FC2ブログ

作品へかける情熱

鉄拳さんがゲストの「ゴロウ・デラックス」。

鉄拳さんが、パラパラ漫画アーティストとなるまでの人生と、代表作「振り子」が紹介されました。

以前、鉄拳さんがすごく話題になったときに、おなじような内容の番組見たなぁと思いだしつつも、ちばてつやさんのメッセージを取れるこの番組はすごい!これは鉄拳さん、ほんとうにうれしかったと思う。ちばさん、この番組に出てくださったことあるもんね、つながっていてよかったね~。

鉄拳さんの人生を見ていて思うのは、なにが人生を変えるかわからないってこと。漫画が好きで描いていたとことが、結局今につながっている。パラパラ漫画でひとりで大量の画を描く作業は大変だけど、やっぱり好きなことだからこそがんばれるんだろうなって感じた。

そんで、ゴロデラ専属の天才アーティスト、山田親太朗くんのパラパラ漫画には感動!!

すごい!すごーい!!

山田くん、才能ももちろんあると思うけど、作品への気持ちがすごく熱いんだろうなぁ。やっぱり思いはつたわるんだよ。

あのハンコでつくったごろちゃんがくるっと回るやつ、ほんとにオープニングでつかえばいいのに。

山田くんの消しゴムはんこ作品も、本にまとめて、この番組で紹介するようなときが来たらいいなぁと思います。

スポンサーサイト



呼吸があう

バナナマンがビストロご来店だったスマスマ。

これは中居くんがやりやすいゲストだなーと思いながら見ていました。

普通にトークおもしろいし、ゲストからちゃんと話題も振ってくれるし、ゲームではオチもつけてくれるし(まあ、ケツバットはいらないと思ったけど)、だれる時間がない。すばらしい。

紅白での裏話は、聞いてくれなければわからないことだったので、知ることができて良かった。設楽さんナイス質問!

タモリさんに向かってうたったのは、剛のアドリブだったのかー(笑)。それに対して、焦らずにあわせるほかのメンバーの呼吸の合いっぷりに感動。

しぜんだったよね~、とほんとうに普通に話している吾郎くんが好きだ!

あわせる、という意識がなくても、そういうふうに動けるのかなぁ。SMAPマジすげーぜ!27年の芸歴は伊達じゃないぜ!!

今回のオーダーはタコ料理だったわけですが、ひさびさにめちゃくちゃおいしそう!あれ食べたい!っていう気持ちになりました。吾郎くん剛チームのオムライスのプレート、どっかでランチで出してほしいわ~。

めっちゃおいしそう、と画面に食いついていたら、やっぱり吾郎くん剛チームが勝利!ハイタッチするふたりがかわいい。

しかし、このごろ勝率高いね~、吾郎くん。うれしそうにしている吾郎くんを見ていると、私もうれしいです。

返しが秀逸

「音楽の時間」にSMAPがご出演。

新曲は2曲ともうたってくれるし、トークはたくさんしてくれるし、充実の30分。

「華麗なる逆襲」の吾郎くんのソロパート、この番組の撮り方がいちばん好きだったかも~。ネクタイをにぎりこんでいくときに寄っていく画がすばらしく色っぽかった。あと、さいしょの中居くんパートで、全員と絡む振りは今回はじめてちゃんと見られたような気がする。

「ユーモアしちゃうよ」も、ソロパートでのほかのメンバーの動きこみで見せてくれて、なかなかよいお仕事ぶり。

トークは、はじめてハマった音楽について。今そういう話題をSMAPに振るって、逆にめずらしいかも?

吾郎くんがハマった音楽はバービーボーイズ。なつかしい~!私も聴いてた。渋谷公会堂に行ったり~、っていうあたりはさすが東京人。お姉ちゃんが好きだった堀ちえみさんの曲をすらすらとうたいだすのにはびっくり。すごい記憶力!しかもうまい!!

SMAPのライブの話になったときに、「稲垣さんはすぐ帰る」という話を中居くんがはじめたところ、「これ(小指)が来てたから」に「やめてくれないかな!こっち(親指)だから」と返すごろちゃん(笑)。

思わぬ返しだったのか、素で笑ってるし、中居くん。かわいいわー。ものすごく、中居くん対応スキルに磨きをかけている吾郎くん。もういつでもコンビ組めるんじゃね?(笑)

こういうかんじで、全体的にジョークってわかるような、笑っちゃうような空気でいつも話してほしいなぁ。てゆーか、今回は吾郎くんの返しのおかげだけどね!やっぱごろちゃんは癒し!!

かわいくてやさしくて、みんなを笑顔にしてくれる。あーこんなひとが、身近にいるメンバーが心底うらやましいっ!

最期を迎えるときには

中村メイコさんゲストの「ゴロウ・デラックス」。

こんなおばあちゃんとしゃべるのめずらしいでしょ~、とにこやかに入っていらっしゃる中村さんと、めずらしくないと言ったら嘘になりますけど、とスマートに返す吾郎さん、なかなか良い空気。

芸能生活がながい中村さんの交友録は、私たちから見ればビッグネームばかりだけど、おなじ時代を生きた中村さんから見れば、みんな、今でも○○くん、○○ちゃん、ってかんじで、普通にお友だちなんでしょうね。

カモフラージュ要員として活躍なさっていた話とか、みんなに信頼されていたんだろうなぁって感じました。

今だから話せる「上を向いて歩こう」秘話も、興味深かったです。そうか~、あれは永さんの失恋ソングだったか(笑)。

課題図書にちなんだトークは終活について。

吾郎くんのエンディングノートを見る日が来るとは思わなかったよ。

41歳独身男性の考えるプラン・・・家族葬でシンプルなものを発表された吾郎くん。

最後くらいは、静かに、っていう願いを聞いて、ほろりと泣けました。無理だよねー、って、身も蓋もなく言う中村さんと外山さん。まあね、現実的にはむずかしいかもねー。

喪主と挨拶に指名したのが、『しのぶくん』という年したの男性のお友だち。

だれそれ?またしても、ごろちゃん交友録にニューフェース来たー!

ヒロくんは、年うえだから、見送ってもらうのは無理かな、って現実的な吾郎くん。しのぶくんは年しただし、きっと結婚しないから任せたい、みたいなご意見。

メンバーは?と聞かれると、じぶんの葬儀に来てもらうのは悪いかな、って。どういう意味?インタビューとかされちゃうから、迷惑かけるって思うわけ?

だれかを選ぶなら?とさらに聞かれると、草なぎくんかな、って。まあ、妥当なご意見でしょう。

でもまあ、メンバーでも友だちでもいいけど、家族葬を希望して、喪主が友だちっていうのは、すごいあたらしい気がします。友だちと、家族のようなつきあいなんだね。SMAPはもちろん、家族同然だしね。

いつか、最期を迎えるときがきたとして、そのときそばにいるひとが、吾郎くんのたいせつなひとであるといいなと思います。

結婚と家族

北斗ファミリーご来店だったスマスマ。

仲良し家族でほのぼの~。

中居くん、吾郎くんにはぜったい無理!!と言ってたけど、そりゃ~ごろちゃんだって、結婚して子どもができれば、仲良し家族になるでしょうよ。仲良しほのぼの稲垣家を見よ!

こういう奥さんに耐えられる?と聞いている時点で、中居くん、とっても失礼かと(笑)。結婚は相手次第だし、じぶん次第だし、組み合わせにも、状況にもよるから、十人十色でしょう。

中居くんの言う『結婚』は、いつも苦行ってかんじのイメージ。あと、奥さんが料理してくれる?とか、昔ながらの夫婦観な気がする。お母さん的役割を求めるっていうか。奥さんは家政婦でもお母さんでもなくってよ!もう、そんな嫌ならしなくていいじゃん!と思う。

こういう話のときに、木村くんに話を振れるようになる日は来るんでしょうかね?奥さんの話はともかく、家族の話だったらちょっとくらい話してもいいのに、って思うけどねー。

で、みんなで答えを揃えようゲームで繰り出されたごろちゃんの不思議な絵が、地味におもしろい。”画伯”とはまたちがった意味でのインパクトがある(笑)。

twitterでこの絵がすごい出回っていて、めっちゃおもしろかった。

うたは、「華麗なる逆襲」。

逆光にうかびあがるシルエット、すばらしく画になる~。うたのなかで、目を伏せる吾郎くんの表情が好き。あとターンが綺麗。

何回見ても、いろんな発見があって、何回でもうっとり見惚れてしまいます。

できる男とできない女

料理愛好家の平野レミさんゲストの「ゴロウ・デラックス」。

強烈キャラのレミさんと、マイペース吾郎くんの相性はいかに?!と思ったら、なんと!

レミさんが、SMAPだと吾郎くんが好きなの~、と乙女モードになる、という予想外の展開に。朗読しているのを見つめている顔はまさしくファン。めっちゃ共感したわー。

どういう文脈だろうがおかまいなしに、吾郎くんに、思いついた疑問を聞きまくるレミさん。料理している最中に服の話するとかっておもしろいわー。

実物のほうがいいですよ!とテレビ視聴者に報告までしてくださいました(笑)。知ってますー!!!でも、そう言ってくださってうれしい。ありがとうございます。

レミさんを乙女にしていた吾郎くんですが、今回めちゃくちゃ驚いたのが外山さんへの態度。

料理ができない外山さんに、口出ししようとして睨まれて引きさがったところも、目に留まりましたが、冷蔵庫のくだりでの「コイツ」呼ばわりには最高潮にびっくり。

えー!!吾郎くんと外山さん、いつの間に、そんなに親しくなったの??

衝撃・・・。外山さんに、全力で嫉妬!うらやましすぎるっ!!私も料理できない、って見下されたいっ。←ちょっと違う?(笑)

でもなんだかんだ言いつつも、外山さんを応援して、料理をしていく雰囲気を見ていて、ああーいつの間にかこのふたりもいいコンビになったんだなぁって、すごく感じました。

吾郎くんが、だれとでも合う、って本当なんだなぁ。性急に間をつめようとせずに、じんわりとしぜんに距離を縮めていくかんじが、吾郎くんらしいやり方なのかな。

吾郎くんは吾郎くんのままなんだけど、レミさんとも、外山さんとも、それぞれいいかんじになれるのがすてきだなぁって見ていて思いました。

吾郎くんは、対峙する相手のいいところを見せてくれるひとだなって、折に触れ感じます。

吾郎くんの心地よさが、ゲストだけではなく、外山さんや山田さん、スタッフや私たち視聴者にも、ちゃんと届いている。

ますますこの番組が大好きだと思いました。

誘う指先

新曲「華麗なる逆襲」が披露されたスマスマ。

Mステよりもスマスマのほうが、振りがよくわかるように撮っていて、さすがだと感じました。今ここ!という画づくりのうまさが安定している。

吾郎くんのソロパートのネクタイプレイ、指先の動きが艶っぽい。誘ってるわー。

指をまわすのが、すばらしくなまめかしくて、何回見ても息が止まります。うつくしい・・・。

吾郎くんはもちろん、だれを見てもすてきなので、えんえん見続けてしまう。剛の大サビのところで、みんながジャケットを肩にかけて勢ぞろいするところとか、ほんとにぞくぞくするくらいカッコイイ。

大人の男の色気を浴びられるすばらしい曲ですね。アレンジがまたイイよねー。大好き。

曲以外では、NASAに『SMAP』が!という話題がタイムリーでしたね。

NASAのひと、SMAPを知っててSMAPって名前付けたのかー。すごいな。

宇宙から見守ってくれる『SMAP』がいるのって、なんか夢のある話よね。現実だけどさ(笑)。

NASAといえば、反射的にシンゴロー珍道中が思い出されるわけですが、その話題もついでに出してくれれば良かったのに。でも、私はスマスマVerよりも、スマステVerが断然好きだったけど。

今度は、みんなでNASA訪問とか、そういうロケも見てみたいです。

私は私

西加奈子さん、小野正嗣さんゲストの「ゴロウ・デラックス」を見ました。

「サラバ!」を読み終わるまで、見るのを我慢していたのよ。もうね、すごい良かったー。おもしろかった!西さんのパワーに圧倒された。長いんだけど、あっという間に読めちゃう。西さんは、すこし年下だけど、まあ同時代に生きているひとの話なので、描かれている時代の空気を知っていると感じられる。

信じるものを見つける、そのむずかしさ。でも、たどりついた結末に、心が安らかになる。

ハッピーエンドに決めていました!っていう力強い西さんの発言が、そういうふうに在ろうとする意識を感じて、すてきだなぁって思いました。

読み終わってから聞く吾郎くんの朗読も、心に染みたよ・・・。

小野さんは、どこにいてもじぶんを見失わない風の自由さがいいなぁって感じました。

ああいう方が、家では奥さんにからかわれているのが、また良し(笑)。

「九年前の祈り」は、これから読む予定。楽しみ!

みんなで楽しそうにずっとお話されているのを見るが、とても楽しかった。まわりのひとを楽しませたいっていうタイプの作家さんたちなのかなぁ?

直木賞・芥川賞受賞者のおふたりですが、すごい作品のまえでは、嫉妬とかではなく感嘆しかない、ということばが印象に残りました。

私は、私でしかない。

私ができることを、するしかない。

西さんが作品のなかで描いていることにも通じる考えだと、感じました。

とても興味深いお話がいっぱいだったので、時間が短いのが残念でした。もっとたくさん見たかった~。

小野さんは、いつかほんとうに授業でこのときのお話、されるのかな。興味あるわー(笑)。

華やかで麗しい

ミュージックステーションにて、SMAPが新曲「華麗なる逆襲」を初披露。

すっごくゴージャス!息をつめて、見入ってしまった。

大人の男の色気に満ち満ちていて、”今”のSMAPの良さが前面に出ていた。

楽曲自体が攻めているうえに、あの振付の攻撃的なことといったら!衣装がスリーピースって、それだけで若い子向けじゃないもん。あれが着こなせる年齢になったということだよね。

吾郎くん、曲の世界を演じているように感じました。ミュージカルっぽい。身のこなしが綺麗で、スタイルが良いのがとてもよくわかる。あのキラキラと赤いバラの背景の激烈お似合いなこと!さすがリアル二次元。華麗な世界がぴったり。

それで、ジャケットを脱ぐところに、非常にぐっときました。一枚脱ぐだけでぜんぜん雰囲気が違っていて新鮮。でもあの脱いだり着たりするのは、生では危険な振りだよね。いつかハプニングありそう。吾郎くんは利き手が逆だし、ジャケット振りまわすのとかお札を出すのとか、コントロールが大変だろうなと想像する。

歌自体ももちろん素敵なんだけど、歌わないところもパフォーマンスがすごく色気があって好き。

最後に全員が背を向けて振りかえって、剛が笑うところなんか、映画みたいに画が決まっていて凄かった。

この世界観を表現できるグループは、稀有な存在だろう。

このところのSMAPの音楽活動は、当たりが続いていてうれしい。『勝ち逃げ』でけっこう!どんどん、勝負していって欲しい。

パーティしちゃうよ

TVガイド(2015.2.7→2.13)購入。

表紙とスマスマ本Ver.5.5で、SMAP度たっぷりなガイドさん。

鍋パーティしているSMAPの写真は、こういうのをスマスマ(映像)でやれよ!と思わずにはいられません。やっぱり、ガイドさん、すばらしく愛があるわ、うん。

ホッケがあったり、昆布ぽんずがあったり、チャッピーが紛れ込んでいたり、ファンが見れば「おっ!」て思える小道具とかを配置しているのもうれしい。きっとごろちゃんは、チャッピーには気づかなかったと思うけどねー(笑)。

セルカ棒で自撮する木村くんと吾郎くん、さすがの安定感。もっとべったりくっついてもよくってよ!

スマスマ新聞は、もうスマスマの一部であり、ファンとの架け橋っていうのは、ほんとうにそうだと思う。ファンが見たいものをわかってくれているスマ新スタッフさん、とてもありがたいです。

今回も、「ユーモアしちゃうよ」のセット解説とか、大変マニア向けな記事をつくってくださって、すごいわ。スタッフの思いまでインタビューしてくださって、彼らを支えてくれるひとたちのことを知る機会になっているのもうれしいです。

次号もSMAP祭りらしいので、すっごく楽しみです。

プロフィール

moegi

Author:moegi
1994年の終わりごろ、好きだと自覚しました。以来、ひっそり、まったり、ファンを続けています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR