FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よいお年を

2014年も、あとすこし。

今年を振り返ってみると、SMAPのグループでの活動がおおきい一年だったように思います。

27時間テレビは、はじまる前はなんで今こんなことやるの?ってすごく思ったけど、終わってみれば、ここでやるべき”挑戦”だったのかも、と思わされました。

SMAPとテレビのライブ感、だれでも知っていると思っていたSMAPの、見たことのない顔が見られた。あらたな切り口での魅力が、SMAPってやっぱりすごい、いいなぁ、好きだなって思わせてくれた。

SMAPはあたらしい世界を切り拓いていくのが似合う。

音楽活動もそうで、たくさんCDリリースあったけど、いろんなタイプの曲で楽しませてもらいました。数を出してくれると、バリエーションがゆたかになっていいよね。遊べるし、挑戦もできるし。

「Top Of The World」「Amazing Discovery」は、ほんとに良かった。大好き。あたらしいジャンルだけど、ちゃんとSMAPっぽいの。さすがだよねー。

吾郎くん個人としては、「恋と音楽Ⅱ」に心から酔わせていただきました。今も、あの音楽たちが、私の心に響いています。

ドラマは、「福家」と「モロハシ」だけかな?石松警部も、諸橋先生もとてもすてきだったけど、もうすこし、役者の仕事が見たかったなぁ。ボリューム的に。

来年は、濃い役者業を期待しています。映画!映画をぜひ!!

あんなにもうつくしく、芝居もできる吾郎くんを放っておくとは、映画業界はいったいなにしているの?!と本気で言いたい。映画でしかできないような、テレビで放送できないような作品に出て欲しいな。

もちろん、吾郎くんがあるとおっしゃった、舞台仕事も楽しみです。こっちは間違いないもんね!

来年も吾郎くんや、SMAPにたくさん楽しませてもらえることを祈りつつ・・・よいお年を!

スポンサーサイト

駆け抜ける世界

「ミュージックステーションスーパーライブ2014」を見ました。

スーパーライブはやっぱりすごいね。ちゃんとした音楽番組ってかんじ。今回は、出演者が華やかで、見ごたえありました。

SMAPは、4時間のうちの中盤に「JOY!!」「Dear Woman」「Top Of The World」の3曲を披露。

Joyのごろちゃんの笑顔のかわいさ!きゃー。きらきらとにこにこを振りまいていて、もうめちゃめちゃ愛らしかった。吾郎くんの笑顔見ると、ほんとにしあわせな気分になるの。癒される~。

まっかなコートが、遅れてきたクリスマス?これがお似合いなのが、さすがなSMAPさんたち。吾郎くんのコートは、袖口にフリル?がついていて、斬新・・・と思いました。

Top~のはじまりで、コートを脱ぐのですが、なんかおもしろい脱ぎ方している吾郎くんに目が釘付け(笑)。なんでストールはさいしょじゃなくて、さいごに取るのか?謎。

コートの下の衣装は、なんかすっごいきらきらスパンコール衣装で、え・・・演歌歌手?!と思わず突っ込んでしまいました(笑)。私的には、ちょっとオモシロ衣装に感じられましたが、パフォーマンスは文句なくカッコよかった。やっぱこの曲すごい。今の、極めているSMAPにぴったり。

歌詞のことば選びも好き。それでサビがOHだけって、攻めてるわーって思う。7拍子の曲はもちろん、これは今のSMAPだからこそ、うたえる曲だと思う。会場がSMAP色に染まって盛り上がっているのも、さすがです。

吾郎くんは、この曲のときは、なんか色気をまきちらしていて。くらっときました。曲によって、まとう雰囲気ががらっと変わる。うつくしく艶めいていて、心を撃ちぬかれました。

しかし、この曲、すごくすごくカッコよくてしびれまくりだったのに、カメラワークがいまいちすぎて!!そこじゃねーよ!の連続。振りをちゃんとうつして!っていうのと、引きすぎ!寄りすぎ!見たいとこが入ってない!と、もやもやしまくり。

ほかのアーティストさんでも、ちょっとカット割り過ぎじゃないの?って感じたので、SMAPだけじゃないんだけど。カメラがいっぱいあるからといって、ぜんぶつかえばいいってもんじゃないんだと言いたい。ああいう画面ばっかりだと、見ていて疲れる。

とまあ不満はありつつも、音楽番組としては、いちばん見るところいっぱいのMステ様。

SMAPじゃないところも、楽しんで見せていただきました。Mr.ChildrenとB'zとX JAPANそろい踏み!SMAPより年うえのアーティストさんたちが、カッコよく活躍しているのを見ると、まだまだ行ける!って思う。

音楽活動はSMAPのベースなので、いろんな曲に挑戦して、これからも、見たことのない世界を体現していってくれるといいなぁと思います。

続きを読む

カレーの王子様

吾郎くんゲストの「火曜サプライズ」をじっくりと見ました。

さんスマできっとイラっとくることを見越してのお口直し用にとっといたのですが、もうこれがめっちゃくちゃイイ!かわいいー!!

ただカレーをつくるだけで、こんなにかわいくておもしろいごろちゃん。奇跡!!

王子様がカレーをつくったよ!カレーははじめてじゃないけど、西葛西ははじめてだよ!!

ウエンツ瑛士さんとDAIGOさんとの絡みも良かったなぁ。リアクションが吾郎くんらしくて、独特のおもしろさがある。なに言っても、なにしても成立するから、キャラ勝ちだよねー(笑)。

しっかし、ふつうの街を歩いたり、ふつうのスーパーにいらっしゃると、かなり存在が浮き上がってますね(笑)。あのスタイルといい、ビジュアルといい、ぜんっぜんちがうなぁってかんじ。

吾郎くんは、黒のハイネックセーターのうえに、黒に白いラインのはいったコート姿。眼鏡をかけたカジュアルな装いで、ちょっと素っぽくて、すっごいときめきました。とくにセーター姿良かった!かっこいいしかわいいしすてき。とにかく似合うの!

すごいわーっと盛り上げるわけじゃないんだけど、ずーっとじわじわおもしろかった。福引のくだりとか、当てても外してもおいしいごろちゃん最強だよなー(笑)。そのふところにしまったティッシュでいいから、視聴者プレゼントにしてくれませんかね?

あと、ナンをつくるくだりも良かったねー。失敗するごろちゃん、かわいい~~!これもし成功したら、おおーってなるから、どっちに転んでも通用するごろちゃんのキャラの幅広さよ!

DAIGOさんにノってあげるのも良かったなー。あんまむげにしないのが、ごろちゃんってかんじ。

とにかく、カレーの材料を買ってカレーをつくるというだけで、これだけ楽しませてもらえるということがわかったわけで、しょーもない企画しかしないバラエティ番組には、これを見て吾郎くんの使い方を今いちど考え直してほしいですね。

つぎにこの番組に出るときは、吾郎くんご希望の、”ふなっしーと台湾”で!それこそ、おもしろい予感しかしない!!

カテゴライズできない関係

「さんま&SMAP美女と野獣のクリスマス」をさらっと見ました。

どうしようもなく下世話なつくりの番組を、毎年クリスマスにやる必要ありますかね?さいしょのころは、クリスマスにちゃんとちなんでいたんだけどなー。”クリスマスに女の子にして欲しいファッション”とか、“クリスマスソングメドレー”とかさぁ。

今年のテーマは(も?)、黒い噂。黒くもなんともない話だったり、ファンなら知ってる話だったり、つまんないよー。

吾郎くんの話題は、「ヒロくん」ネタだったんですが、これ、噂じゃなくて、本人がしゃべってることばっかりじゃんね?

そのひとと、『付き合ってる?』って言いたいだけみたいでしたが、そりゃー本人が言うとおり、付き合ってるでしょ。付き合いにもいろいろあるけど、めっちゃ仲良しで、濃い付き合いだよ(笑)。

まさかの、ご本人がVTR出演で登場。びっくり。吾郎くんとの関係について、お話なさってくれていたのですが、あんなふうに大親友とはっきりお話してくれるなんて、ちょっとしみじみ。相思相愛だね~。すこしの時間でしたが、ヒロくんが、吾郎くんとおなじ匂い、雰囲気のひとだということがわかりました。

おたがいに大切な存在で、友だち以上の、家族のような関係を築いている。精神的には恋人。

たしかに、なかなかない関係だと思うし、カテゴライズできないかもしれないけど、そこには愛があるんだな、って思った。

どんなに番組が変な勘繰りをしても、まわりになにを言われようとも、相手のことをたいせつにし、尊重した受け答えができる吾郎くんが、ほんとうにすてきなひとだと思いました。

たいせつなぶぶんでは、ぜったいにじぶんを曲げない吾郎くん。

お友だちのことはもちろん、同性を好きになること自体をまったく否定しない。吾郎くんのフラットさがすばらしいと、また惚れなおしてしまいました。

私は、オネェという呼称自体好きじゃなくて、そのひとたちは普通じゃないんだから何を言ってもいい、してもいい、嗤ってもいいみたいな扱いがありえないと思っているので、吾郎くんがああいう態度をとってくれることがすごくうれしい。

いつも、そうだよね。男だから、女だから、というんじゃなくて、ひととひととして相対しているから。そのひとの性別や属性にとらわれるんじゃなく、そのひと自身の魅力があれば、そこを見てくれるひとだから。

ヒロくんとのお付き合いが15年ということは、今の紳士的なすてき吾郎くんの要素のいくらかは、ヒロくんのおかげもあるんだろうなー。いつもお世話になって、ありがとうございます。すごくいい出会いが吾郎くんにあったことを、うれしく思います。

吾郎くんの、交友関係の豊かさが、吾郎くんの個性や魅力をより深めていってくれているんだろうなと思うので、時間があるときは、楽しいプライベートを過ごしてほしいです。

大人になってから、しかも有名人になってからでも、大親友ができる吾郎くんがすてきだなって思いました。

番組は・・・だったけど、吾郎くんの良さを見られたのは収穫でした。そんで、やっぱバラエティスキルあがってるよねーって実感(笑)。「許して、ヒーロロ」が好きだったわ~。


クリスマスはどこ?

いちおう、クリスマスSPだったらしいスマスマ。

・・・どこが?!関根さん親子からの、プレゼントがあったから?

たいしておもしろくなかったけどなー。ビストロゲストがメンバーへひとりひとりプレゼントわたししていく企画って、だれかでオチつけるようになってるパターンばっかりじゃない?好きじゃないわー。

ものすごく真剣な顔で、ごろちゃんの顔にパックをセットする木村くんは、ちょっとおもしろかったけど(笑)。なんなんあの空気?木村くんの手つきがやさしいのと、目つきが鋭いののギャップがすごいんですけど。

ふたり、顔近付けてじーっとしてるから・・・なんか・・・(笑)。テレビガイドに載っていた、キムゴロさんはなにやってるの?って謎だった写真は、このシーンだったのね。

オドロキ隊でも、並んで立っているとついくっついちゃうキムゴロちゃん。通常営業、と思いました。

秦基博さんとのコラボはすてきでしたが、何故今これ?クリスマス・・・??

さいごは、ごろちんの全力「妖怪ウォッチ」体操。ついつい見入ってはしまいますが、クリスマス・・・???

スマスマの言う『クリスマス』っていったい・・・。。

世界にひとつだけの花たち

「行列のできる法律相談所」に吾郎くんと剛がゲスト出演。

「さんま&SMAP」の番宣だったんですが、例年どおり、番宣>本編を確信するような内容で、ここに出てくれてありがとう!って思った。

ごろちゃんも剛も、かわいさ炸裂。ロハスな魅力全開。すばらしかった~。

吾郎くんと剛の私生活をかいま見られて、貴重な内容であった。吾郎くんの、お花好きも、街をジョギングするのも、知ってはいたけど、実際の映像見たことなかったもん。ちらっとでも見せてくれるなんて・・・感動っ。

吾郎くんの自宅にかざっているお花のすてきなこと!やっぱり、白の花が多い。相変わらず、好きなんだね、白い花。胡蝶蘭の飾ってある玄関のひろさよ・・・。ふつう、10本とか置けないもん。たくさん置いても空間に圧迫感なしっていうのが、さすがだ。

そしてこの花の写真が、吾郎くんの撮影で、まえからラジオで話していた『いつも撮っている花の写真』を見ることができた!うれしい~~。たしかに写真だけでも癒されるな、これは。アレンジも綺麗だねー。

花市場へのロケへは、ご友人の花屋の社長さんが同行。年うえのお友だち来たー!このひとって、”三人いるヒロくん”のひとりなのかな?吾郎くんの話し方がくだけていて、ほんとに仲良しなんだなーって感じました。

花市場では、すごくうきうきしている吾郎くんの空気がつたわってきて、見ていてにこにこしちゃう。あんなにお花喜んでくれたら、花屋さんも、お花農家の方もうれしいだろうなと思うわ。

花で癒される、話しかけたりする、ってお話していたけど、吾郎くんがかわいがってくれるから、お花もしあわせだよね。お花とごろちゃんは、相思相愛!

ジョギングのほうは、ジョギングスタイルに驚愕。足ほそ・・・っ!!!何回見ても、目をうたがうあの細さ。そして、たしかにちょっと怪しい(笑)。麻木さんはカッコイイってすごく言ってくれててうれしかったけど、夜あのぴかぴか光る靴が光って近づいてきたら、ちょっとコワいと思う(笑)。

いつも1万円は持って走っていてるという吾郎くん。5キロ走ろうと思ったら、片道で5キロ行っちゃったりするんで、疲れて帰りはタクシー乗っちゃったりする、というなかなか言えないコメントをおっしゃっていました。ごろちゃんらしいわ~(笑)。

ロケVTRのあと、スタジオで本田翼さんにお花キャンペーンしまくる吾郎くん。今日は、そういうキャラですか?と思いつつ見ていたら、花を推しまくる吾郎くんの横で剛がぼそっと、「わかんないの?」と言い放ったのに、すっごい笑いました。つよぽん!最高だよー!!

剛のプライベートは、カフェめぐりとギター収集。ビンテージギターにハマっているそうで、ほんとにそういうの好きだよね~。

スタジオで、160万円のギターをわたされ、いきなり、オリジナルソングを弾き語り始める剛に、まわりじゅうが困惑するなか、笑顔で見守りながら手拍子するごろちゃんに、ロハス・・・!!と癒されました。なにこれ?とたすけを求められて、「吉永小百合さんにつくった曲」と教えてあげるだけで、まったく止めに入らないごろちゃん。空気がやさしい!!

しかし、剛はギター屋さんでも、即興ソングをうたいはじめてたし、ギター持ったらいつもあんなかんじなのかしら。楽屋大変そうだなぁ(笑)。

とにかく、吾郎くんも剛も、趣味を楽しそうにしているところが見られて、とっても良かった。『ひとりでもしあわせ』ってなってたけど、ひとりだろうがふたりだろうが、彼らがしあわせだったら、私もしあわせです。

大衆酒場初体験

吉田類さんゲストのゴロデラを見ました。

「酒場放浪記」という番組を10年やっている吉田さんにあわせて、飲み屋屋台セットでのトーク。割烹着姿の外山さんが、やけにお似合い。吉田さんの番組が大好きというだけあって、とても饒舌だったのが印象的でした。外山さん、なんかかわいらしくて良かったわー。

”オヤジの月9”であるらしい「酒場放浪記」。外山さんも、番組見ながらいっしょにお酒飲んでるとか。ひとりでもひとりじゃない、って(笑)。

スタジオ屋台でもぐいぐい飲みながら話していたけど、実際に”酒場放浪記”ロケしてみましょう!ということで、街に繰り出す吾郎くんたち。大衆酒場は、初体験なごろちゃん、ひとりでお店に放りこまれて、どうしていいかわからず逃げかえってくる(笑)。

あらためて、吉田さんとともに席につくんだけど、ごろちゃんの違和感半端ない!(笑)なんかちがう人種がまぎれこんでいる!さすが王子!!

お酒飲んでいても、おつまみ食べていても、大衆酒場感にまったく染まらない吾郎くん。なんか上品なんだなー、やっぱり。酔っ払いな吉田さんに、きょとんとしてるのが、すっごいかわいい・・・。

でも、居合わせたお客さんがみんな放っておいてくれるかんじがいいなと思った。一般客サラリーマンと相席していたんだけど、おつまみをわけてもらう王子(笑)。庶民の様子、おわかりになりましたでしょうか?

べろべろな酔っ払いになるまで飲み続けた吉田さん。酒場放浪記でもこんなの見たことない、って外山さん言ってたけど、ゲストの立場で楽しんでくださったのかな?

吾郎くんは、吉田さんに「ごろーちゃん」呼ばわりされていましたが、やっぱり年うえの男性ウケいいんだなー、あのひと。

俳句で締めるラストになるはずが、酔っ払いのぐだぐだになってるかんじも、それはそれで良かった。ちゃんとしなきゃいけないかんじじゃないのが、この緩さが許されるところが、深夜の良さだよね。

今年最後の放送だったので、吾郎くん的には、サラリーマンの忘年会を疑似体験ってかんじだったのでしょうか。

また来年も、楽しませて欲しい番組です。ゴロデラは、どんどんロケに行こうぜ!ロケの回、大好きー。

あなたしかいない

楽しさとかわいさに満ちていたスマスマ。

ビストロは2本立て。

1本めのゲストは、尾野真千子さん、堤真一さん。映画の宣伝なんだけど、糸子と大将(朝ドラ(笑))来たー!ってかんじ。

長期で家を空けるような仕事ないよねー、っていうSMAPさん。昔やった舞台「ANOTHER」のときに、京都に1ヶ月いた、っていう話から、中居くんと吾郎くんと森くんの3人でずっと仲良く過ごした思い出が語られました。

吾郎くんが、「森くん」って上の方を指さしてて、死んだの?空から見守ってる設定?と言われてたのに笑いました。

この3人が『すっげー仲良かった』ってなんかわかるわぁ。中居くんは気をつかうひといないし、ごろちゃんものびのびできただろうし、森くんは・・・きっと、ふたりが楽しそうだったらいっしょに楽しんでくれたんじゃないのかなー。なんとなく。

このビストロでは、「ひとりゴロー」というあらたなフレーズが誕生し、大変活躍なさっていました(笑)。堤さんまで、「いいわー、ひとりゴロー」って言ってた(笑)。

2本目のビストロは、ドラマ「ファーストクラス」から、ご出演の女優さん5人がご来店。

これも案外楽しかったなぁ。木村佳乃さんと気心知れてるかんじがいいのかな?

ともさかりえさんを見ると、「ヴァージニア・ウルフなんかこわくない?」のことを必ず思い出す。あれもまた見たい舞台なんだよねー。1回しか見てなくて、しかも最後列だったからさぁ・・・1回でも見られただけ良かったんだけどさー。吾郎くんがともさかさんにかけることばのかんじが、知ってるひと感あるなぁって思いながら見ていました。

吾郎くんのチームが勝利して、女優さん3人からキスをしてもらってる顔がかわいい!きゃー!!と思ってたら、直後に夏木マリさんな慎吾が来て、うおー!!!ってちがうテンションになる(笑)。

顔と肩をがしっとつかんで逃げられないようにしてまで、ごろちゃんの頬にキスする慎吾・・・なんで?(笑)その結果、口紅のキスマークというか、かじられた痕?が残ったんだけど、くっきりしてて、すっげーでかい!思わず、木村くんのリアクションを確認してしまうワタクシでありました(笑)。

うたコーナーは西野カナさんゲスト。クリスマスなセットで「Darling」をうたったのですが、西野さんのまわりをくるくる踊ってるSMAPが、ものすっごーーいかわいくって、ずっとかわいいかわいい連発していました。ちゃんとこのかわいさが曲と雰囲気合ってるの。何回見てもかわいい。笑顔が好き。

ここでうたわれているDarlingは、ファンとSMAPっていうふうにもとれるよなーって思いながら見ていました。靴下をかたづけるほどちかい距離にはいられないけど、星の数ほどいるひとのなかで『あなたしかいない』って思うかんじね。私たちのDarlingだよね。

そんで、ここでも慎吾とごろちゃんの絡みがー!慎吾に急いでってかんじでお尻をぱんぱん叩かれて、お返しに?コートをはらってあげる吾郎くん。

なんかよくわからんけど、かわいかった・・・慎吾のお尻ぱんぱんをコートの雪を落としてくれたと解釈する吾郎くんがとても吾郎くんらしい。今回なんかシンゴローが熱かったわー。今来てるのか?!このコンビ。

ラストはみんな並んで記念写真。こてん、と小首をかしげる笑顔のごろちゃん・・・最後までやっぱり、かわいいー!と叫んだのでありました。

心に残ったもの

anan(2014.12.17 No.1934)、オリスタ(2014 No.48-1766)を購入。

ananはエンタメ特集。グラビアは、ふるい映画をモチーフにしたグラビア。SMAPでは、「レザボア・ドックス」、吾郎くんソロでは「アニー・ホール」。

眼鏡ごろちゃん、かわいくはあるけど、きゃーっていうかんじの写真ではなかったですねー。もっとちがう映画がよかったなぁ。あるじゃんねー、吾郎くん!ってかんじの作品。

インタビューは良かった。創作活動について、気軽にやりたいとは言えない、っていう吾郎くんの姿勢はよくわかる。やるならちゃんとやりたいっていう気持ちだから、エッセイを連載していたときも、なかなか本にならなかったんだろうなぁって思ってた。だからこそ、”ちゃんと”したものを、納得できる形でやってくれたら、と思わずにはいられませんが・・・。

こっそり、でもいいから、写真でも、映画でもチャレンジしてもらって、楽しさを感じて、それが表にも出すきっかけになっていって欲しいなー。

吾郎くんのページは、シネマナビ!年間スペシャルもあり。こちらは、フォーマルなスタイル。高い椅子に腰掛けた姿の、スタイル良いこと。似合っていて、とてもすてき。こっちのほうが、写真は好き。

シネマナビ紹介作品の年間ベスト3を発表しているのですが、ちゃんとじぶんの感性で選んでいるなぁって感じます。吾郎くんの好みで語られているという、信頼感がある。じぶんのことばで、じぶんの見方で、作品の良さをつたえられる吾郎くんがすばらしいなぁっていつも思っています。

ネタばれしてなくて、ちゃんと見たくなるし、見た後に読むと、またなるほど~って思える。さらっとこれができるって、ほんとうにすごい才能。吾郎くんの感性に毎週触れられる、とても贅沢なコーナーだと思う。

シネマナビの作品は、近くの劇場ではやっていないことが多いのでなかなか見られませんが、ベスト3の作品だけでも、まだ見ることができそうなら、劇場で見てみたいです。

シネマナビの通常コーナーもあり、今回は「毛皮のヴィーナス」をピックアップ。吾郎くんが昨年演じた、舞台「ヴィーナス・イン・ファー」の映画版です。

じぶんがやった舞台を映像で見るのって、不思議な感覚って吾郎くん言ってたけど、私が見てもそうだろうと思うな。ちがいについて語っていましたけど、そういう見方になるよね。とりあえず、日本舞台版が、ビジュアル的にはいちばんうつくしいことは間違いない(笑)。ちょっとこの映画の予告見て、えー・・・って思ったもん。

内容的にはほぼ同じという、この作品、ぜひ吾郎くんに全編解説して欲しい。どういうふうにつくりあげていったのかがすごく興味がある。最後にまた演じたくなった、って言っていまして、ぜひ!という気持ちでいっぱいです。映画化でも可!!

続きを読む

ある意味スペシャル

吾郎くんの誕生日当日にOAされたスマスマ。

まぁ・・・ある意味では、稲垣吾郎成分が凝縮された回だったのではないでしょうか。

ビストロでは、じぶんを捨てて、場を盛り上げ。

キラキラネームコーナーでは、鋭い指摘を、正面からではなく、問いかけ。

うたコーナーでは、あまい歌声で酔わせ、脅威の記憶力で、森山さんとのすばらしい出会いを披露し。

今のスマスマが吾郎くんを頼りにし、重要な柱としている、って感じられた回ではあったかなーって思います。

でも本音では、もうちょっと、複雑じゃなく、盛り上がりたかったかな。がんばりすぎてるとこ見るの、ちょっと辛いわ。。

30歳の誕生日のときも、吾郎くん、誕生日当日OAだったんですが、あのときは、『バースデーSMAP』っていうコーナーがあって。ああいうのが見たかったよー。当時、木村くんのメッセージとプレゼントにのけぞったっけ・・・(笑)。

それにしても、スマスマは、ビストロをもうちょっとコンパクトにまとめるべきでは?最近、時間が長すぎると思う。ビストロは全体の3分の1くらいでいいでしょ。

もうすこし、5人だけのコーナーとか、メンバーだけでトークする時間をつくってほしいなぁ。

せっかくライブビデオも出るのに、告知が一瞬っていうのも不親切じゃない?ゲストの番宣はすっごいするくせにー。

アルバム曲をスマスマで激しく見たいので、もう一曲くらいなんとかなんないのかなぁ。スマスマの音楽スタッフ、すごく良いから、スマスマでやってほしいの!アルバムが無理なら、「Amazing Discovery」でもいい!

スマスマには、いつでもSMAPがいるんだから!有効活用しないと、もったいないぞー!!

お誕生日おめでとう

稲垣吾郎さま

41歳のお誕生日おめでとう。

うつくしくて、うるわしくて、紳士で、かわいくて、やさしくて、空気読めて、メンバーの通訳も堪能な中間管理職の王子様。

努力は見せないポリシー、あたえられた役割に徹するプロフェッショナルな姿勢、さりげなくまわりを気づかう配慮、ゆるぎない美意識をもった仕事ぶり。

いつもまわりを笑顔にしている、やわらかな空気にしてくれる、愛することも愛されることもじょうずな、みんなの唯一のひと。

そんな吾郎くんが大好きです。

年を重ねて、どんどんきらきら魅力を増してくる吾郎くんを、ずっと、ずーっと好きになり続けています。

27時間テレビで、吾郎くんの魅力に気づいてくれるひとがけっこういたようで、うれしく思っています。

『吾郎ちゃんがいるから、SMAPはSMAPでいられる』

森くんからのことば、心に染みました。わかってくれているひとは、ちゃんといるんだよね。

吾郎くんは知れば知るほど好きになるしかない!みんなゴローワールドの住人になっちゃえー!!

もうこの一年、どんだけかわいいーー!!と叫んだか(笑)。なにをしててもかわいい。ごろちゃんのかわいさは無限!

とにかく、吾郎くん本人にはまったく不満はないので、このまま、じぶんが好きと思えるじぶんでいてください。

たくさんのしあわせな瞬間、笑顔になれる時間がありますように。

そして、すばらしい仕事やひととの出会いがあることを、お祈りしています。

すてきな一年になりますように。

らしさ炸裂

SMAP表紙のテレビ誌を全買い。

インタビューは合同だったのでしょうか、どれもおなじかんじでしたが、グラビアはみんないろいろで、写真見ているだけでも楽しい。冬は衣装にバリエーションがあっていい。定番のクリスマス色がライフ、冬色の白がジョン、もふもふコートのぴあ、帽子とステッキでマジシャン風のガイドというラインナップ。

ガイドさんは、チャッピーを用意してくれていて、とってもマニアック(笑)。スマスマ新聞の吾郎くんバースデーコーナーでも、チャッピーをもった写真がつかわれておりました。

ちなみに、吾郎くんはチャッピーのことを「知りません!」ときっぱり忘れていたそうで(ガイドさん公式twitterより)、でもライブでファンが持っていたことは覚えていたそうで、ちょっと意味がよくわかりません(笑)。さいごにプレゼントしますと言われて「いらないよっ!」と言ったということまで、なにもかもが吾郎くんとしか言いようがなくて、もうもう大好きです!

あと、スマ新での吾郎くんからのメッセージも、大変に吾郎くんらしさが炸裂していて、すばらしいです。僕の誕生日だからといって、ケーキ食べ過ぎないようにと言ったあとに、僕はチーズケーキが好き、とか!自由だわー。好きー。

メンバーからのプレゼント案は、なんかわりとリアルなかんじでしたが。中居くんが「本厄だけど、稲垣さんのまわりには助けてくれるひとがいっぱいるからね」ってメッセージくれてたのが、なんか良かった。まわりのひと・・・っていうか、中居くんも、そのつもりなんだよね!!ありがとう~。あと、木村くんはデキャンタとゴルフボールで悩むってなんなの。これ、マジな話なの?(笑)最近ゴルフの話聞かないねー。木村くん、がんばってー。

ファンからのメッセージには、これでもかというくらい”王子様”ということばがちりばめられていて、うんうんとうなづきながら読みました。年々、王子様感が増す、脅威のうつくしさをおもちですからね。

インタビューの吾郎くんは、ライブで剛にギターのストラップを借りた話と、イヤモニを新調した話から、ライブビデオでそのへんもチェックしてねと続けるあたり、またしても優秀な宣伝担当っぷりを発揮されていました。もちろんチェックしますよー!

しかし、244というネーム入りのストラップをどや!と差し出されたとき、剛とごろちゃんのあいだに、どんな空気が流れたのか、激しく知りたい(笑)。そして、それを使っていることにたいして、ほかのメンバーはどう思っているのか、それも知りたい。

そういや、ジョンでギターがんばってるね、って剛にやさしいメッセージを送ってたなぁ。木村くん的には、おなじ楽屋の吾郎にうるさい被害が・・・と言われていたけど(笑)。慎吾も力みすぎって注意した、って言ってたし、すっごくがんばってるんだろうなーっていうのがつたわってくる。

このジョンの”がんばった大賞”の吾郎くんのところ、木村くんがゴロデラのことを言ってくれてるのがうれしい。木村くんだけだもん、吾郎くんが本を読んでる話をしてくれるの。ちゃんと課題図書を読んでいるとは思っているけど、そうやって目にとまるほどいつでも読んでいるんだなぁって思うと、やっぱり時間的に厳しいなかで続けるのは、すごいことなんだなぁって思う。

あと、吾郎くんがじぶんの”がんばった”に体調管理には気をつけている、でもそれはがんばるというより当然、って言っていて、さすがプロフェッショナル!と思いました。じぶんがやらなきゃいけないことは、ちゃんとやれる吾郎くん。ビジュアル的なこともそうだけど、仕事面に対して、すごく信頼感があるところが、ほんとうに頼もしいです。

14年はグループの活動が充実していたので、15年は個人でもなにかガツンとくるお仕事があればいいなと思いました。

さりげないやさしさ

FNS歌謡祭をざっくりチェック。

フジテレビは、音楽の制作陣が変わったらしいのに、例年と変わりばえしない番組でした。訳わからんコラボじゃない、今年の曲がちゃんと聞けるようになったのとかは良かったのかな。でも時間が長すぎると思う。もうちょっとなんか見どころが欲しかったです。

SMAPは、トリで「Amazing Discovery」を披露。

ここにきて、この曲を推してきたのはなぜ?かわいくて好きだからうれしいんだけど、振りをもっとちゃんとわかるようにうつして欲しい!カメラワークには不満。

ふわふわのファーがとってもお似合いな吾郎くん。ロングジャケットも間違いない!やっぱり、FNS歌謡祭といえば、本来はフォーマルな番組なので、こういう衣装がいいよね。

はりきってぱきぱき踊ってるごろちゃんのかわいいこと!ふっと笑う顔がすっごいすてきだったぁ。あとイントロのところで、指を唇にあてるしぐさは、なんかエロかった。あれもっとアップで見たい。

曲中、位置移動に迷う剛の体にそっと手をそえて、誘導するところもやさしくて好きだったぁ。この曲、まえに「音楽の日」で中居くんも迷子になってたよなー(笑)。司会者泣かせっすね。

そんなに剛が司会者としてがんばっているというのに、マッチメドレーに剛を入れないというひどい仕打ちをするフジ。それを当日聞いて、テンションが鬼のように下がって、実際の画を見ても、これじゃない!感でいっぱいでした。もうあれは私のなかで、なかったことになっています。4人の画なんかいらんのじゃー!!

ただ、マッチメドレーまえの提供バックの映像でも、後輩くんたちがうつるようにさっと身をかがめていた、やさしい吾郎くんのところは記憶に残します。とても気づかいがしぜんで、吾郎くんらしくて大好きだった。やさしい先輩!

ちなみにこのときは、『後輩のため』というのと、『提供の文字にかぶるのを避けた』というふたつの見方が出ていて、どっちにしても吾郎くんってかんじがするのが、おもしろいなぁって感じました。見るひとの感性が問われている(笑)。

せっかくのお祭りなんだから、なるべく見ているひとみんながしあわせになれるような番組づくりをお願いしたいです。

大切なひとと来る場所

ごろちゃんのかわいさ炸裂だったスマスマ。

大変楽しみにしていたSMAP in USJ。期待を裏切らない、というか、想像を超えたものがそこにはありました。

とうとうスマスマでも「Amazing Discovery」をやってくれて、やっぱりこの曲かわいいわぁとご満悦だったのですが、歌バックでUSJ映像が流れてきて。えー歌とは別にしてよー、しかもこれだけぇ?なに話してるの?短すぎるよーと不満に思っていたのですが。

ハリポタのジャーニーがすべてを吹っ飛ばしてくれました(笑)。

このライドは4人がけらしく、中居草なぎ香取と木村稲垣の二手にわかれて乗車されまして。

木村くんと乗った吾郎くんのリアクションがもうもうもうもう・・・っ!

きゃぁーーーー!!かわいい!かわいい!かわい~い!!うぉー!!リア充来たー!!!!

叫びまくり、笑い転げた私。

雑誌で、「僕でも乗れたよ。楽しかったよー」とか言ってたのに、現実はそれかー!(笑)

ごろちゃん、さすがだよ、ほかにいないよ!こんなひと。

ほぼ、「わー、木村くん、こわいよー」しか言ってないのに、ものすごくジャーニーに乗りたくなる不思議(笑)。すばらしい宣伝部長っぷり!

乗り終わったあとに、木村くんの胸に飛び込み、すがりつくように手を握る吾郎くん。

「こいつ、収録忘れて俺の手握ってきやがってー」と暴露?する木村くん。めっちゃ笑顔がかわいい!まんざらでもない空気がありありと漂ってる(笑)。

ごろちゃんは彼女かっ?!てゆーか、吾郎くんの可愛気すごい。ああいうリアクションできたら、彼氏はすっごいうれしいし楽しいと思うわ。木村くんの顔を見よ!

ひさしぶりにキムゴロ炸裂してたけど、やっぱコイツら、バカップルよな(笑)。想像もできないことを次々と・・・(笑)。

手をつなぐところの、流れるようなナチュラルさよ!ごろちゃん両手で握ってるし、木村くんはそのまま手つないでるし、さっきの状態を、今再現せなあかんのかーい!いつまで手つないでるのかな?よく見えないけどぉ。

そして、吾郎くんの「木村くんがいてくれてよかったよ」に対する木村くんの返事が、「大切なひとと来るべきだね」。

俺らみたいに、ってことー?!

別チームの3人と合流したあと、慎吾に「ごろちゃん、もう一回行こう!」と腕をとられて、「もういいもういい」と焦ってるかんじも激烈かわいかった・・・!もう一回乗ってあげて欲しかったなー。吾郎くんと乗ったら、楽しいだろうなーって思うわ。吾郎くんのリアクションがひとつのアトラクションだもん(笑)。

そういう意味では、ぎゃーぎゃー言える余裕があるくらいの怖さだったのかなぁという気はする。まえのスパイダーマンのときは、怖さに息をのんで凍ってるかんじだったもん。降りたあともへろへろしてたのに比べれば、今回はすぐ笑顔になれるくらいの怖さだったのかな?

なんというか、アトラクションに乗るだけであれだけのおもしろさとかわいさを繰り出せる吾郎くんのスペックの高さに感動!あの写真うつりすら、ライド怖がりキャラとして完璧じゃない?すごいんですけど。

さすが『世界最高ライド』だけのことはある!すばらしく最高なシーンをありがとう!!

ライドだけじゃなく、ほかのシーンもしぜんな笑顔がいっぱいで、メンバーどうしのわちゃわちゃもかわいかったので、未公開でもっとたくさん見せてほしいです。

プロフィール

moegi

Author:moegi
1994年の終わりごろ、好きだと自覚しました。以来、ひっそり、まったり、ファンを続けています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。