとあいている気がしたなぁ。3-3でやってた振りとかあったもんね。森くんの写真がバックにうつって、ちゃんと当時のSMAPになっている画があったのに、じぃーんとしました。

94年秋ごろ吾郎くんを好きになった私ですが、やっぱり「がんばりましょう」の存在もすごく大きかったんだろうなぁってあらためて感じました。このうた大好き。いい曲だと今でも思ってる。

さいしょから、吾郎くんの体力はまったく心配していなかったけど、それにしても元気だったね。というか、波がないんだよね、あれ。全体として、おなじようにパフォーマンスできる体力があるんだと思う。

途中の曲で、笑顔で走り出した吾郎くんにけっこうびっくりしたもん。ほかのメンバー歩いてるし(笑)。

心配していたほうのメンバー様も、地獄の一丁目に足を突っ込みながらも(笑)、生還してくださったし、よかったよかった。

木村くんは、客前だから大丈夫と思ってたけど、予想以上に仕上げてきて、やっぱさすがだなぁって感心。

「友だちへ」で、思いっきり吾郎くんにくっついてきていた木村くん。すんごい美しいツーショットだったけど・・・なんであんなに密着していたの?謎だ。「君が必要さ」だから?(笑)

「Joy!!」での「息抜きすらままならなぁーい」では今回は見つめあっていらっしゃった・・・。息抜き、今まさにしてるよね!!みたいな(笑)。

「BANG!BANG!バカンス」の記念写真のときに、中居くんの肩をぽんっとたたいてた吾郎くんがいとかわゆし。「Joy!!」のイントロのところでなんか笑いあってる吾郎くんと中居くんも好きー。

吾郎くんが終始にこにこ笑顔でかわいく、そして後半汗だくになるにつれ、色気があふれていて、くらくらしました。あれって、汗じゃなくて、色気がしたたってんじゃね?と言いたくなるセクシーさ。

くるんくるんになる濡れ髪のエロいことといったら・・・!

疲れてくるにしたがって、どんどん若くうつくしく、色気があふれていく吾郎くん。

きらきらの星の背景を背負ったときには、吾郎くん、マジ天使・・・!と木村くん化する私(笑)。

ロングジャケットの衣装も激烈お似合いでした。足をひろげて立つポーズになると、足の細さ長さ、シルエットのうつくしさが際立つ。スタイル良いわ~。ほれぼれ。

まったく衣装をゆるめず、かっちりと着こんだまま最後までいらっしゃいましたが、それでもあの色気・・・おそろしい・・・。『見せない』色気第一人者かなんかになるつもりか?(笑)

とにかく、文句なく楽しかったです。音楽のちからすごい!

そしてやっぱり”今”の吾郎くんが、SMAPが、いちばんすごくて、いちばん素敵だとやっぱり思った。

デビュー曲のタイトルどおり、愛さずにはいられない。示唆的な歌詞のデビュー曲だと今になって思う。

ずっと”今”大好きでいさせてくれて、ありがとう。

これを通過点にして、ずっとずっと前へ進んでいってください!!

祝22周年

本日、SMAPデビュー記念日。22周年おめでとうございます!

変わりながら、変わらずいられる。

そんなSMAPが大好きです。

私が彼らを好きになった”あのころ”には、想像もしなかった未来が今あることが、奇跡のようです。

SMAPには、まさかと思うようなことを、どんどん現実に変えていってほしい。

SMAPがずっと続いていくだろうと、信じられることも、とてもうれしいです。

どんな映画やドラマよりも、ドラマチック人生なSMAPさんたちには、この先もドラマがたくさん待ち受けているのかもしれませんが、5人なら、どんなドラマも受け止められるはず!

そしてずっと、今がいちばんイイって、思わせてほしい。魅力に圧倒され、打ちのめされたい。

とりあえず今日のスマスマのライブには、全力で期待してますから!

SMAPの全力、来ーい!!

端と端の距離

最終回2時間生放送スペシャルだった「火曜曲!」。

SMAPさんはオープニングにご登場。緑のトレンチコート姿で現れた吾郎くんに、

もう秋冬モードに突入している・・・!

と戦慄が走る(笑)。いや、すごいお似合いなんですけど、9月になったばかりなのに、もうコート!?っていうね・・・。

うたって踊ったら、シャツがパンツから飛び出してしまう安定の吾郎ちゃん(笑)。ほかのメンバーがトークしているあいだじゅう、身づくろいに熱中していて、すっげー笑えた。

そして、中居くんが吾郎くんに振るのをスルーしようとすると、「僕にも振ってよ!」と、さくっと反撃する吾郎くん。

「緑でおそろいだね!」「今日もがんばろうね!」

と、やけに積極的。そして、さらっと中居くんをハグしたー!!

きゃぁ~~~!!!!

端と端との距離をものともしない男。だれとでも距離感ゼロが可能な男。

さすがだ、稲垣吾郎!!

中居くんがまんざらでもないかんじなのが、また良し。”最終兵器”のデキるお仕事っぷりに満足していただけたのではないでしょうか?(笑)

オープニングで満足感いっぱい。はぁ~生放送最高っすー。

吾郎くんが目の前を横切った瞬間から、中居くんとのハグにいたるまで、目線をそらしている木村くんがしっかりうつっているのもすばらしかった。なかなかやるな、火曜曲カメラ。

さいご、キラキラ紙吹雪が髪の毛についている吾郎くんも、いかにも吾郎くんでかわいかったなー。

きっと、あれは放送終了後に木村くんがとってくれたにちがいない(笑)。

今回で「火曜曲!」が最終回ということでしたが、中居くん長い間お疲れさまでした。

なんだかんだいって歌番組の存在は貴重なので、また、べつの形で戻ってきてくれるといいな、と思います。

プロフィール

moegi

Author:moegi
1994年の終わりごろ、好きだと自覚しました。以来、ひっそり、まったり、ファンを続けています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR