FC2ブログ

いつものふたり

まったく予想していなかった展開に、呆然とするしかなかったスマスマ。

今回、すこし時間が長いSPで、内容的にSP感ないのになぜ?と(失礼ながら)思っていたんだけど、なんというか・・・これ、キムゴロSP?(笑)

途中から見たんだけど、テレビつけた瞬間、ビストロ衣装の吾郎くんと木村くんが、ふたりでツーショット自撮り写メ撮ってて、

はぁ????

ってなったよね。

ナチュラルにくっついて腕まわしやがって・・・あのひとたち、ツーショ撮り慣れてる感がすごいんですけど、気のせい?(笑)

ツーショに、きゃぁ~~~~!!!!となってたのですが、そのあと、吾郎くんと女の子のツーショのうしろにうつりこむ木村くんには大変ウケました。かーわーいーいー!

そうだよね~、俺の目の前で吾郎とツーショ撮るなんて許さん、ツーショ撮っていいのは俺だけ!ってことだよねー。

そのあと、剛のギター弾き語りをえっらいくっついて聞いていたキムゴロさん。ゼロ距離が、ふたりのいつもの距離感だよね。なぜあんなに空間があるのに、あんなにくっつく必要があるのか?

ビストロでもじゅうぶんすごかったキムゴロさんですが、うたコーナーでトドメをさしてきました。

どぶろっくと「もしかしてだけど」をコラボしていて、ロックっぽくて案外かっこいいなぁ、吾郎くんのソロ、ロックな曲も見てみたいなーなどと思いつつ見ていたのですが。

吾郎くんが目を閉じて、木村くんにもたれかかりながら、

「木村に抱かれたい」

と、感情たっぷりにシャウトなさいまして、思わずフリーズする私。

えっと、えっと・・・今の何?これって現実??

そして木村くんは、舌出しドヤ顔。

私たちは今、なにを見せつけられたのかしら?

もう、ここまで来ると、きゃー!とか、ぎゃー!とかじゃなくて、絶句、呆然・・・っていうね(笑)。

2回目以降見たときに、きゃーきゃー言いましたけどねー。

このあいだの吾郎くんのラジオといい、なんかよくわからんけど、今ふたりはアツいんだな・・・と思ったのでした。

スポンサーサイト



ぜったいに負けない戦い

今週のストスマ。

今までにやった役柄のお話や舞台のお話も興味深かったですけど、そのあとの衝撃がすべてをふっとばしてしまいました。

『木村くんの髪型総選挙をしていますが、吾郎さんはどんな髪型の木村くんが好きですか?』の振りに、これでもかっ!というくらい、怒涛の語りをくりひろげる吾郎くん。

異様な記憶力を駆使し、事細かにアツく語っていて、よくそれだけすらすら出てくるなぁとヘンに感心。

やっぱ、好きなひとのことは、よく覚えてるんですかねー?(笑)

木村くんのファンに負ける気がしない!なぜなら、僕はいちばんちかくにいるから!!

と、木村ファンにケンカを売る稲垣さん。

吾郎くんが、ぜったいに、ファンに負けるわけないの、あたり前やしー!!(笑)

僕も木村拓哉ファンですから!ときっぱり言ってたけど、べつに、『ファンのいちばん』にならなくても、ふつうに木村くんの親しいひとランキングでトップ狙えるやろ、ってかんじがするんですが。

ファンと張り合う気持ちがよくわからん。おもしろいけど(笑)。

ちなみに、吾郎くんのお気に入りの木村くんの髪型は、ミディアムがいい、みじかく切って伸びてきたくらいのが好き、たとえるなら僕みたいな髪型、だそうです。でも、本人は、このくらいの長さは中途半端って思うんじゃない?好きじゃないと思う、とえっらい細かい心理分析つき。

私も、木村くんはミディアムが好きだけど、吾郎くんが言っているようなかんじじゃなくって、全体的にミディアムなかんじが好きかな。「ヤマト」とか、みんなでNY行ったときのスタイル。

吾郎くん、アツく語ったあとに、これ木村くんが聞いたらおもしろいだろうね~、とリスナーに木村くんに知らせろという指令を出していましたが、ほんとうにこのまま聞いてほしいわ。木村くんのリアクションが知りたいわー。

ところで、吾郎くんはじぶんだったら、髪型総選挙できない、だって総辞職しないもん、って言ってたのがすごいツボりました。

髪型で”総辞職”って・・・ウケたわ(笑)。総選挙で総辞職、ってすぐ出てくるところがさすがだ!

吾郎くんの髪型総選挙するなら、私は、くるくるふわふわ推しです。ぜったいにこれ!!

くるくるじゃない時期だと、みじかめのほうが断然好きだということに、最近気づきました。だから、今の髪、あんまり好きじゃない。

慎吾がドラマでくるくる頭にするみたいだから、吾郎くんもくるくるにして、おそろいにしてくれないかなぁ。くるくるなふたりが、並んだところが見られたらいいな、と思っています。

声が聞こえるよう

TVガイド(2014.2.22→2.28)購入。

スマスマ新聞の『メンバー直撃85問85答』企画が、吾郎くん回だったのですが、2ページのなかにぎっしりつまった回答の濃さに、さすが吾郎くん!と感心。吾郎くんのインタビュー、情報量が多くて好き。

ガイドさん公式twitterによると、鉛筆持ってるのはイメージカットで、話して回答してくれたそうなので、書くよりもことば数が多いんだとは思うけど、ていねいにじっくり答えてくれようとしている結果でもあるので、吾郎くんの誠実さを感じます。

吾郎くんの話すことばをそのまま載せてくれているらしいので、話している声が聞こえるようなインタビューですよね。

聞いている音楽、観た映画、読んだ本、どれもが吾郎くんらしさ全開。映画と本は仕事がらみなんだろうとは思うけど、ぱっとこのタイトルが挙がるところがすごい。また映画見なきゃ~。「心」は最近読みました。読んでよかったです。

最近連絡をとった芸能人に、唐沢寿明さんと答えていたのはうれしかったなぁ。おつきあい続いているんですね。仕事を見てくださって、感想をくれるっていうの、いいなぁってほっこりしました。

オドロキ隊でつくってもらったフィギュアの行方、吾郎くんのインタビューではまだもらっていないと話していたけど、つぎの記事では吾郎さんにプレゼントしましたとなっていました。

3Dフィギュアの写真が正面と横と後ろ姿の3パターン載っているのがすばらしい。ガイド様、さすがです!

これで、全身見放題・・・(笑)。

5人バージョンは、正面だけになったけど、つぎの収録でメンバーに見せる予定、とあって、ということは、もうできてるんだね。楽しみ~。

プリクラは厳重に保管されている、って書いてたけど、保管じゃなくて、メンバーにわたそうよ。それか、視聴者にプレゼントしてー!

天使は歌う

うたにすばらしく魅せられたスマスマ。

ビストロで、ちょっとどんよりしてたんですよ。

コントも慎吾と後輩ちゃんだし、いったい今回、どこを見ればいいわけ?とやさぐれていたところに始まったうたコーナー。

「たしかなこと」のイントロが流れるなか、ながい足を投げ出してスツールに腰掛ける吾郎くんの横顔のうつくしさに見惚れ、うたう声のやさしさ、あまさは、まさに

天使!!!

エンジェルボイスな吾郎くんに、さっきまでのマイナスな気持ちがどんどんあらいながされていって、心が浄化されていくような気がしました(笑)。

うつくしいものは、見ているひとの気持ちまできれいにしてくれる!(断言)

声はもちろん、ビジュアル的にもすっごく綺麗だった!絵のようなうつくしさに、目が釘付けでした。

「たしかなこと」、むずかしい曲だけど、SMAPにとても合っていたよね。すてきでした。何度も見てしまっています。

クリス・ハートさんのうたはすごく上手ですけど、上手ではなくても、SMAPのうたが、私は好きです。

にが甘バレンタイン

バレンタインSPだったスマスマ。

全体的には楽しかったんだけど、ただ楽しいだけじゃなくて、ちょっとなんだかなぁ~と思ってしまうところがところどころにあって・・・せっかくのバレンタインSPが、あまいだけじゃなくて、ほろにが気分でした。

女優さん3人ゲストのビストロは、さすがにはなやかで、やっぱりこういうひとがゲストにふさわしいよね。3人とも3様にきれいでかわいくて、見ているだけで楽しい。

恋の話、けっこう盛り上がってたのですが、ごろちゃんはちょっと、『求められる』稲垣吾郎キャラすぎかなーってかんじがした。吾郎くんが思ってる『求められる』キャラと、私が求めてる吾郎くんはちがう。

そんなに、キャラつけなくても、ふだん通りの吾郎くんでじゅうぶんおもしろいから!と、言いたい。普通のトークが聞きたいわー。中居くんの振りも、キャラを誘導してると思う。おなじ流ればっかり、飽きたわ。

吾郎くんは、別れた彼女と友だちになれる、完全に縁が切れることはあまりない、っていうのは前から言ってるよね。中居くんがそれに同意したのには驚いたけど。意外な共通点。

別れるときは、振られたことしかない、っていうのは・・・ほんとなのかなぁ?(笑)まあでも、吾郎くんの性格上、振った話はもしあったとしてもぜったい言わないだろうから、振られた話しか表には出ないだろうとは思う。

キスシーンの話は、そんなの、いつの話よ・・・と、やさぐれモードに。吾郎くんのキスシーン、もう何年も見てませんけどー!たまには見せてー、恋愛ものー!

プレゼントは、吾郎くんはすてきなものをもらったんだけど、なんか最後、オチをつけるような流れが嫌だった。必要ないと思う、あれ。おもしろくないから!!(怒)

ああいうことするから、スマスマ腹立つ。

うたは、バレンタインSPメドレー。真っ白な衣装のSMAPに、あかいハートが映えてました。

白い衣装を着ると、綺麗だなぁとほれぼれしてしまう。

ただ、メドレーの1曲1曲がみじかいよー。もっと長めにうたってほしかった。

選曲がなかなか良かっただけに、それが残念だったな。つぎに期待します。

良い無駄づかい

元日の番組だった「YOUコントしちゃいなよ!」が、先日こちらでも放送になりました。

時差ありまくりだけど、放送されただけうれしい。関西で見られない番組、いったいいくつあるのか・・・ふう。

慎吾とジャニーズの後輩たちのコント番組に、なぜか吾郎くんがひっそり参加しているという。

通して見ましたけど、案外ふつうにおもしろいという驚き。ちゃんとコントとして、笑えるものになっていてすごい。正直いって、今のスマスマよりも、ずっとコントのレベル高い!

ちょっとー慎吾!コントしちゃいなよとか、ひとに勧めてる場合じゃないでしょー!!じぶんらがちゃんとしろやー!!!

って、思った(笑)。まあ、スマスマは、慎吾のせいじゃないんだけどさ。

あと、吾郎くんのつかい方が贅沢で、それはすんごいおかしかった。そこかよー!っていう、おもしろさ。

吾郎くんという存在だから出てくるおもしろさ(ナレーションとかね)なので、これはこれで好き。これは、良い無駄づかい(笑)。

ちらっと出てくるだけでなんか異様に存在感あるし、笑える。なぜ・・・(笑)。

ナレーションは、ドキュメンタリタッチで、真面目ーにやってるのが、すばらしくおもしろい。わかってるわー。

後輩くんたちは、アイドルの役割をひろげまくったSMAPのせいで求められるものが多すぎて大変だと思いますが、このコントはすごくうまくて感心しました。フリートークはまあまあかな(笑)。SMAPの域に達するのは高度すぎるもんねぇ。

コント的には、SMAPでも、こういうふうに笑わせてもらいたいなーって思わされた番組でした。

冷静さの裏側

オリスタ(2014 No.6-1724)購入。

中居くん表紙号に、吾郎くんの「福家」撮影レポが2ページ。

オンとオフのギャップを見せてくれているこのレポート、右ページに石松モードな吾郎くん、左ページに素の吾郎くんが配置されていまして、役にはいったときの顔のちがいがはっきりとわかる。

写真もおおきくてすてきだし、オンとオフがひとめでわかるこのギャップがすばらしい。

おなじ服で、おなじひとなんだけど、別人だもん。すごいよね。

きりっとシャープな石松警部も、おだやかに笑う吾郎くんも、どちらも大人の男性のかっこよさが感じられて良いです。

ドラマ内では、笑顔を見せない吾郎くんですが、撮影は楽しそうにされているのね。あと、足ぶらぶらさせてたり、顔ぷくしたり、吾郎くんのマイペースさもうかがえて、ほほえましかったです。

石松の上司とのシーンが出てくるようで、”一瞬だけ浮かべる屈辱の色に注目”ってなってて、うわー!これは期待するしかないな!!

6話のシーンらしいので、待つ楽しみができました。

福家警部補の挨拶 #4

「福家警部補の挨拶」第4話。

今までとはちょっと福家と犯人との距離感がちがっていて、そこが目新しかったです。

福家の個人的なことを聞きたがる、福家と友だちになりたがる犯人。

友だちでしょ、見逃して!と迫る犯人に、私は一刑事、あなたは一犯人です、と告げる福家を見て、これが福家らしさだな、と感じました。あまり、福家がどういう人物か描かれていないと思うんですが、こういう人物像がわかるところがもっとでてくればおもしろくなりそう。

今回の石松警部は、迷う福家の背中をおす、頼れる上司様でした。

ふたりだけのときは、ほかの部下もいるときと、ちょっと態度がちがうように感じるのよね。

ちゃんと認めてるんだよねー、捜査能力はねー。

夜遅くまで残業して、食事会に間に合うように、部下の出したたまってた書類を見てあげるとは・・・やっぱいい上司だよねー。

組織からはみだしがちな福家をうとみながらも、聞くべきときは聞いて受け入れるところが、ひとをつかえる上司の器ってかんじがします。

驚きたいと担ぎたい

見ていて思わず、うわー!きゃー!!と叫んでしまったスマスマ。

「驚き隊」のコーナーでは、3Dプリンタが紹介され、待ってましたー!ってかんじだったんですが、予想よりもずっとすごかったし、予想よりもっと、群れ群れSMAPだった。

データをスキャンされたにもかかわらず、事前に吾郎くんがやっていたと知った木村くん、なんで言わないんだよ~、って・・・え?俺にはなんでも話せってことですかい?(笑)

フィギュアができあがっていくまでの過程が紹介されていたけど、吾郎くんがこの場合のモデルにぴったりだよなーと思った。いろんな意味で。

出来上がったフィギュアごろちゃんへのメンバーの食いつきも、ハンパではなかった。

この体勢は吾郎だー!って、重心にまでこまかくチェックがはいっていて、思わずそこ?!って笑ってしまった。いつも見てるもんねー。よーく知ってるもんねー。あれ?自慢されたのかな?(笑)

フィギュアを見倒したあげく、目線の高さに持ち上げて、まじまじと見つめあっている慎吾とか、ええー?キスする気ー?って、思った(笑)。もちろん、しなかったけど!

ああいう画みると、「南くんの恋人」が思い出されるわけですが、ちっちゃいごろちゃんと慎吾のドラマとかあったら、激烈かわいいだろうなー、としばし想像してなごみました。

てゆーか、あのフィギュアはほんとうに本人が引き取るのかな?視聴者とかにプレゼントしてくれたらいいのにね。

でも、あれ衣装がシェフ姿なのがいまいち。髪の毛が見えないのも、足が見えないのも、ダメダメ!

私がもし頼むとしたら、どんな衣装の吾郎くんにするかなぁって、すっごい悩んだ。

とりあえず、髪の毛はくるくるふわふわは譲れないでしょー。ってことは、「象」のときの「男」の衣装か?でもあれも、足が見えないから・・・「VIF」のときの貴族コートとか?うーん・・・迷うわぁ、って実現しないことを悩んでも仕方ないんだけどさ(笑)。いつかもっと廉価でフィギュア化されるようになった暁には、そういうごろちゃんが欲しいです。

話は戻って、「どうせなら、5人でやりたいなー」という吾郎くんのあっまいおねだり声にやられたのか、いちばん抵抗しそうな中居くんが全員バージョンをすすめてくれて、肩をくんだりや腕をまわして5人がつながったデータが採取されました。

みんながぎゅっと固まってるフィギュア、完成して全員がもらったら。めっちゃかわいいグループになってしまう!どうするー?!

続きを読む

最小限でつたえる

Como(2014.3)購入。

LOVE LOVE FILEというコーナーで、吾郎くんのインタビューが2ページ。

写真がちょっとほかにないかんじで、おもしろい。カーディガンに黒のパンツでカジュアルな感じなんだけど、全身写真のスタイルのよさ!壁から顔ののぞかせているふうのカットは、手がすごくきれい。

インタビューは、吾郎くんの芝居にたいする思いが、端的に語られています。

これだけシンプルに、きちんとじぶんの思いをつたえられる吾郎くんに感心してしまいます。

お芝居の形とおなじ、最小限の表現で、最大限につたえる能力があると感じます。

役者としてだけでなく、バラエティでも、求められるポジションを演じていると、普通のことのように話しています。それによって、おもしろく思われたいとか、いちばん手柄を立てたいとか、まったく思わないっていうのがもう、この上なく吾郎くんらしい。

どういう場でも、そこにふさわしく”居る”吾郎くん。

私は、吾郎くんは素材に徹しているからこそ、つかう側の能力が如実にあらわれると思っています。

必要なことは、やれと言われればなんでもやるひとだけど、作品が求めてないことはしないから。脚本や監督が、どこまでのことを彼に要求するかが問われる。

うまくつかってくれる作品に、出会ってほしいと切に願っています。

続きを読む

プロフィール

moegi

Author:moegi
1994年の終わりごろ、好きだと自覚しました。以来、ひっそり、まったり、ファンを続けています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR