FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

武器はテレビ。

「武器はテレビ。 SMAP×FNS27時間テレビ」

SMAPをはじめとした作り手のみなさま、それを見守っていた私たち視聴者、みんなにお疲れさま!

こんなに長時間リアルタイムで見守った27時間テレビは初めてでしたが(それでもまだ見終わらず)、生で見ていると、たしかに今、番組に参加しているなぁと感じられるモノがありました。

番組内容には、ものすっごくいろいろ思うところがありますが、それよりも、SMAP大好き!!という気持ちを、たくさんたくさん、味あわせてもらいました。どのメンバーについても、こういうとこが好きー!って思うぶぶんがあったんじゃないかなぁ。もちろん、コンビ的に見逃せないところもあるし、思ったよりもずっと、見どころいっぱいでした。

吾郎くんについては、体力的にはもともとそんなに心配していなかったんだけど、いつ見ても美人、いつ見ても笑顔でやさしく紳士的で、予想を上回るすばらしさでした。

もう、ずーっと、ほれなおしまくりだもん。

時間を経るにつれ、体力・精神力を含めた自己コントロール能力の高さが際立っていって、とても印象に残りました。

自然体のようでいて、じつはその場で求められる最適な”稲垣吾郎”でいる。

最後のライブのときの笑顔・・・いくら体力があっても、ぜったいに苦しいはずなのに、涼やかにアイドルの顔をしてみせる吾郎くん。あんな笑顔ができるつよさ、やさしさ。

中居くんをはじめ、メンバーみんな苦しそうで、悲壮感があったライブの時間だったけど(マジに中居くん死なないで!ってかんじだったもんな)、吾郎くんの笑顔でやわらいだぶぶんって、かなりあるんじゃないのかなぁって思う。

どんな状況下にあっても、変わらないフラットさ、品の良いたたずまい、気のきいたコメント、そして、さりげなくしめされるやさしさ。

ライブ中だけにかぎらず、27時間テレビを通してずっと、吾郎くんがSMAPというグループのなかでやってきた役割ってこういうことなんだなぁと、目に見える形で示されたように思います。

インタビュー記事の、ありとあらゆる場で、「吾郎くんがやさしい」と言われているのは、こういうことなんだなぁ、って腑に落ちました。存在そのものがやさしいもん!たしかに、『ズルいくらいやさしい』!!納得だよ。

バラエティモードでは、ちゃんとバラエティ対応もできてたし、トークではトーク力発揮してたし、もうこんなにいいところをいっぱい見せてもらってありがとうとしか言いようがないですよ。

MCだったご当地SMAPのコーナーが、予想以上にお気に入りです。MCかわいーいー!!それを見て「吾郎、さわやか・・・」ってつぶやく木村さんもかわいい(笑)。あと、ナカゴロちゃん満載なのもおいしい。

この夏、この27時間を経たSMAPが、またチームとして、より強固な絆を結べたところを目撃できて、感動的でした。

でもこれも、通過点。

この先のSMAPは、どんな風景を見せてくれるのかな?楽しみでしかありません!

スポンサーサイト

どこをとってもカワイイ

怒涛の27時間テレビ関連番組消化中。雑誌も出まくるし、始まるまえから疲れたよ、はぁ。

関西では、深夜の事前番組はやっていないので、めざましと番宣で出ている番組くらいなんだけど、案外どれもハズレなしですね。

ぜんぜん期待していなかったスマスマとおじゃマップでも、もれなくものすっごいカワイイ吾郎くんが見られて、めちゃくちゃ得した気分。

だだっこごろちゃんも、ご当地グルメ満喫ごろちゃんも、激烈かわいいー!イルカと戯れる吾郎くんも、子どもとお話している吾郎くんも、ダブルダッチから出られない吾郎くんも、鳥刺し芸に目が点な吾郎くんも、とにかくかわいいー。

『いい男』『紳士』と男性に言われているのも、うれしかったです。なんか、男性ウケよくないですか?吾郎さん。

見る前には、舞台中に何か所も出張させやがってという怒りモードだったんですが、ちゃんと現地で楽しみを見つけて過ごせていたようなので、さすが吾郎くんだなぁと感じました。

あのかわいさ全開っぷりは、鬼かわいいミュージカルモードの影響もあったのであろうか。どこをとってもかわいかった!

でもって、この地方ロケの模様がそれぞれの現地ローカルテレビで続々と放送されていっているようなのですが、関西テレビはやる様子がない!(怒)

せっかく地元がごろちゃんなのにー!カンテーレ、やれよー!!!

このご当地SMAPのコーナーは、私的には休憩時間の予定だったのですが、この紹介VTR見たらやっぱちょっと思い入れができたし、しかも司会を木村くんと吾郎くんがやるそうなので、これはちゃんとチェックしないといけなさそうだねー。

さっきMステにSMAP出てたけど、彼らももう消耗してませんか?だいじょうぶ?

日曜日の最後のライブ、睡眠不足かつ野外はマジで死んじゃうんじゃない?ライブは見たいけど、命は削って欲しくないです。

私は今から、HDDちゃんの容量を空ける作業に入ります。これを機に、新品のレコーダ買うつもりだったのに、目当ての品がまさかの品切れだったので、今頃からダビングしまくりですわ。まだ10時間しか空いてない・・・あと17時間・・・がんばります・・・。

恋する宴

吾郎くんがトークゲストだった「UTAGE」を見ました。旅先で(笑)。

こっちではやってない番組なのに、吾郎くんが出る回のOA日に見られる場所にいるなんて、これはもう見るしかないでしょ!!と思い、次の日朝4時出発の予定だというのに見たんだけど、これは見て大正解。

中居くんと吾郎くんの絡みに身もだえ。なんだよあのかわいいコンビはー!

吾郎くんとふたりだと、デレまくりの中居くん。ごろちゃん独占がそんなにうれしいのか?!

おたがいに、いちいちスキンシップしてるし、会話がいちゃいちゃしていて、見ていてこっちもでれでれしてました(笑)。

そして、吾郎くんセンターの「恋するフォーチュンクッキー」のめちゃくちゃかわいいこと・・・・!

かわいいかわいい言いまくりだし。だれよりもかわいい!すんごいかわいい!!見ていて、じぶんがすんごい笑顔になるのがわかったもん。

今も、脳内レコーダ再生(笑)すると、かわいく歌い踊るごろちゃんが出てくる。

そりゃ~、あんなにかわいかったら、「稲垣さんしか見てない」ですよ、中居くんとおなじだよ!みんな。

吾郎くんは、「中居くんに見られてたから恥ずかしかったのかな?」って。視線を感じながらうたっていたのか?

あー、さいしょからさいごまで、ナカゴロちゃんでいっぱいだった番組でした。ほんとに、見られてよかった!

見たことのない姿で

『SMAPになにかが起こる?』と言われていた今日、27時間テレビのCMとポスターが発表されました。

全員スキンヘッド!というのがサプライズだったわけですが・・・あれを「めざましテレビ」で見た今朝の私がさいしょに思ったのは、

エロい!!!

という感想でした。

吾郎くん、めちゃくちゃエロくない?色気がダダ漏れてるけど、なんで??

あまりにもきれいで、魂すいこまれそう~。うつくしすぎます、吾郎さま!

妖しくもうつくしいお姿に、なにか見てはいけないものを見たような気持ちに(笑)。

もうめっちゃすてきで似合いまくっているので、これだけなんてもったいない!まわりを惑わして破滅させまくる美形僧侶の役とかやってほしい!!←どんな役よ(笑)

このCMとポスターのクオリティに、27時間テレビへのフジテレビの意気込みは感じました。

”見たことのないSMAP”が番組コンセプトだから、見たことのないスキンヘッドのビジュアルをまずイメージとして出してきたってことだよね。

本気で”見たことのない姿”を見せてくれるつもりなんだったら、すごく見たい番組になるかもしれません。

この件で、けっこう気分が盛り上がったので、27時間テレビへのめんどくさモードから、楽しみモードへちょっとシフトしました。単純(笑)。

息が止まる

新曲「Top Of The World」初披露だったスマスマ。

ものすごくカッコよくって、息が止まった。

王者の風格を感じた。

やっぱりあのひとたちは、あの世界での先頭にいるし、誰も歩いたことのない道を切り拓いている。

圧倒的、問答無用な魅力に、またもや心をわしづかみにされております。

何回見ても飽きないわー。

フォーメーションが変わって、だれがセンターになってももれなくカッコよくって、やっぱりSMAP最強!!と思う。

こういう、拳を突き上げる系のハード系吾郎くんってめずらしいので、ほんとにときめきます。研ぎすまされたうつくしさ!!

なんかもう一瞬たりとも目が離せない。隙なくかっこよくって、くらくらしてます。

あの歌詞が似合うSMAPが、さすがとしか言いようがない。全体的に、今このときだからこその空気感だって思う。

こういうパフォーマンスが、SMAPの真骨頂だなと思いました。

光秀と修一と岩月

「信長のシェフ」、ざっくりと見ました。

吾郎くん目当てで見るには、ちょっと厳しい出演時間かなぁ(笑)。インパクトはすごくあるけど、数分って。

そんで、光秀っていっつもひとりでべつにいるのは何故なの。信長の重臣じゃないの?あのひと。ストーリー的にいいの?あれで。

かなりの無理やり感に、前のは深夜枠だからよかったんじゃないのかい、と思いつつ、やっぱり光秀さまは相変わらずうるわしくていらっしゃいました。

甲冑着てても、お着物着てても、すっきりとうつくしいお姿。目元がきわだって印象的だなって感じる。

あと、話し方がすごい好き。あの声のトーン、ことばの発し方に、光秀というひとを表していると思う。

次にいつ出るのかわかんないけど、また光秀と信長のシーンが見たいなー。

ところで、今週は関東では、「信長のシェフ」「流れ星」「TAKE FIVE」が同日同時間帯に再放送されていたそうで、はからずも吾郎くん出演ドラマ祭だったとか。

『チャンネル変えても変えても吾郎ちゃんが出てる!』っていう状態だったみたいで、すっごいうらやましーい!そんな贅沢、私も体験してみたい。

光秀さまと修一さんと岩月さんかぁ・・・ぜんぜんちがうキャラだから、見比べたら吾郎くんの幅広さが実感できるだろうね。

修一さんの嫌われっぷりの半端なさよ(笑)。あれだけ嫌われるのって、やっぱりそれだけ芝居がうまいってことなんだよなぁって、毎回思う。

それにしても、役名で嫌いはともかく、吾郎ちゃん嫌いっていうのはちょっとヘコむけどなー。

世の中には、役と本人を混同してるひとがいっぱいいるんだなぁ。

あと、敵役と悪役っていうのはちがうと思うけど、それもごっちゃにしてるひと多いよね。

まぁなんでもいいけど、テレビにいっぱい出ることで、吾郎くんの役者ぶりがちょっとでもお茶の間につたわればいいなと思いました。

お誕生日おめでとう

草なぎ剛さま

40歳のお誕生日、おめでとうございます。

剛が、40!なぜだろう、この衝撃(笑)。やっぱ、永遠の5歳児だからか?

剛は、最近40代で結婚!と言ってみたり、愛し方がわからないと言ってみたり、じぶんの人生に対して、いろいろ思うことがおありのようで。

あの剛がこんなこと言うようになるとは・・・ひとってわかんないもんだねぇ。

それが今の剛のリアルなら、どんどん突き進んで行ってほしいし、いろいろやってみて、納得のできる生き方をすればいいと思います。

お仕事だけじゃなく、プライベートでも充実するといいですね。

しあわせをお祈りしています。

愛に迷ったら、いつでもごろちゃんに相談すればいいと思うよー!

すてきな一年をお過ごしください。

期待できない

「めちゃめちゃイケてるッ!SP」に、中居くん吾郎くん剛の3人がご出演。

27時間テレビの宣伝でしたが、これ見て暗澹たる気持ちになりました。

ああ・・・やっぱり、フジテレビに期待してはいけないんだと。

なんで大好きなひとが出ている番組を見て、こんなにブルーにならないといけないわけ?ほんっとーに腹立つし、あれがおもしろいと思っているなら、そのセンスが信じられない。

吾郎くんのおもしろさは、あんなヒドいことしなくても、引き出せるっちゅーねん!もっと頭つかえよ!!

きっと、27時間テレビも、こういうかんじなんだろうなぁ。

まともに向き合っては、持たないね。

なるべく5人メインで番組してほしいけど、どうでもいい素人参加企画や、いらんゲストてんこもりってかんじかと思うと、暗い気持ちに・・・。

どんな時間でもいいから、メンバーのみの時間をつくってほしい!うたとかフリートークとかー!!

2人ずつの全組み合わせのフリートークとかあれば、それだけで神番組になるのにぃ!!お金だってかかんないし、簡単にできんじゃん。やれよー!!!

Dr.検事モロハシ2~新たなる生命~

「Dr.検事モロハシ2~新たなる生命~」を見ました。

おもしろかったです!

いろんな要素をぎゅっと詰め込んでいて、次どうなるの?!ってどきどきし、最後に真相をあばいたときの痛快さ、すっごく上質なエンタテイメント!と思いました。

エンタメ色がつよかったから、重すぎずに楽しく見られてよかったと思います。これ、正面から描いたら、おっもーいトーンになりがちなテーマなので・・・。ラスト、赤ちゃんをとりあげたときのやさしい瞳、診療所をひきつぐ彼を見守る微笑みに、将来に対する希望を感じさせてくれました。

吾郎くんの諸橋の役もそういうドラマにあわせていて、まっすぐで、熱くて、いかにもヒーローってかんじで、まぶしかったなぁ。じぶんを信じるデキる男っぷり、すてきでした。

検事のスーツ姿はスタイリッシュだし、医師の手術衣にはエロさがあふれまくっているし、潜入時のコスプレはあるわ、入浴シーンはあるわ(笑)、見どころ満載でございました。

検事と医師のシルエットのタイトルバックは、めちゃくちゃカッコよくって、すんごいお気に入りです。

吹石さん、松方さんとのチーム感も良かった。あの空気感、なごむわ~。

このチームや前作のキャストに再会できたことがすごくうれしかったし、いつかまた出会えたらいいなと思います。

お疲れさまでした

本日、「恋と音楽Ⅱ」東京公演千秋楽。無事に、盛況に、終了したようですね。

今日でひとまずお別れなんだなぁ、さみしいなぁと思いながら、パルコに気持ちを馳せていました。

なんか終盤になってから、ソファでのシーンのアドリブがはげしくなっていったようで(笑)、レポを読ませていただいては笑っていました。吾郎くんって、アドリブあんまりしないひとなので、めずらしいよね。ばんばんアドリブしちゃうくらい、この舞台を楽しんでるんだね。

遊びが入る余地がある作品っていうのもおおきいのかな?遊んだって、世界観こわれないもんね。

きっと最後に大阪のスケジュール発表があるんだと勝手に思っていたんだけど、まだ『シークレット』だそうで・・・はやく発表してほしいわー。

パンフレットの鈴木さんと吾郎くんの対談を読んで、過去の鈴木作品の舞台パンフレットを読み返していたのですが、どんどん進化しているのがすごいなぁと単純に感心します。てゆーか、吾郎くんもどんどんきれいにかわいくなっていっている・・・このひとコワい(笑)。

舞台いろいろ見たいのに、鈴木さんとばっかりしなくてもいいよ・・・と、思っていた時期も正直あったのですが、今となっては楽しみでしかないもん。すごく吾郎くんを理解して、吾郎くんにしかできないけど、吾郎くんではない役、吾郎くんの魅力を引き出してくれる作家さんだという信頼があります。

ウディ・アレンの映画のレビューで言ってたけど、ほんとにああいうかんじ。大人向けのおしゃれなラブコメディって、日本ではあんまりない気がするので、貴重ですよね。

とか言いながら、「ヴィーナス・イン・ファー」の本(英語戯曲)をついに買ったので、今そっちにもひたっているのですが。英語で読んでもちゃんとわかりました(笑)。

刺激のある作品も、しあわせにあふれる作品も、どちらも吾郎くんらしいと思えるこの幅広さ!舞台って、なんて贅沢なんだー。

秋の大阪での「恋音」も楽しみだし、そのつぎはなにかな?と考えるのも楽しみです。

ひとまず、東京公演お疲れさまでした。ブラボー!恋音カンパニーのみなさま!!

プロフィール

moegi

Author:moegi
1994年の終わりごろ、好きだと自覚しました。以来、ひっそり、まったり、ファンを続けています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。