FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内なる火を放つ

STAGEnavi(2015 vol.05)購入。

『役者の流儀』というコーナーに、吾郎くんのインタビューが8ページ載っています。

写真もインタビュー内容も充実していて、大変満足感があります。

このところ、写真はどれもすてきだったけど、この記事は、苦悩する"ベートーヴェン"な吾郎くんを表現してくれたところがポイント高いです。

俯いて楽譜に向かう憂い顔の絵になること!両耳に手を当てて見つめてくる瞳のうつくしさに魅いられる。これだけでもう、芸術だわ。

シャツのボタンがいつもよりすこし開いていて、色気が香ります。指の綺麗さやくろぐろとした黒目の引力がダイレクトに迫ってきて、素晴らしい。

インタビューは、ライターさんが吾郎くんのことをよく理解して書いてくださっているなあと感じました。理解があるからこそ、記事も的確だし、核心に迫るような質問ができるのだと思います。

ベートーヴェン考察のところ、ここまで吾郎くんの思いを引き出してくれて、ありがたいです。

『僕の人生のすべてを爆発させる』ことが、ベートーヴェンに入っていくこと。

きちんと思いをことばにできる吾郎くんが、いつもながらすごい。

"ひとの評価ありき"の世界にずっといて、こんなにもしぜんにじぶんを持ち続けていける、まわりにやさしくいられることに、感動しかありません。

いいと思ったら、どんどん発信していかないとね!!とおもった発言でした。

舞台にいると、生きている感じがする、と言った吾郎くん。

想像を超えた感情のマグマが噴出する稲垣さんを見たい、と言った演出の白井さん。

もうすぐ初日、どんなベートーヴェンが舞台で見られるのでしょうか?

スポンサーサイト

刹那のアート

高校生による黒板アートが紹介されたスマスマ。

SMAPをテーマに、制作に10時間以上かけた力作ぞろい。カッコよかったり、おもしろに走ってたり、個性もいろいろで、見ていて楽しかった。

吾郎くんは、顔を白目のまま残されたりして、高校生にもイジられキャラだったのがもう・・・(笑)。

中居くんも、どれ見ても、「稲垣さん」「稲垣さん」言いまくりだしなー(笑)。

吾郎くんは、二次元に最もちかい男なんで、けっこうどれも似ていたんじゃないかなー。白目はともかく(笑)。

黒目入れて、って言われて、適当に入れてたごろちゃん、黒目ちいさいと吾郎くんじゃないしー。なぜハイライトを右手で入れてたんでしょう?

黒板アートは、最後に消して完成、ってことで、メンバーみんなで消していたけど、こういう一瞬だけのアート、っていう考え方、吾郎くんは好きそうだなぁって思いました。

花は枯れるからいい、って言ってたしね。おなじだと思う。

うたコーナーは、「愛が止まるまでは」のスマスマ初披露。

さすがにスマスマのほうが、振りやフォーメーションがわかって見やすい。吾郎くんの前髪がはらりと流れるところに、きゃーきゃー言いまくり。うつくしいっ!!

ただ・・・大サビの吾郎くんソロを、吾郎くんなしカット入れるのはないわー。

大サビが引きの画から来たから、つぎ吾郎くんのアップ!って思ったところで、ほかのメンバーのソロカットって・・・。

せめてごろちゃんのアップのあとにしてよー。それはないやろ、ってめちゃヘコんだ・・・。

曲大好きだし、振りもカッコいいんたけど。

歌で大サビをまかしてもらってるんだから、画面でも吾郎くんにまかせてほしい!

ほかのメンバーの大サビでこんなの見たことないし、余計にイラっとするわ・・・。

吾郎くんのあまい歌声と極上ビジュアルを、ストレスなく堪能させてほしいです~!


鳴り響く愛のうた

「ミュージックステーション」に、二週連続でSMAPご出演。

先週は「Otherside」、今週は「愛が止まるまでは」を披露してくれました。

企画のおかげもあって、今週が断然楽しかった!

全出演シーンから、メンバーの『ターンの回数』『ウインクの回数』を調べるというランキング企画のなかに、なぜかとつぜん『吾郎ちゃんが髪を気にしている回数』という個人ネタを調べられているごろちゃん(笑)。

ほかの出演者のトークちゅうに、画面のはしっこで髪をいじっているのまでチェックされてるし(笑)。スタッフさん、大変~。結果は全回じゃなかったけど、この割合だといつもさわってる、って思われてもおかしくはないなぁ。

で、このネタ振り?に中居くんが、まあやたらめったらごろちゃんを触りまくり。髪をもふもふ、頬をさわさわと、じゃれつきまくっていて、めっちゃめちゃ羨ましかった!

ごろちゃんの髪もふもふ・・・いいなー。夢だわ~。

そんで、振りまくられた吾郎ちゃんは、最後の提供バックで髪をなおして、ばっちり仕事を完了なさったのでした。

あーかわいかった!

もちろん、歌もすごくカッコよかったです。

「愛が止まるまでは」、はじめて聞いたときから耳に残る曲。ずっと彼らのうたう『I love you』が、鳴り響いています。

川谷絵音さんの作家性とSMAPの個性の融合で、あたらしいSMAPの魅力が感じられる。吾郎くんがあまくうたう大サビのところで、それまでの曲の空気が変わって、あまさに満ちるのがすごい。

吾郎くんは、大サビ以外は、ハモりとユニゾンパートだけなんだけど、声の使い方が素晴らしい!心地よく溶け合う声。素敵です。

振り付けも、スタンドマイクをつかって、びしびしポーズを決めていて、こう来たかーってかんじ。大人なかんじ。

ただ、Mステは寄りが多すぎて、振り付けやフォーメーションがよくわからないという、いつも通りのイマイチカメラワークだったので、そのへんはスマスマに期待かな。

吾郎くんは、立ち姿がほんとに綺麗で、躍りも指先までのラインが優雅で、大人の魅力がありました。すっと、うつくしい動作がいつでもできるのを見ると、ちゃんとした姿勢が身に付いているんだなあと思います。

あと、瞳のうつくしさ。黒目がちの瞳に、吸い込まれるよう。

すっと目を閉じる、ただそれだけで、吾郎くんの世界に引き込まれてしまう。

好きな曲です。

どちらの曲も、作り手が最高のものを出してきてくれていて、それにSMAPがきちんとこたえているのが素晴らしい。

もっとどんどん、あたらしいSMAPに出会えることを、期待しています。


愛は止まらない

SMAPデビュー24周年、おめでとうございます!

本日は、新曲の発売日でもあったので、3種買いしたうえに、テレビ誌も5誌買いして、大変日本経済に貢献させていただきました(笑)。

デビューから24年たっても、こうやって第一線でアイドルを続けてくれていること。

ずっと、今、現在の彼らが、いちばんすてきだと思えること。

エンタテインメントのプロフェッショナル集団であるSMAPの、とどまるところを知らない進化と深化に、いつも魅せられているし、そうあり続けてくれる彼らに、感謝しかありません。

いつも、楽しませてくれて、ありがとう。

いつまでも、大好きでいさせてくれて、ありがとう。

「愛が止まるまでは」の、吾郎くんのうたうあまい『I love you』を聞きながら、思う。

私の愛が止まることは、きっと、ない、と。

役との共鳴

舞台「No.9」の記事が載っている雑誌をいろいろ購入。いろんなところで取り上げてくれていて、とてもありがたくうれしい。

それぞれ切り口がちがっていて、写真もインタビューも、どれもすてきで迷うことなく買っていますが、ポポロ(2015年10月号)、STORY(OCTOBER 2015)、ESSE(2015 OCT)が素晴らしく良い!ずーっと、ながめていられます。

ポポロは、タイトルからして『僕の奏でる、未来』といううつくしさ。見開きページの写真の、横顔の美麗さと、遠くを見るまなざしに、惹きこまれてしまいました。

完成された絵のようで、なにも言わなくてもいろんなものが語られている。舞台も、こういう世界観なんだろうか、とわくわくしました。

ぽつりぽつり、鳴らしていたというグランドピアノとの写真も好き。指も綺麗。

STORYは、超絶男子図鑑というコーナーへの掲載。40代女性向けファッション誌ならでは?なのでしょうか、写真が41歳の、ありのままの吾郎くんというかんじで、非常に新鮮でした。

撮影中に、近寄りすぎて下がって!と吾郎くんに言われたほど、接近して撮られた写真。

綺麗なだけじゃない、リアルな質感のなか、大人の男性の魅力にあふれ、匂いたつような色気にも満ちている。

黒目がちな瞳でじっと見つめられて、なにもかも見透かされるようなまなざしに、心が囚われる。

ものすごく、ドキドキされられる写真で、こういう写真って、初めて見る気がする。生々しいというか、まさに吾郎くんの"今"の顔が見られたようで、貴重だと思いました。

インタビューも、今更女性観とか聞かれていて、ある意味新鮮(笑)。結婚するなら穏やかなひとがいいんだってー。初めて聞いたかも(笑)。

記事も写真も、等身大な大人の飾らない吾郎くんだったのがすてきでした。大好き。

あと、twitterで、撮影で着用した白シャツの写真(着シワあり!!)がアップされていて、すばらしいサービス!と感激でした。

ESSEは、なんか丁寧な空気感で、写真も綺麗でインタビューもやさしいかんじ。

なぜか人間関係で失敗しないコツの話になり、こんな話役に立ちます?と不安そうに言ったという吾郎くん、とてつもなくカワイイです!

丁寧に誠実にことばをえらび、思いをつたえる。

吾郎くんの、『ひとを愛し、ひとに愛される』ところを、役と重ね合わせてくれて、うれしく思いました。

インタビューで、舞台への熱くつよい思いをたくさん感じて、どんどん、期待が高まっています。

間違いない

新曲初披露だったスマスマ。

私としては、曲そのものも初聞きだった「Otherside」。すっごい攻めている楽曲だな、と感じました。

パフォーマンスが文句なくカッコイイ!決めるべきところを決めてるかんじ。今のSMAPだからこそやれる曲だと思う。

聞かせる、じゃなく、魅せる曲。間違いない。

吾郎くんは、ダンスの体のラインが綺麗でうっとり。サビの静止しているところが顕著にわかるけれど、手も足もまっすぐすらりとした形を決めていて、絵としてうつくしい。

もちろん、動いているパートも、体幹がしっかりしていて、軸がぶれてなくて、ほんとに綺麗。とりわけ、裾をひるがえす動きが好きー!

カッコイイ曲でちゃんとじぶんの個性も出していて、惚れ惚れしていました。

やっぱりスマスマの音楽班のクオリティすばらしい。「愛が止まるまでは」もぜひやってほしい。
プロフィール

moegi

Author:moegi
1994年の終わりごろ、好きだと自覚しました。以来、ひっそり、まったり、ファンを続けています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。