スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

彼はベートーヴェン

葉加瀬太郎さんがビストロにご来店だったスマスマ。

音楽をほんとうに楽しく語られるのが、すてきだなあって思います。

クラシック音楽も、当時はモダンだったわけで、そんな堅苦しいもんじゃないのよね。教科書にのってる音楽家もみんな人間で、いろんな面があったんだよねー、と実感をもって思います。

SMAPを音楽家にたとえると、というお題では、吾郎くんはベートーヴェンと言われていました。舞台で演じることは知らずに選んだそうなのに、すごい!やっぱり、ベートーヴェンの魂が宿ってる今、吾郎くんからそれがにじみ出てるんでしょうか?(笑)

慎吾が、ベートーヴェン役のことをすかさず言ってくれて、すごいうれしかったなー。それで、「ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンです」って吾郎くんの声で聞けたのもお得感あったわー。

それにしても、ラヴェルとかリスト知らないっていうリアクションにいちばん驚いたわ。有名どころだと思うけど、そんなもんなん?

吾郎くんはご存知なようで、全体的に話に参加されてましたけど。もともとクラシックも聞くひとだし、今はさらに詳しくなっているだろうし。

クイズのところで、メトロノームと答えた吾郎くん。

メルツェルー!!ルートヴィヒがあなたの発明品を、思い出してくださったわよ!

舞台モードなごろちゃんと、音楽家さんのゲストで、どうしても舞台に思いを馳せてしまいました。楽しかったです。

うたのハロウィン仮装も宝塚の男役ってことで、舞台っぽいな、と。すごくうつくしく、とてもお似合い。

宝塚の男役って、現実にはいない男性像だから、こんなにハマる吾郎くんはやっぱりリアル二次元だなー。

このうたのコーナーは、東京公演の休演日に収録したらしいのですが、SMAPとあの舞台を同時期にやれる吾郎くんの恐ろしさよ・・・。

吾郎くんの切り替えは完璧なんだけど、見るほうとしては、どうしても舞台と切り替えられないのでした。

は~、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン様、罪な男・・・。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moegi

Author:moegi
1994年の終わりごろ、好きだと自覚しました。以来、ひっそり、まったり、ファンを続けています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。