スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作品の体温

上橋菜穂子さんがゲストだった「ゴロウ・デラックス」。

まさか!上橋さんがゴロデラに来てくださるとは!!とても驚いたし、すごくうれしかった。

上橋さんの本は、児童文学にカテゴライズされているけれど、だれが読んでも心に響く、とても読み応えのある作品だと思います。

ファンタジーといえばそうなんだけど、その世界で生きている、”人間”を描いているから。普遍性のあるお話なんだよね~。大好き。

本屋大賞に選ばれたばかりだったので、上橋さんにおおきな花束をわたす吾郎くん。花束が大変お似合い。こんなにしっくりくるひと、やっぱりなかなかいないよねー。上橋さんが吾郎くんをまえにして、けっこう”乙女”モードだったのが意外でした。ごろちゃんを前にすると、みんな心の中の乙女が活性化するんですかね?気持ちはすっごくわかるが(笑)。

上橋さんが文化人類学者だということは知っていたのですが、人となりはあまり存じあげなかったので、見ていてへぇ~の連続でした。片桐はいりさんが同級生とか!しかもそんな近しい関係って、その学校すごい。

作家になりたいけど、書くことがないから、経験のために社会へ出る、っていう発想がすごい。そのなかでちゃんと、題材に出会っているのもすごい。すごいすごい連発だけど、それであの作品がうみだせるっていうのがまたすごい。

作品にこめる思いをお話してくださったところ、とても印象的でした。あと、食事のシーンに力を入れている意味とかも。読者が”おなじ釜の飯を食った仲間”になれる、ってとてもいいですね。

お話のなかで、上橋さんの作品の体温みたいなのが感じられて良かったです。「鹿の王」読んだら、また見直そうっと。

いつか、上橋作品が映像化されるとしたら、吾郎くんにそこにいて欲しい。

心から、その未来がくることを、願っています。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

moegi

Author:moegi
1994年の終わりごろ、好きだと自覚しました。以来、ひっそり、まったり、ファンを続けています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。