FC2ブログ

一撃必中

思わぬところに、大ツボが落ちてきたスマスマ。

テニスコーナーがあんなにツボるとは、まったく予想しませんでした。

木村くんがゲストサイドに行って、4人SMAPになったらぎゅうぎゅうに固まってて、それだけで、きゃー、かーわいいー、ってなってたんだけど・・・

注意が必要なのは中居だけ、みたいに木村くんが言ったあと、事件は起こった!

「そんな風に思ってたのぉ?木村くぅん」

ごろう は すね た かお で きむら を こうげき した !

きむら は たえきれ ず くずれおち た !

思わずゲーム調になるわたくし(笑)。だって、あれなんか、二次元ぽくない?

最強負けず嫌い木村さんを、拗ね技であっさり倒す吾郎さん(笑)。木村くん、ぐうの音も出ない、みたいな。うろうろ歩き回っちゃってるし。

吾郎くんのたらし技が高度すぎる!あの拗ねかた、言いかた、表情のなんと絶妙なこと!!おそろしーい!!!

あーもうこのくだり最高。

テニス本編はまぁ・・・予想通りというかんじで。SMAPチームのみなさんが、ベンチでもくっついて座っていて、楽しそうだったので、それだけでじゅうぶんです。

懺悔シャンプーは、なにげにおいしかったよなー。お祈りポーズもかわいいし、吾郎くんのシャンプー姿なんて、めっちゃめちゃレア映像じゃん。今後、二度と見られない可能性もあるわけで(←不吉な予想?(笑))、そういう意味では負けてよかったのかも。

あと、今回も「シャレオツ」が最っ高にカッコよかったです。

吾郎くんのジャケットひるがえし最強。「シャレオツ」ソロパートでのアップが、壮絶にうつくしい!

スマスマのうたコーナーレベル高いわー。すばらしいわ。

今後も、これでもか!というくらい、カッコイイ「シャレオツ」で攻めてきてもらいたいです。

スポンサーサイト

どこにでも合う

「ベストヒット歌謡祭」にSMAPご出演。

大阪城ホールから生中継の番組なんだけど、SMAPは浅草・浅草寺から生中継。

訳わからん・・・(笑)と思ったけど、どこにでもあう「Joy!!」の底力発揮。商店街の皆さまだの、ダンサーがどんどこ増えていくのだの、もろもろのみこんで、なんかすっげー楽しいー!!な空間を生み出しておられました。

「Joy!!」まじすげーぜ。感動だぜ。

そんななか、吾郎くんと顔を見合わせて、すっごくうれしそうに笑う木村くんが印象的であった。いつものことだけど!(笑)

あと、吾郎くんが立ち位置まちがえたあと、ふっつーに移動していくのはおもしろかった。ハプニングにも、平常心・・・!(笑)

この曲、吾郎くんがいっつもきらきらにこにこ笑顔だから、余計に好きだ。やっぱり好きなひとが笑っているのを見るのは楽しいし、しあわせ。

あと、「シャレオツ」も生で披露。「ミヤネ屋」で約束した剛”大阪城”の特別バージョンでした。あれをちゃんとやる剛えらいよ!笑ったよー。

そんなお遊びが入っていてもやっぱりカッコイイとしかいいようのない、この「シャレオツ」。

大サビでの木村くんの「シャレオツ」のところの吾郎くんとのツーショットに打ち抜かれました。うつくしいわ~~。

これから年末にかけて、ばんばんうたっていってくれるよね?すっごい楽しみ。あ、「ハロー」も忘れずにどこかでやってねー!

心をあたためるもの

ポポロ(2014 Jan)購入。

吾郎くんの記事が4ページ。グラビアが猫×吾郎で、超テンションあがる。かーわーいーいー!

猫ちゃんとごろちゃんの写真大好きー。鉄板のラブリーさ!

そして、吾郎くんの猫愛はすごく感じるんだけど、猫には迷惑そうにされているのもまた良し(笑)。いっつもそうだよね、なんか。猫をうまく写真にうつさせようとするあまり、猫には嫌がられているこのかんじが、猫好きなひとだなぁって思う。

猫を見てるときの吾郎くんのやさしーい顔が好き。好きなものに相対しているときの、ナチュラルな表情がとってもかわいい。

好きなものは、心をあたためる・・・ほんとうにそうだと思います。

インタビュー自体はまあ、そんな耳新しい話もなく・・・予想より、ゴルフをしていないんだなぁって思ったくらいですかね。先月1年ぶりにコースに出たと言ってて、じゃあ、雑誌のインタビューのたびに木村くんがあんなに誘いまくっていたのに、まだふたりで行けてないってことなのかな?(さすがにドラマ撮影中はコースは無理だよね?)

メンバーの”シャレオツ”なところを語ってるのは興味深かったです。身近なひとじゃないと感じられないことばかりなのが良い。慎吾のダンディなところ、見てみたいわ~。

こういうちょっとしたことでも、吾郎くん独自の視点が感じられてうれしい。なにげないことだけど、それをそのひとの”シャレオツ”と捉えらるのがすてきだなーって思います。

シャレオツ!

新曲「シャレオツ」が初披露されたスマスマ。

うっかりうたコーナーを先に見たら、そこからまったく抜け出せなかったのですが(笑)、ようやく全編見ました。

全体的に楽しいスマスマだったけど、今回はなんといっても「シャレオツ」!

曲は剛のドラマで聞いていたけど、パフォーマンスがつくと、めちゃめちゃイイ!!さすが、魅せて楽しませるプロだ!化けたわ~。

振りつけもすてきですね。ジャケットをひるがえす振りとか、ぴたっと止まるポージングとか、吾郎くんにぴったりじゃん!きゃーきゃー言いながら見ちゃった。体のラインの綺麗さが際立っていて、うっとりです。

大人の男性だからうたえる、今のSMAPにちゃんと合っている内容というのがまた、すばらしい。

全員「シャレオツ」ってうたうパートがあって、みんなちがうのがおもしろいよね。吾郎くんの「シャレオツ」はあっまーい声。

とにかく、何回見ても見あきないかっこよさ。こういうSMAPを待っていた!

EDトークで、広報担当の吾郎くんに解説していただいたこともあり、俄然購入意欲が高まったので、CD初回3種を予約してやったぜ!(笑)

続きを読む

想像させる余地

「桜、ふたたびの加奈子」Blu-rayを購入しました。

特典映像を見ましたが、メイキングとシーンコメンタリーが、すばらしく見ごたえがあります。

この映画にたずさわったひとたちの思いが、メイキングからつたわってきます。いいものをつくろう、という気持ちで、キャストもスタッフも作品づくりをしていることがよくわかって、その立場立場でのプロフェッショナルが集まっているんだなぁと、しみじみと感じました。

なんかね、メイキング見ているだけでちょっと泣けてくる。映画本編思い出すからかしら。

俳優さんたちの『お芝居のプロ』な様子も垣間見られて、大変興味深かったです。撮影現場での吾郎くん、貴重だよね。真摯に仕事をしている横顔、とてもすてきでした。

あと、「子役とのお芝居は大変だった」という広末さんのお話が、このメイキングでもコメンタリーでも、すっごく納得できます(笑)。あの状態でなんとかなったのがすごすぎるわ~。

コメンタリーは、どちらのVerも良いです。それぞれの立場でお話されているので、相手のことに言及されることもあるし、じぶんはこうだったという思いもそれぞれにあって、どちらのお話も聞きごたえがあります。

しっかし、コメンタリー映像の吾郎くんの信樹役とまったくちがうビジュアル・・・そりゃ~、普通に見せるのに苦労するわー、このひと。座ってしゃべっている映像なのに、足なっがー!ほっそー!!と、とりあえず思います(笑)。

広末さんも、吾郎くんも、監督といろいろふかいお話をされているんですが、ふたりともじぶんの思いをつたえるのがうまいな、と感心しました。それでいて、こういうふうに見て欲しいとかじゃなくて、個人的にはこう感じたっていうところで話しているのがとてもいいと思った。

映画自体もそうだけど、決めつけない、押しつけがましくない。

すべて説明せず想像する余地をのこす、考えさせるきっかけをつくる・・・そういうふうにつくられた映画だったのかな、と思います。

今まで『見たことのない映画』をつくろうという意図があったのなら、それは成功していると思う。

吾郎くんが、この映画にかかわれて良かったなと、そう思わせてくれました。

つぎは、映画本編もじっくり楽しみたいと思います。

ErucA到来

待たされ続けてはや1か月。ついについについにー!関西でもErucAのCMのOAが始まりましたー!!どんだけ焦らしたんだよー。なにプレイだよー、もう。

朝、「めざましテレビ」で目撃したとき、うれしくてうれしくて、みんなに触れまわりたいくらいだったわ(笑)。

めざましは、タイムスタンプありだったので、午後からのローカル番組とドラマの再放送を録画してみましたら、どちらともで2回ずつErucA流れました。とりあえず、商店街走るVer.の捕獲成功。やったー!

それにしても、すごく印象に残るCMで、探すのにまったく苦労しませんでした。バスローブの見た目のインパクトおおきいわー。

あと、声がすごくイイ!これ、吾郎くんの声にうっとりできるCMでもあると思う。セリフの言い方も、ナレーションの言い方も好き。

「シャワー浴びようか」「髪洗ってあげるよ」「まだオイルシャンプーにしないなんて」

すっごく耳に残るわ・・・うっとり~。

しっかし、女のひととワイン飲んでて、シャワーあびようか?って・・・さらに、いっしょにはいって髪洗ってあげるよ、って!あれをしれっと通すことのできる吾郎さん、すてきすぎ(笑)。エロいのはエロいんだけど、下品には感じないのがさすがだと思います。

別Ver.のCMも早く見たいわー。こちらは、「いいかげんオイルシャンプーにしたら?」と上から発言なのがすっごーく大好き。「します!」と即答するくらいの、ひれふしたくなる吾郎さん。

それにしても、テレビでなにげなくCM見るとほんとうにうれしい。吾郎くんのキャラを活かしたCMをつくってくださったのも感動。とにかく、ありがとう!という気持ちです。

映画を語ろう

ハリウッド俳優をゲストにお迎えしたビストロ2本立てだったスマスマ。

おひとり目は、トム・ハンクスさん。

なぜか、いきなりからまれる吾郎くん(笑)。「おひさしぶりです!」と、95年に対談した話を出して対抗してたのは、うまいなぁと思いました。しかも、「いつか、君がすばらしい俳優になったら、10年後20年後に再会しよう」と言ってくださったことが、今実現したという、なんかいいかんじの流れに!すごいわ吾郎くん。

対談かぁ。どんな記事だったんだろ?当時それを本人が話しているのはきいたけど、掲載紙を見つけることができなかった、かなしい思い出・・・。ネットがなかった時代の話です。←すごい昔ってかんじ(笑)

”映画評論家”として、なめらか~に語る吾郎くんがすてきでした。私も「キャスト・アウェイ」は好きー。映画館で見たわ。

「グリーン・マイル」はスティーブン・キングの原作のほうがイメージがつよい。映画も見たけど。それより、かつて『木村ジャイアン裁判』でDVDの行方が問題になってたのが忘れがたい(笑)。今も木村くん、持ってるのかな?

木村くんが吾郎くんに向かって、「ユー・ガット・メールもいいよな?」とあの場でさえ、ふたりで話してるかんじなのが、いかにも木村くんであった。たしかに、あれは『軽いかんじ』だ(笑)。

木村くんはなんかトム・ハンクスに思い入れあったんでしょうか?勝ってやけに喜んでたけど。吾郎くんとの勝利のハイタッチが、最終的に両手で握るバージョンになってたのが、私の目を大変引いてました。

おふたり目は、ロバート・デ・ニーロさん。

バラエティに出てくれるんだ・・・!という衝撃。スマスマすげー。

やはり、デ・ニーロのほうはバラエティ色薄めでしたが、映画の話をたくさんしていたので、そこは楽しかったです。

ここでも、”映画評論家”な吾郎さん。スマステでも、こういう普通なテンションで映画語らせてほしいよなぁ。的確で見たくなるコメントじゃない?ちゃんと。

それにしても、知らない映画がたくさん・・・。デ・ニーロはあんまり私の守備範囲にはいってない模様。

でも、ananで吾郎くんもお勧めしていたし、「マラヴィータ」は見てみたいと思いました。

せっかく、映画にまつわるゲストが2組だったんだから、映画をあつかっているドラマの主題歌である「シャレオツ」で最後締めればよかったのにね。新曲いつやるんだろ?はやく見たいわー。

お誕生日おめでとう

木村拓哉さま

41歳のお誕生日おめでとうございます。

すこし前の番組で、木村くんがSMAPの話をしたり、『キムタク』であることを受け入れているのを見て、ぜんぜん変わらないと思ってたけど、木村くんも変わったんだね、と感じました。

SMAPであることも、キムタクであることも受け入れた木村くんを見て、年を重ねて、いろんな経験をしたからこそ、ここまで来れたのかなぁって思ったりします。

最近の木村くんの話題になりっぷりには、『木村拓哉』であることの大変さを如実にあらわしていて、おののくばかりです。注目のされ方がけた違いでこわい。

的外れなネガを、もうそんなにまともに受け取ることもないだろうけど、いつでも、ファンやメンバーが木村くんサイドにいることを、ちからにしてくれるといいな、と思います。

木村くん本人は、まっすぐだし、全力だし、仕事に妥協のないひとだと、私は信頼しています。

まわりのひとに惜しみなく愛情をそそげる木村くんは、まわりからも愛されるひとだと思うよ。

木村くんが、吾郎くんと話している時のうれしそうな、目じりのさがったやさしい笑顔が大好きです。

いつもおなじ、ちっかーい距離感で(笑)、これからも刺激しあったり、癒し癒される、かけがえのない関係でいてください。

また、仕事が落ち着いたら、ゴルフにでも行って息抜きして、事細かに報告してほしいです。あ、今日のラジオで吾郎くんが話していた誕生日プレゼントをほんとうにもらったら、それも聞きたい!

すてきな一年になりますように。

ビビッドな演じ方

「TAKE FIVE」のBlu-ray BOXを買いました。

本編はわりと最近見返していたので、特典映像のみチェックしたのですが・・・うーん、期待したほどの特典じゃなかったですね。残念。

特典の収録時間はけっこう長いんだけど、心にぐっと来るぶぶんが少ない。(ないとは言いません)

メイキング映像も私が求めているものとはちがう!HPで毎回やっていた現場レポートの映像ありバージョンみたいなのが良かったなぁ。ああいう内容になるもんだとばかり思ってたから、すごく楽しみにしていたのにぃ。

もちろん、岩月さんな吾郎くんは、大変うるわしくて、眼鏡が青くきらーんと光っていて、めちゃめちゃすてきなので、買ったこと自体にはまったく後悔はありません。

クールビューティで大人かわいい岩月さん最強で最高。大好き。

個別インタビュー集のことば、ドラマがはじまるときにHPに載っていたものの、本人が話しているバージョンですよね。”5人組”に対する思い、役への向き合い方など、文章だけでも読み応えがあったけど、話している表情や声がついているとよりいっそう、吾郎くんの思いがつたわってきて、いいインタビューだなと感じました。

ビビッドなキャラクタ色を出していく、岩月にはどこか謎めいたぶぶんを残したいという吾郎くんの意図は、完全に達成されたよなー、と見ながら思っていました。

特典が残念でも、作品のなかの岩月櫂がそこなわれることはまったくないので、今後は本編のほうを重点的に楽しみたいと思います。

ちがうふたり

今週のストスマ。

EeucAのCMの裏話のこととか、慎吾の本が出ることから吾郎くんの本は?という話とか、とっても聞きたい話題を振られていたのにもかかわらず、まったく聞かれたことにまともに答えてくれない安定の吾郎さん。

いろいろ話してはくれているんだけど、聞きたいことはそれと、ちーがーうー!!っていうね。

基本的に、聞かれたことじゃなくて、話してもいいと思うことしか話さないよね、吾郎くん。

芸能マスコミを長年相手取ってきただけのことはあるぜ・・・とスルースキルに感心しつつも、もうちょっとファンサービスしてくれてもよくってよ、って思わなくもない。

慎吾の本のことを話している時に、15年間で服をぜんぜん捨ててないってこと?と驚いていて、なぜそこに注目?!いつもはどこにしまってるの?とか、おもしろい視点だよね。

じぶんは15カ月でも捨てるときは捨てる、って言ってて、まったくちがうってところが印象的だったのかな?

この本についてはとにかくうらやましいことばかりで・・・吾郎くんがおなじようなコンセプトで本出してくれたら、狂喜乱舞してただろうと思うわ。今からでも本気出せば、40歳の誕生日に本出すの間にあうのに!と思わずにはいられません。39歳でサンキューゴローで良かったのにね~。

慎吾のファンが求めるものをサービスするすばらしさを、吾郎くんにちょっとわけて欲しいわ。

役柄についても、性格についても、ぜんぜんちがう~という話をしてたけど、ファンサービスについても、ぜんぜんちがうふたりだなぁってかんじ。

それでも、感性は似てたりするから、おもしろいんだけどね。

慎吾の本の出版時には、ほんとにゴロデラに来て欲しいです。小島さんのまえで、どんなかんじのトークになるのか、すごく見てみたいな。

昼下がりの朗読会

dropという新商品の発表会に、吾郎くんが内田恭子さんとご登場。

「めざましテレビ」「ひるおび」でちょこっとその映像を見ることができました。

dropでじぶんのドリンクをつくって乾杯して、そのあと、山崎ナオコーラさん書きおろし小説の朗読会になったらしいのですが、吾郎くんが読む朗読会・・・聞けたひと、ちょーうらやましいぃ~~!!!

椅子にすわって足を組んでいる姿、朗読している吾郎くんの目をふせた顔、あまくひくくひびく声。

すばらしくすてき。心地よい空間でした。

ほれぼれしてしまうんだけど・・・映像短いっす。もっと見たかったー。朗読会DVDプレゼントとかしてくれないかなぁ?

朗読会って、しっとりと大人な雰囲気で、とても吾郎くんにぴったりなイベントだなぁと感じました。

そういうお仕事を、ちゃんと見てみたいな。古典とか読んでほしい!クジェムスキー様みたいなやつ!!

朗読したあとに、緊張して汗びっしょり!と内田さんとふたりで、手をみせながら笑顔で言ってるのはかわいかったです。

それにしても、朗読よりなにより、dropで飲みものをつくっているときの吾郎くんのぎこちなさ・・・どきどきしたわー。めっちゃ気になって、かまってしまうひとたちの気持ちがよーくわかりました。

じぶんらしさ

中田ヤスタカさんを講師に、メンバーが作曲に挑戦したスマスマ。

スマ進ってほんとに個性がはっきりでるコーナーですね。なにをつくっても、ちゃんとじぶんらしさが出せるってところが、SMAPのすごさなのかも?

今回も非常にそれぞれ”らしい”なぁって思わせる作品でした。吾郎くんのメロディは、シンプルで端正なイメージ。ストレートに、素直につくってるかんじがする。

それぞれ枠のなかで遊んでいたりひねっていたりするなか、剛の枠にとらわれない、自由な発想が大変印象的でした。あれが出てくるのがすごい。あれを出せる剛が好きー!

最優秀に選ばれたのは慎吾の作品。妥当な選択をする中田さんに、このひと、チャレンジャーじゃないんだなぁって思いました(笑)。まぁ、アレンジ前提だからかなぁ?完成作品が楽しみです。

うたコーナーは、海上自衛隊の音楽隊がご登場。あの“歌姫”って、ベビスマで合コンしたひとだよね?

フォーマルに身をつつんだ吾郎くんと慎吾のツーショットのうつくしいこと・・・!吾郎くんがああいう格好がナチュラルに似合うのは言うまでもありませんが、慎吾もすてきだったわ~。慎吾は体格的にフォーマル映えるよね。

ビジュアル的にも、歌声も、綺麗でした。うっとりしまくりの時間でした。

続きを読む

うたわない歌番組

「FNS名曲の祭典」録画でざっくりと見ました。

私、けっこうターゲット年齢層だと思うんだけど(SMAPさんと同世代です)、”秘蔵映像”の数々をまったくもって楽しめませんでした。なつかしい気持ちなぶぶんは多少あれど、この番組と趣味合わないなーって思うだけの時間であった。

SMAPぶぶんは、案外わちゃわちゃしてて良かったけどね。個人個人で”共演集”をつくってもらうという、特別扱いもあったし。

すっごい恥ずかしがっている吾郎くん、いとかわゆし。ごろちゃんのぼやきを拾って暴露してくれた慎吾ナイス!そして、吾郎くんのVTRを見てる木村くんの笑顔をガン見する私(笑)。

吾郎くんの共演集は、「This is love」「抱きしめたい」「もっともっと」「あの素晴しい愛をもう一度」の4曲。

小林武史さんとの「抱きしめたい」はぜひ見たかったので、出してきてくれてうれしかったです。今見てもやっぱりいい。すてきだ。小林さん好きなので、コラボしてくれてとても感激したことを思い出しました。

欲を言えば、「LOVELOVEあいしてる」でやった「それはただの気分さ」も見たかったなー。篠原ともえさんとうたったやつ。

見たことのない映像はなかったけど、昔のはぜんぶビデオ録画なんで、貴重映像ではありましたね。なつかしくなって、「This is love」うたった「堂本兄弟」見なおしちゃった。

しかし、尾崎豊さんへの振りは、いったいなんだったんでしょう?(笑)困っちゃった吾郎くんをイジる中居くんや、端から手をあげて助け舟出す木村くんが見れておいしかったけど・・・吾郎くん自身がすごく好きだったというわけじゃないから、ああなっちゃったのかな?

SMAPは、グループとしては特集されることはなく、主題歌特集とか、オリコン1位曲とかいうくくりのなかでときどき登場。&Gの「Wonderful Life」も主題歌特集でやってくれていました。

全編映像を振り返って、それを見てゲストがトークするというもので、せっかくゲストに歌手呼んでいるのに、1曲もうたわないという。ありえない歌番組だったなー。

フォーマルな格好で座っているSMAPさんはすてきでしたけど、ただ座らせておくのはもったいなすぎるでしょ。

BGMとしてながら見するくらいならいいけど、まともに見ると退屈であったよ・・・。

運命的な季節

残量30分以下のHDDちゃんの容量をあけるため、ダビング作業中。今日のFNS分確保のため今日作業する、ダメダメなわたくし。

レコーダには、春頃からスマスマがそのまま残っていた(笑)。春に、5人旅をなんかあったら困る!と速攻ダビって、そのあとそのまま放置してたらしい。

もう、スマスマ占い企画で言われていた、『吾郎くんが運命的なひとに出会う季節』になってしまっているじゃありませんか。

仕事がらみでの出会いという話だったので、あたらしいお仕事情報はやく来ーい!

あと、ErucAのCMもはやくテレビで見たーい!!

公式HPで公開されているCMを見倒してはいるものの、テレビで何気なく見たいじゃん。日常のなかで、吾郎くんの声に、はっと振りむきたい。

『シャワールームの出来事』をお茶の間で堂々と流せるアイドルは、なかなかいないよ?

CMももちろん見たいけど、雑誌とか紙媒体にも載ってくるといいなぁって思ってます。ananに広告出してくれないかなー。そしたらためらわずにanan買えるんだけどなぁ。

リニューアルされ毎週連載になったシネマナビが、半ページになり、あのすてき写真がなくなったことに、心底がっかりしております。ananの写真大好きでたまらなかったのにぃ~。泣くわ。

スマステのほうがよいリニューアルをしてくれることを願うばかりだ・・・今日からですね、ムービージャッジ。楽しめるコーナーでありますように!

プロフィール

moegi

Author:moegi
1994年の終わりごろ、好きだと自覚しました。以来、ひっそり、まったり、ファンを続けています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR