スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただ受け止めればいい

吾郎くんが噂の”ヒロくん”のお宅に居候した「中居正広のISORO」。

予想がまったくつかなかったのですが、見てみると、大人の男性ふたりの優雅な休日、ってかんじの内容でした。

百聞は一見に如かず。

どんなに下世話な詮索をされようと、画面にうつるふたりの様子を見れば、『家族みたい』だという関係なのが、しぜんとつたわってきました。ながれる空気がやさしくて、おたがい心を許している、仲の良さがよくわかる映像でした。

ヒロくんって、会社社長とはうかがっていたのですが、想像以上に紳士でハイソな方で、なんかいろいろ納得しました。やっぱりなにかとおおきいというか、余裕のある方で、吾郎くんが素直に甘えられる相手なんだろうなーと思いました。

けっこう悪ノリ好きなんだな、と苦笑しつつも(ゲイっぽくとられる言動をわざとしてたよね?)、だからこそ番組に出てくれたんでしょうね~。いっしょにおもしろがってくれたってかんじなのかな。

吾郎くんは、完全に素ではないでしょうが、でもテレビで見せられるなかでは相当素にちかいかんじなんじゃないかな?とお見受けしました。表情とかしゃべり方が、やっぱり友だちとの関係での、ナチュラルなモードで、すごく良かった。どこ見てもかわいい~。

過去の写真とか見ると、ほんとにナチュラルな表情でめちゃくちゃかわいくって、身もだえしたわ~。あれが見られたのは予想外でうれしかった!無防備な笑顔で、ほんとうに楽しそうで、いい時間を過ごせてたんだなぁってよくわかる。あんな顔見せてくれたら、相手もうれしいと思うよー。

番組は、このふたりの関係を、”普通じゃない”扱いで終始進行しておりましたけど・・・べつにさぁ、いい関係だと認めてとまでは言わないけど、中居くんにとって『ない』関係だとしても、それをありえないと信じられないと否定するんじゃなくて、世の中にはそういう関係性もあるんだなーと、ただ受け止めてほしかったなぁって思う。

いつも中居くんは、”男ふたりなんて気持ち悪い”的な反応ですが、中居くんにそれをしろって言ってるわけじゃないんだから。じぶんに置き換えて嫌がる必要はないと思うの。

それが番組を面白くするから、そういう反応なんだ、って意見も見たけど、男が男と仲良くするのを気持ち悪がることの、いったいなにが面白いの?不思議でしょうがないんですけど。

「男ふたりでイチゴがり、ありえね~」に対して、「スイカだったらいいの?」っていう吾郎くんの切り返しはすばらしかったね!なにがありでなにがなしなんて、だれが決めたんだって話だよ。ひとがどう楽しもうと、本人の自由だよ。

中居くんは、世の中にたいして、影響力があるから、余計に否定的な発言はやめてほしい。結婚問題にしろ、ジェンダー関係にしろ、中居くん自身がどう思おうと自由だけど、番組がそういう言動で面白くなる、っていう感性はもう古いと思う。

まあねー、この番組自体が、なんでそんなことが気になるの?どうでもいいじゃん、ってことから始まってるんだけどね。本人たちも、「なにが面白いんだろうね?」って真顔で言ってたけどね。

いろんな価値観があって、いろんな関係があって、いろんな生き方がある。

じぶんにないものでも、それぞれ認め合えれば、もうすこし、生きやすい世の中になるんじゃないかな?

私は吾郎くんのこの関係は、けっこう希望に感じましたね~。こういう友情ってフィクションのなかにしかないのかと思ってたけど、現実に手にするひとがいるんだ、っていう。

友だちと生きる、しあわせのひとつの究極の形だよね。結婚しなくても家族みたいな絆をもてる。おたがい、実の家族も仲良しっていう、家族ぐるみでのおつきあいだそうですし、仲良しの輪が親兄弟にまでひろがっているところがすごい。

求めても手に入る関係じゃない、ある意味奇跡のような出会いが、吾郎くんにあったんだね。

ヒロくんとの関係が、いまの、すてきな吾郎くんが形づくられた、ひとつの要因になっているはずだから・・・心からありがとう、って言いたいです。

これからも、吾郎くんをよろしくお願いします。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moegi

Author:moegi
1994年の終わりごろ、好きだと自覚しました。以来、ひっそり、まったり、ファンを続けています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。