スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分を信じた男

「世にも奇妙な物語 25周年スペシャル」の「自分を信じた男」に吾郎くんご出演。

影のうすい男が、おなじ境遇の男と出会い意気投合し、生きた証を残すために銀行強盗をしようとするお話。

影の薄い男を演じている吾郎くんがかわいくてかわいくってもう!まわりに存在を認められないひと、っていうのをちゃんとしぜんに表現できて、魅せてくれてるのが、ほんとうにすばらしい。吾郎くんはいつもそうだけれど、そういうひとで”在る”ことを、いちばんたいせつにして演じているというふうに感じる。

だから、だまって立っているだけでも、ちゃんと薄井さんなんだよねー。スゴイと思うの。

くるくる変わる表情がどれもこれもキュートでかわいくって、でも大げさじゃなくて、すごくいい匙加減だったわー。セリフの言い方もなんかかわいいんだよね~。

手塚とおるさんとのふたり芝居っぽかったんだけど、ふたりのやりとりも息ぴったりで良かった!ずーっとお芝居だけを見ていられると思うくらい、おもしろかった。

ある意味、運命的な出会いをしたふたりのラブストーリーだよね~。って、「笑の大学」のときも、そんなふうに言われてたよね(笑)。でもあのふたり、おたがいにしか認識しあえないなら、世界にふたりきりに限りなくちかい状態と言えるのではないのでしょうか?

ラスト、姿が見えないけど脱獄しないのは「銀行強盗はした」から、ちゃんと姿が見えるひとと、おなじ罪を償ってるのかなぁって思ったり。さいしょのほうで、お店でも、ちゃんとお金を置いて出て行っている、って言ってたし。

突っ込みどころはあれど、楽しかったー。吾郎くんと手塚さんのキャスティングの勝利って気がします。

くすっと笑えて、ほろりと感動的、でもやっぱりコメディ。おもしろかった!予想外にかわいくって、お芝居も満喫できたし、大満足です。

もっともっと、吾郎くんのお芝居が見たいなぁ、っていう気持ちがおおきくなりました。吾郎くんのお芝居が大好きです!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moegi

Author:moegi
1994年の終わりごろ、好きだと自覚しました。以来、ひっそり、まったり、ファンを続けています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。