スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冷徹と激情

ドラマ、毎回社長の出演シーンだけを見ています。けっしてドラマのファンとは言えない視聴者の私ですが、社長のパートだけに限れば、稲垣ファンとしては、演技を楽しめる作品だなあとは感じます。

今までと違うところを出していきたい、って話していたとおり、麻生さんとも、石松警部とも違う、完成されたキャラ造形。イメージ的には似たようなキャラなのに、ちゃんと別人なのがさすが。

社長は『冷徹』っていうのが、あたらしい。非情な姿が魅力的で、ぞくぞくする。

そして、そういうひとが激情を見せる、ギャップのインパクトすごい!激昂するお芝居、素晴らしかった。

今回の、主人公の手を踏む芝居も、監督に指示されて、さいしょは困惑してたみたいなのに、作品として完成された芝居を見ると、これ以上ないくらい、キャラとしてしぜんに出てきた行動に見える。

激昂したり、足を踏んだりするのなんて、素の吾郎くんでは、ぜったい見られない。お芝居でしか見られないものを、こんなにいろいろ見せてくれる。

ビジュアルは文句なくうつくして、お芝居に見ごたえがあるから、吾郎くんだけ見るぶんには楽しいけど、ドラマとしては、ほんとうにもったいない。

もうちょっと、脚本がんばってほしかった・・・。ちゃんとした脚本の作品と吾郎くんとの出逢いを、はげしく求めています!!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moegi

Author:moegi
1994年の終わりごろ、好きだと自覚しました。以来、ひっそり、まったり、ファンを続けています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。